Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ザリガニの飼い方とは!?水は水道水でいいの?

ザリガニ 未分類

小さい頃にザリガニ釣りをしに行って、そのままペットとして飼育したことがある方は多いのではないでしょうか。

小さい頃は特に飼育方法を気にしてなかったりしましたよね。

取り敢えず水を入れておけばいいかなぁなんて笑

 

自分が大人になって子供ができて久しぶりにザリガニを飼うことになった今

「あれ?水って水道水でいいのかな?」

と疑問に思いませんか?

その他ちょっとした疑問について調べてみました。

水道水でいいの?

ズバリ「水道水でも構いません!

ネットで調べてみると、カルキ抜きで塩素を中和した水を使用するというサイトもありますが、できればやるぐらいの気持ちでいいみたいです。

一度もカルキ抜きをせずに水道水を使い続けても、そのせいでザリガニが死んでしまうことはないそうです。

 

どうしても気になる方は薬剤を入れてカルキ抜きをした方が安心ですね。

もしくは水道水をバケツに汲んで1日置いておきましょう。

1日置くことでカルキが抜けるので、それを利用するといいかもしれませんね。

水の量

エアーポンプを使って飼育するのかどうかで変わってきます。

エアーポンプを使用する場合

60cmぐらいまでの深さで飼育可能です。

ザリガニはエラ呼吸なので、水中の酸素があれば水の中で生きていくことができます。

エアーポンプがあるのであれば水が深くても大丈夫です。

水が深いとザリガニは活発に動くそうです。

エアーポンプを使用しない場合

ザリガニの背中より少し上くらいの水の深さにしましょう。

エアーポンプが無い状態で水の中で飼育すると、水中の酸素濃度が低くなり溺れてしまいます。

 

ザリガニは特殊で、水の外でもエラ呼吸で酸素を取り入れることができるそうです。

石や木などを入れてあげて、水の中から外に登れるようにしておくといいでしょう。

まとめ

水道水でもザリガニは飼育可能です。

生命力が強いですね!

飼育方法は比較的簡単なので、ペットを飼育したことがない人にはおススメです。

水をこまめに交換しないと匂いが強いので、水の入れ替えはきちんとしてあげましょう。

 

コメント