Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

色彩感覚を活かすあなたへオススメの仕事9選!

色彩感覚 未分類

色彩感覚ってご存知でしょうか?

あなたがいつも見ている色は、果たして他の人も同じように見えているのでしょうか。

答えはノーです。

人それぞれ見え方が異なり、それを色彩感覚とも言います。

 

ネットを調べてみると、誰でも色彩感覚をチェックできるサイトが多くあります。

SNSでもよく、色彩感覚をチェックできる画像などが挙げられていますね。

そこで自分の色彩感覚がかなり発達していることが分かったら、あなたはどうしますか?

家族や友達に自慢しますか?

 

それだけではもったいないです。

色彩感覚が優れている方に向いている仕事があるのです。

今回はこの『色彩感覚』が優れている方に向いている仕事を紹介していきます。

1.インテリア関連の仕事

インテリアはコーディネートをする数が多く、色彩をもとにイメージを膨らませることが重要になってきます。

依頼されたイメージに近づけるためにも、色彩面からのアプローチが活躍できる場所です。

  • インテリアコーディネーター
  • インテリア雑貨店・家具店
  • インテリアアドバイザー
  • 住宅展示場

2.ヘアー・メイク・ネイル関連の仕事

美容業界では色彩の流行にとても敏感です。

その年ごとに、また季節ごとに流行りの色彩は変わっていきます。

お客様をいかにその流行りに乗せ、お客様に似合った色彩を見出すのか、あなたのスキル次第です。

  • 美容師
  • メイクアップアーティスト
  • ネイリスト
  • 化粧品メーカー
  • コスメ店

3.ファッション・アパレル関連の仕事

ファッションも美容業界と共に、色彩の流行に敏感です。

常に流行を意識した色彩を取り入れ、いかにお客さんに似合った洋服やバッグなどを提供するのか、というスキルが求められます。

  • アパレルメーカー
  • アパレルショップ
  • ファッションコーディネーター
  • スタイリスト

4.ブライダル関連の仕事

ウェディングドレスでは新婦の好みや挙式会場のイメージに合わせ、運命の一着を探すお手伝いをします。

それだけでなくテーブルクロスやお花のカラーコーディネートも大切な仕事です。

一生に一度の結婚式で新郎新婦に合った色彩を組み合わせるという責任重大な仕事ですが、その反面とてもやりがいのある人気な業界です。

  • ウェディングプランナー
  • ドレスコーディネーター
  • フラワーコーディネーター

5.グラフィック・Web関連の仕事

ポスターや商品パッケージ、看板など商品の宣伝や販売に関わるデザインを行います。

色1つ変えるだけで宣伝効果など大きく左右されるため、色彩感覚を十分に発揮できるような業界です。

  • グラフィックデザイナー
  • 広告代理店
  • Webデザイナー
  • DTPオペレーター

6.商品デザイン・企画関連の仕事

商品の色によって売り上げが左右されるため、あなたの色彩スキルによって商品の売れ行き決まったりします。

また企業の宣伝などにも色彩のスキルが必要とされています。

  • メーカーの商品企画・開発
  • 広告代理店の企画・開発

7.飲食関連の仕事

お客さんの食欲がそそるような料理の写真や配置、料理のサンプル作成など色彩のスキルが活かせます。

いくら美味しい料理でも、サンプルや写真などで美味しそうに見せなければ食べられない場合もあります。

どうしたら食べてもらえるか、色彩だけでなくメニュー展開や店舗づくりと様々なスキルも必要となります。

  • 飲食業の企業・開発
  • フードコーディネーター
  • パッケージ会社

8.建築・不動産関連の仕事

建築物の外観はもちろんのこと、内観の色彩も重要となっています。

その建物のコンセプトに合った色使いができるのか、あなたの色彩スキルが活かせます。

  • 住宅メーカー
  • リフォーム会社
  • 不動産会社
  • 住宅施工会社

9.医療・福祉関連の仕事

患者さんが安心して利用できるように、病院内や施設内での色彩が重要です。

高齢者にとって見えやすい、見えにくいといった色があるので、色彩感覚のスキルが活かせる場です。

  • 病院・クリニック
  • 介護施設
  • カウンセラー

まとめ

色彩感覚

色彩感覚を活かせる仕事9選はいかがだったでしょうか。

是非あなたに合った色彩感覚を活かした仕事を見付けてみて下さい。

コメント