Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

中村幸也は元暴走族?現在は心理カウンセラーに!話題のゆたぼんの父親は何者!?

中村幸也 未分類

10歳の不登校ユーチューバー「ゆたぼん」として活動している中村逞珂(ゆたか)さんですが、その父親は「中村幸也」さんという方です。

10歳にして不登校になり、ユーチューバーとして活動している子供の親とは、一体何者なのでしょうか!?

只者ではなさそうですよね。

 

またネット上では、父親・中村幸也さんの影響を受けてゆたぼんさんは不登校になったのではないかと話題になっています。

 

そこで今回は中村幸也さんについて調べてみました。

中村幸也のプロフィール!元暴走族で現在は心理カウンセラー?

名前:中村幸也(なかむら ゆきや)

出身地:大阪府茨木市

学歴:中卒

職業:心理カウンセラー・禁煙カウンセラー

 

大阪府茨木市に生まれる。中卒。元暴走族。
現在は心理カウンセラー、あきらめる生き方の専門家、禁煙カウンセラー。
中学時代はかなりのやんちゃ坊主。盗んだバイクでグランドを走りまわり、タバコを吸いながら廊下を堂々と歩く。
中学卒業後、すぐに就職し働き始めるが、3ヶ月で辞める。
のちに20回以上転職を繰り返す。
暴走族の副総長となる。恐喝、窃盗、傷害、暴走、喧嘩、シンナー、麻薬、覚醒剤・・・etc
やんちゃ⇒「ワル」に
心が病におかされ“うつ”になるが地元を離れ、働きながら新たな自分を見出す。
地元を離れ、家族や友人すべてと連絡を絶ち、生まれて初めてただガムシャラに働き、独学で勉強して高等学校卒業程度認定試験(旧大検)に合格する。
その後、自分の可能性を広げる為、会社を退職しパソコンのスキルを身につけ、営業の仕事を始める。
営業の仕事をしながら独学で心理学とカウンセリングを学び、のちに日本メンタルヘルス協会の衛藤信之先生と出会う。
2010年、本格的に心理学とカウンセリングを学び心理カウンセラーとなる。以後、人の心を癒すことを使命とする。「悩みの答えは必ずその人の心の中にある。誰だって幸せに生きていける」という言葉を信条に、カウンセリングを心がけている。引用 http://www.810.co.jp/author/nakamura-yukiya.html

 

中卒ながらも現在は、心理カウンセラーと禁煙カウンセラーを職業にしている方です。

上記にもあるように、本当に暴走族だったらしいですね。

そこから心理カウンセラーになるのは大変なことだったでしょう。

中村幸也は心理カウンセラー

2010年頃から本格的に心理学とカウンセリングを学び、現在は心理カウンセラーを仕事をメインで行っています。

本も執筆しており、その紹介でYouTubeでも出演しています。

中村幸也の著書「あきらめる勇気」の紹介

 

2018年6月からは大阪から沖縄へ、家族で移住をしています。

2019年3月16日には不登校ユーチューバーゆたぼんさんと「親子で講演会」を沖縄で開催したそうです。

中村幸也の心理カウンセラーが怪しい?

中卒で元暴走族から心理カウンセラーへ見事な転身をした中村幸也さんですが、この心理カウンセラーが怪しいと話題になっています。

 

 

中村幸也の影響によりゆたぼんは不登校になった?

更にネット上で話題になっているのが、中村幸也さんの影響によりゆたぼんさんは不登校になったのではないか、そして父親のロボットになっているのではないかと言われています。

 

 

というように話題になっています。

確かに調べてみると、ゆたぼんさんの不登校理由は琉球新報で以下のように報道しています。

ゆたぼんが学校に通わなくなったのは小学校3年生の時。宿題を拒否したところ、放課後や休み時間にさせられ不満を抱いた。担任の言うことを聞く同級生もロボットに見え「俺までロボットになってしまう」と、学校に通わないことを決意した。現在も「学校は行きたい時に行く」というスタイルを貫いている。

引用:琉球新報

不登校になってしまう人は大体いじめが原因ですよね。

このように世間一般的に不登校になってしまう人達とは、原因が全く異なります。

 

そして父親・中村幸也さんの意見として

これからの時代は自分の好きな事、やりたい事をしながら生きられる時代。ロボットのように働くだけの労働者ではなく、自分の好奇心に素直に従いながら、どんどん新しい扉を開いて生きて、そんな生き方をする人たちを増やしていきたいです。
僕のように中卒の元暴走族でも本を出版する事はできるし、大人になり、結婚して、子どもができても、遊びながら自由に生きる事だって出来る。今後も自由に自分の好きなように生きながら、次の本を書く事にも繋げていこうと思っています。

引用:https://profile.ameba.jp/ameba/yukiya-happy

このように述べています。

ゆたぼんさんの発言が、父親・中村幸也さんの発言と同様に捉えられてしまいます。

ゆたぼんさんが自由を訴えても、結局は父親・中村幸也さんの受け売りだと思われ、親の広告塔だと怪しまれている状態です。

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

子供を自由にさせて色んな生き方をさせるのは良いと思います。

ですが親の考え通りでは、自由に生きていくのとは少し違う感じがしますよね。

それこそ担任の言う事を聞く同級生をロボットと思えてしまうのであれば、親の言う事を聞く子供をロボットと思えてしまう人がいるのは少なからずいると思います。

 

ゆたぼんさんはまだ10歳です。

こういった活動により将来に弊害が及ばないといいですね。

そしてこれから徐々に、ゆたぼんさんの自分らしさを出していけるといいですね。

コメント