東京五輪2020延期でカイトはどうなる?嵐の代役は誰になるのか予想!

2020年3月24日、東京五輪2020が延期されることが発表されました。

 

延期れることで起きる弊害は数多くあります。

その中の1つとして、NHK2020ソングである嵐のカイトが問題点として挙がります。

 

嵐は2020年を持って休止という事になっていますので、東京五輪が2021年になる場合、NHK2020ソングであるカイトはどうなってしまうのでしょうか。

代役を立てるのでしょうか?

 

ということで、今回は東京五輪2020延期に伴い、嵐のカイトが使用されるのかどうかや、代役を立てるのかどうか予想してみました。

東京五輪2020延期でカイトはどうなる?

東京五輪2020延期により、NHK2020ソングである嵐のカイトはどうなるのでしょうか?

 

調査したところ・・・

 

現在詳細は発表されていません!

 

ということで、NHK2020ソングであるカイトがどうなるのか予想をしてみました。

 

予想される事として、

  • 嵐の活動休止期間を伸ばす
  • 活動休止中であるが、東京五輪の期間のみ嵐として活動する
  • カイトを使用しない
  • 他の代役を立てる

これらの事が予想されます。

 

ではそれぞれ考えてみましょう。

東京五輪2020延期でカイトはこうなる!パターン①

まず予想される事として、嵐の活動休止期間を伸ばすという事です。

 

そうすれば東京五輪2021となっても、嵐としてカイトを披露することができますね。

 

このパターンが1番ファンにとって良いことではないでしょうか?

東京五輪2020延期でカイトはこうなる!パターン②

2つ目の予想される事として嵐の活動休止は予定通りとなり、東京五輪2021の期間のみ嵐として活動するという事です。

 

東京五輪アンバサダーとなっているため、嵐の活動休止は避けらなくとも、カイトを嵐として披露するのがよいかと思われます。

 

ファンにとってはこのパターンも嬉しいですよね。

東京五輪2020延期でカイトはこうなる!パターン③

3つ目のパターンとして、カイトを使用しないことが予想されます。

 

このパターンが最も起きて欲しくないですよね。

嵐は予定通り活動休止となり、それに伴い嵐はカイトを披露することができなくなってしまう、これだけは避けたいと願っています。

東京五輪2020延期でカイトはこうなる!パターン④

最後のパターンとして、代役を立ててカイトを披露することが予想されます。

 

ではもし代役を立てるとしたら、一体誰が代役となるのでしょうか?

  • 米津玄師
  • 櫻井翔
  • King&Prince
  • 嵐以外のジャニーズグループ

カイトの代役は米津玄師?

まず予想されるのが、米津玄師さんです。

 

このカイトを作詞・作曲されたのが米津玄師さんです。

 

嵐が披露できないのであれば、自分で手掛けた曲を本人が披露するのは十分に考えるのではないでしょうか?

カイトの代役は櫻井翔?

次に予想されるのが、櫻井翔さんが1人で披露するということです。

 

櫻井翔さんは数多くの司会を務めてきています。

嵐として活動休止となったとしても、櫻井翔さん1人で活動されていく事が十分に予想されます。

 

嵐として披露できなくとも、嵐を代表して櫻井翔さんが披露することが予想できますね。

カイトの代役はKing&Prince?

次に予想されるのが、King&Princeです。

King&Princeは今波に乗っているアーティストです。

 

また、朝の情報番組ZIPでは「MEDAL LUSH(メダルラッシュ)」で、五輪の種目をメンバーが体験するということを行っています。

 

同じジャニーズであり、五輪に関するお仕事をしていることから、カイトの代役を務める可能性があると予想されます。

カイトの代役は他のジャニーズグループ?

最後に予想されるのが、嵐以外のジャニーズグループです。

 

他のジャニーズグループが、嵐のカイトを引継ぐ事は十分に予想できます。

 

今後嵐を担うようなジャニーズとして推していきたいグループが、カイトを披露することになるかもしれませんね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

東京五輪2020が延期され、カイトがどうなるのかとても気になるところですよね。

 

ファンとして一番良いのは、嵐の活動休止期間も延期されて予定通り嵐がカイトを披露することです。

 

果たしてそれは叶うのでしょうか?

 

今後の動向に注目ですね。