Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

映画館が寒い理由とは?温度は変えてもらえる?

映画館が寒い理由 未分類

映画館ってとても涼しいですよね。

これからの季節、暑くなるにつれて映画館はとても心地よいですよね。

ただこれは暑がりの私だからそう感じれますが…

 

逆に寒く感じる方もいるのではないでしょうか。

寒いとお腹が冷えて痛くなったり、トイレが近くなったりすると思います。

ブランケットの貸し出しがあるぐらいなので、映画館側もお客さんが寒く感じる方がいるのはきっと想定していますよね。

 

ではなぜ映画館は冷房が強めに設定されているのでしょうか。

 

映画館の設定温度が低い理由

ずばり、「熱中症対策」です!

夏場などでは特に、映画館の密室空間で熱がこもって熱中症を発症しやすいそうです。

暑さの中熱を逃がすのは団扇で仰いだとしても限界がありますし、他の方の迷惑にもなります。

ですが寒いのはブランケットや上着を使えば体温調整はしやすいですよね。

 

このような理由により、夏場では特に温度が低めに設定されています。

 

映画館の基本設定温度や調整について

おおよそ24~25℃に設定されているそうです。

真夏で外の気温が40℃近くある場合15℃近く温度差があるので、これでは寒く感じてしまう方もいますよね。

 

ですがスタッフが上映前に温度チェックしているそうです。

それも踏まえて温度の調整をしているので、極端に寒かったり暑かったりはしないのです。

 

温度設定を変えてもらえるのか

ある程度の要望は聞いてもらえるみたいです。

1人だけの要望では難しいでしょうが、同じ要望を持った方が他に何人かいれば、温度を変えてもられるかもしれませんね。

我慢せずに寒いときは寒いと伝えましょう!

もしかしたら寒さが和らぐかもしれませんよ。

 

ですがそれでも温度設定を変更することができない場合もあるでしょう。

それを見越してカーディガンやパーカーなどを持ってくるなど工夫するのが一番良いと思います。

また、大体の映画館でブランケットの貸し出しを行っているので、席に座る前にスタッフに声をかけてブランケットを借りておきましょう。

映画館に入る前は体が温かくブランケットの必要性を感じないかもしれませんが、長い場合は3時間近く座っていることになるので、後から後悔しないように事前に借りるのがベストです。

寒さによりトイレが近くなる…対策は?

飲食しないのが一番です!

と言っても映画館ではポップコーンに飲み物が定番ですよね。

食べ飲みながら映画館を見たい気持ちは分かります。

ただそれを我慢すればトイレの悩みが解決するなら、その方が良いのではないでしょうか。

 

トイレが近くなってもどうしても食べ飲みしたい、その場合は席を工夫しましょう。

トイレに行きやすいような階段側の席や一番前の席など、途中で抜け出しやすい席に座ると気持ちが楽ですね。

途中退出も認められていますから、どうしてもトイレが我慢できなかったらすぐに行きましょう。

 

あとは映画が始まる直前にトイレに行っておきましょうね。

まとめ

熱中症対策として映画館は涼しく温度設定されていることが分かりましたね。

理由が分かれば寒いのは仕方ないなぁと思います。

映画館は涼しくてもしかしたら寒く感じるかも!
という事を頭に入れておいて事前に準備しておきましょう。

そして楽しく映画を楽しみましょうね。

 

 

私は寒く感じず、食べ飲みしてもトイレに行きたいと思ったことがない…これって幸せ者ですかね笑

 

コメント