鮫島彩の出身中学や高校は?大学など詳しい学歴を調査!

女子サッカー選手の鮫島彩選手。

 

鮫島彩選手の出身小学校や中学校、高校はどこなのでしょうか?

大学など詳しい学歴が知りたいですよね。

 

今回は「鮫島彩の出身中学や高校は?大学など詳しい学歴を調査!」と題してまとめていきます!

 

スポンサーリンク

鮫島彩の出身中学や高校は?大学など詳しい学歴

 

鮫島彩選手の学歴は以下の通りです。

 

  • 出身小学校:不明
  • 出身中学校:不明
  • 出身高校:常盤木学園高等学校
  • 出身大学:進学せず

 

それぞれ詳しく紹介していきます。

 

鮫島彩の出身小学校:不明

 

鮫島彩選手の出身小学校は不明です。

 

小学校1年生でサッカーを始めました。

始めたきっかけは、「サッカーというより鬼ごっこ」のような雰囲気に惹かれたからだそうです。

当時、後に日本代表になる安藤梢さんが6年生の先輩にいたそうです。

 

 

鮫島彩の出身中学校:不明

 

鮫島彩選手の出身中学校は不明です。

 

中学校時代は、サッカーチームとテニス部をかけもちしていたそうです。

サッカー選手になりたいという気持ちがそれほどなかったそうで、将来はサッカーを続けながら看護師になるのが夢だったようです。

 

しかし地元クラブの河内SCジュベニールに所属し、監督の阿満憲幸さんの指導のもと、才能を開花させました。

U-15の全国大会に出場するようになります。

その実力が実を結び、常盤木学園高等学校にサッカー留学しました。

鮫島彩の出身高校:常盤木学園高等学校

 

出身高校は常盤木学園高等学校です。

 

宮城県仙台市にある常盤木学園高等学校の女子サッカー部は、全国高校女子最多の計17回の優勝を果たすほどの強豪校です。

高校年代の大会とは別に日本女子サッカーリーグ(なでしこリーグ)のチャレンジリーグ(3部相当)にも参加するほど、女子サッカーが有名な学校です。

鮫島彩選手は1年生からレギュラーで起用され、第14回全日本高等学校女子サッカー選手権大会では背番号10を背負い準優勝した経歴があります。

MFでスピードに乗ったドリブルが得意で、8度も全国大会に出場しました。

そのうち3度の準優勝を経験しています。

そのため高校女子サッカー界では有名な選手となり、U-18で初めて日本代表に選出されました。

 

鮫島彩の出身大学:進学せず

 

鮫島彩選手は大学へは進学せず、東京電力女子サッカー部マリーゼに加入します。

プロ契約ではなかったため、東京電力福島第一原発で事務員の仕事をしながら、女子サッカーチームで活躍しました。

 

鮫島彩の所属チーム

 

鮫島彩選手が所属していたチームはこちらのとおりです。

 

  • 東京電力マリーゼ
  • ボストン・ブレイカーズ
  • モンペリエHSC
  • ベガルタ仙台
  • INAC神戸レオネッサ

 

それぞれ詳しく紹介します。

 

東京電力マリーゼ

高校卒業後、東京電力女子サッカー部マリーゼに所属します。

U-20日本女子代表にも選出され、大活躍しました。

2007年にはディビジョン2シーズン最優秀選手賞(MVP)を獲得し、チームを優勝へ導きます。

2008年にはなでしこジャパンに初選出され、MFから左サイドバックにコンバートされました。

ボストン・ブレイカーズ

2011年の東日本大震災による影響で、マリーゼが活動を自粛します。

鮫島彩選手はサッカーを続けるか悩み、悩んだ末にWPSのボストン・ブレイカーズに移籍します。

東京電力でプレーしていたことで、国内移籍では受け入れチームに迷惑をかけてしまう恐れがあるため、当時マリーゼの監督であった菅野将晃さんが海外を薦めたそうです。

この年同じく栃木出身の安藤梢選手とともに、栃木県県民栄誉賞が授与されました。

モンペリエHSC

2011年9月に、フランスリーグ1部のモンペリエHSCと2年契約を結びます。

当時モンペリエHSCには宇津木瑠美選手も所属していました。

ですが長くは在籍せず、2012年6月で退団します。

べガルダ仙台

日本拠点を戻し、所属したのがベガルタ仙台レディースです。

2012年7月9日のことでした。

そして鮫島彩選手がチーム初のプロ契約選手となります。

 

同年、日本代表としてロンドンオリンピックに出場し、6試合中5試合で活躍のうえ銀メダルを獲得しました。

ですが翌年の2013年5月、右太腿の肉離れおよび腱損傷により全治約3ヵ月と診断されます。

2014年2月の日本代表合宿中に再び負傷し、ヒューストン・ダッシュへ半年間の移籍が決まっていたものの、契約まで及びませんでした。

 

INAC神戸レオネッサ

2015年1月にINAC神戸レオネッサに移籍しました。

もちろんプロ契約としての移籍であり、年末に行われた皇后杯で優勝し、自身初のクラブタイトルを獲得します。

2015年6月のワールドカップカナダ大会では、アメリカ代表に惜しくも敗れ大会連覇はなりませんでした。

ですがアメリカのスポーツ専門局ESPNは大会のベストイレブンに、日本から唯一鮫島彩選手を選出します。

準優勝ながらそれだけ鮫島彩選手の活躍が光っていたのでしょう。

 

2016年に日本代表に選出されましたが、チームは予選3位という結果で五輪に出場することができませんでした。

そして2016年、2017年と2年連続でリーグのベストイレブンに選出されました。

 

まとめ

 

以上、「「鮫島彩の出身中学や高校は?大学など詳しい学歴を調査!」と題してまとめていきます!」と題してまとめましたがいかがだったでしょうか?

 

鮫島彩選手の学歴は以下の通りです。

  • 出身小学校:不明
  • 出身中学校:不明
  • 出身高校:常盤木学園高等学校
  • 出身大学:進学せず

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
女子サッカー
気まぐれまとめサイト