Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

飛行機内でパソコンは使える?それとも預けるべき?

飛行機パソコン 未分類

仕事での出張などで飛行機に乗る場合、パソコンを使いたいと思う方がいると思います。

また仕事ではなくても暇な時間にパソコンを使おうかなぁ、と思っている人もいるのではないでしょうか。

そこで疑問に思う事が、そもそも飛行機内にパソコンを持ち込んで使用できるかどうか。

それともキャリーケースにしまって預けるべきなのか。

 

パソコンは高価電子機器ですので取り扱いが不安ですよね。

ということで今回は飛行機に乗る際のパソコンの取り扱いについて紹介していきます。

持ち込む事を前提としているので、今回のパソコンというのはノートパソコンの事を指しています。

機内へのパソコンの持ち込みはできる?

パソコンは身の回り品として、機内に持ち込むことができます。

その他タブレットや精密機械の多くも同様に、持ち込みが可能です。

飛行機での移動中に揺れなどでパソコンが破損しても航空会社は補償してくれませんので、持ち込む場合は保護ケースに入れておくのがよいでしょう。

 

また、キャリーケースに入れて受託手荷物として預けるのはオススメしません。

特に海外の航空会社ではキャリーケースの扱いが丁寧ではありません。

とても頑丈なキャリーケースでも破損する恐れがある程です。

それ程の衝撃が加わるキャリーケースの中にパソコンを入れておくのはかなり危険です。

パソコンを筆頭に精密機械は機内へ持ち込みましょう。

バッテリーには気を付ける

パソコンを使うために予備バッテリーや充電器を持ち込むと思いますが、リチウム電池やワット数を確認しましょう。

ワット数160Wh以下でないと持ち込むことができません。

また100Wh~160Whの場合、機内に2個までしか持ち込めないという個数制限があります。

知らずに持って行き空港でバッテリーや充電器が没収されてパソコンが使えない、ということにならぬよう気を付けましょう。

手荷物検査の通り方

パソコンや精密機械を機内へ持ち込む際、もちろん手荷物検査を通りますが、この時どうすればよいのか。

 

小型なパソコンであればリュックなどに入れて持ち込むことがあると思いますが、そのままリュックに入れて手荷物検査を通ってはいけません。

予めパソコンはリュックやバッグから出しておき、パソコン単体で検査場に置いてあるトレーに乗せましょう。

その他精密機械も同様にバッグから予め出しておきましょう。

手荷物検査を受けるときに焦ってバタバタしないよう、事前に準備しておくことをオススメします。

 

手荷物検査を受ける際、X線を使いますがパソコンに影響は全くありませんのでご安心下さい。

機内でのパソコン使用上の注意

飛行機内では機内モードに設定する必要があります。

搭乗してからパソコンを出して機内モードにする余裕がない場合もあるため、搭乗前に予め機内モードに設定しておきましょう。

タブレットなど他の電子機器も同様です。

まとめ

パソコンやその他精密機械は機内への持ち込みができます。

破損を防ぐためにキャリーケースに入れて預けるのではなく、保護ケースに入れて機内に持ち込みましょう。

またバッテリーや充電器の規格を確認し、持ち込んでよいものかどうかチェックしておきましょう。

機内では機内モードに設定することで使用することができます。

 

事前に確認して有意義な空の旅を過ごしましょう。

コメント