緊急事態宣言したら学校は!?会社はどうなるのか!?

緊急事態宣言したら学校は!?会社はどうなるのか!? 未分類

4月6日、緊急事態宣言の準備入りを表明する可能性が出てきました。

 

そこで気になるのが、緊急事態宣言したら学校や会社がどうなるのかですよね。

学校は全国的に休校になるのでしょうか?

また会社はどうなるのでしょうか?

 

今回は、緊急事態宣言したら学校や会社がどうなるのかまとめてみました。

緊急事態宣言したら学校はどうなる?

緊急事態宣言したら学校はどうなるのでしょうか?

休校となるのでしょうか?

 

結論として、学校は休校になる可能性が非常に高くなります。

 

緊急事態宣言は、安倍総理がまず期間と区域を指定して出すことになります。

その特定された区域の都道府県知事は、数多くの要請指示を出すことが可能になります。

 

この時、都道府県立の高校は都道府県が所管していることから、知事の判断により「休校」にすることができます。

しかし、私立学校や市町村立の小学校は所管が異なるため、知事はまず「要請」を行います。

もしこの「要請」に対応しない場合は、「指示」を出せることになります。

 

「要請」はお願いですが、「指示」は強制力があります。

 

要するに、緊急事態宣言したら学校は休校になる可能性が非常に高いのです。

 

しかし罰則はないため、100%休校になるとは言い切れないのが注意点ですね。

緊急事態宣言したら会社はどうなる?

続いて、緊急事態宣言したら会社はどうなるのでしょうか?

 

結論として、基本的には会社はお休みになりません!

 

まず店舗の営業に関しては「多者の者が利用する施設」は、使用制限や停止を「要請」することができます。

例として

  • 映画館
  • 展示場
  • 美術館
  • 百貨店
  • スーパーマーケット
  • ホテル
  • 理髪店
  • 学習塾

などが挙げられます。

 

スーパーマーケットには例外として

  • 医薬品
  • 衛生用品
  • 燃料

など、生活必需品の売り場は営業が可能となります。

 

また、民間企業(会社)を強制的に休業させることはできません。

あくまで民間企業(会社)の自主判断となります。

 

海外と比べたら、日本の緊急事態宣言は強制力が少し弱いのが特徴です。

あくまで「要請」を出すものであり、あとは個人や企業(会社)の判断に任せるということになります。

まとめ

緊急事態宣言したら学校はどうなるのか、会社はどうなるのかまとめました。

 

緊急事態宣言はあくまで「要請」が基本となっており、絶対的な強制力があるものではありません。

 

しかしこれまでの自粛要請よりは強制力が少し高くなるので、より身を引き締めて生活して頂けるとよいかもしれません。

もし外出することになるのであれば、マスクをしたり手洗いうがいをこまめにするなど、自分にできる感染予防対策をしっかりと行ましょう。