ノットリリースザボールとジャッカルの違いは?基準や時間について!

ノットリリースザボールとジャッカルの違いは?基準や時間について ラグビー

ラグビーのノットリリースザボール、ジャッカルの違いは何でしょうか!?

ノットの基準や時間はどうなっているのでしょうか。

 

ラグビーをあまりよく知らないという人でも、ノットやジャッカルという言葉を耳にしたことのある人は多いと思います。

 

そこで、ラグビーのノットリリースザボール、ジャッカルの違いやノットの基準や時間について調べてみました。

ノットリリースザボールとジャッカルの違いは?

ノットリリースザボールとジャッカルの違いは?基準や時間について

ノットリリース・ザ・ボールジャッカルは、全く違うラグビーのルールとなります。

 

ノットリリースザボールはボールを保持(キャリー)した選手がタックルなどでフィールドに倒れた後、ボールを離さなかったという反則です。

 

一方ジャッカルは、ラックなどの密集で相手ボールを取りに行く(ハンティングする)というプレーです。

 

このボールを掴んで獲りに行く行為をしたにも関わらず、相手チームのフィールドに倒れている選手がボールを抱え込んで離さないと、相手チームの選手がノットリリースザボールの反則になります。

ジャッカルをすることで、相手チームのノットリリースザボールを誘発することができます。

そのため、ジャッカルというプレーとノットリリースザボールの反則は違うものではありますが、一連のプレーの流れとして密接に関係しています。

ノットリリースザボールの基準や時間は?

ノットリリースザボールとジャッカルの違いは?基準や時間について

ノットリリースザボールについて、選手がボールを離さなければいけないタイミングは、タックルで倒された時です。

フィールドに横になっている選手は、速やかにボールを手離さなくてはいけません。

 

競技規則のルールでは、「ただちに」というのが時間の基準となっています。

 

厳密に決まった時間(秒数)はありませんが、審判がボールを離していないと判断したら、反則をとられてしまいます。

何秒という時間の概念はありません。

 

おおよその時間として、審判の判断(目視)が基準となります。

 

選手は味方のサポートがくるまで、ほんの少しの時間でも長くボールを持っておきたいという心情になります。

そのため選手はボールを抱え込んでしまうことがあり、そうするとノットリリースザボールとなり反則を取られるということですね。

 

また、ボールを離したくても離せないというケースもあります。

相手チームの選手がジャッカルでボールを奪いにきて、ボールの取り合いのようになるとノットリリースザボールとなります。

ノットリリースザボールの審判のジェスチャーは?

ノットリリースザボールの審判のジュスチャーをご紹介します。

 

ノットリリースザボールの反則を起こした時の審判のジェスチャーは、両手でボールを抱え込むようなポーズをします。

試合を見ている人にもわかりやすいジェスチャーになっています。

ノットリリースザボールと言えば中川家

ノットリリース・ザ・ボールといえば、芸人の中川家のネタが有名です。

ラグビーをあまりよく知らない人でも、響きだけは聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

 

ノットリリースザボールは、ラグビーのルールの中では初歩的で基本的な反則となります。

この反則をした時の審判の真似を、中川家がバラエティ番組などで頻繁にネタとしてやっています。

 

「ノットリリースザボ~ル!」と言う審判のネタです。

 

ラグビーボールを前に落として、「ピッ!ノックオ~ン、帝京ボール!」というネタもよくやっています。

 

芸人がネタにできるほど、ノットリリースザボールの反則が試合で頻繁に起こるという証かもしれません。

なぜノックオンでは帝京ボールなのかというと、2009年~2018年まで帝京大学は大学選手権9連覇をしていて、大学ラグビーといえば帝京大学という時代だったからです。

まとめ

ノットリリースザボールとジャッカルの違いやノットリリースザボールの基準、時間などについてまとめてみました。

 

ノットリリースザボールは、ラグビーで基本的なルールとなります。

ラグビーではボールを持ったまま倒れた選手がボールを抱え込んでしまうと、他の選手がプレーを続行することができません。

そのため、ボールを保持(キャリー)している選手が倒れたときには、ボールを離さなくてはいけません。

 

試合中に何度か起こる反則なので、覚えておくとラグビーをより楽しめるかもしれません。