トリニティ原価マスクが怪しい?胡散臭いという評価の理由!

トリニティ原価マスクが怪しい?胡散臭いという評価の理由! マスク

トリニティ原価マスクが話題になっていますね。

販売開始後、すぐに売り切れになっていました。

 

そのような中、トリニティ原価マスクが怪しい、胡散臭いという評価も上がっているようです。

どういった理由なのでしょうか?

 

今回はトリニティ原価マスクが怪しい、胡散臭いという評価がされる理由について調査しました。

トリニティ原価マスクが怪しい?胡散臭い?

 

トリニティ株式会社が原価マスクを販売し、かなり話題になっています。

販売開始後、すぐに売り切れる事態となりました。

 

そのような中、怪しい、胡散臭いという声が挙がっているようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

このようにトリニティ原価マスクは怪しい、胡散臭いという声が挙がっています。

 

なぜこういった評価がされるのでしょうか?

トリニティ原価マスクが怪しい?胡散臭いという評価の理由

 

トリニティ原価マスクが怪しい、胡散臭いという評価がされる理由について考えていきましょう。

 

考えられる事は以下の通りです。

 

  1. 中国産
  2. 値段が高い
  3. ネーミングが怪しい
  4. 箱が怪しい

 

これらの事が、トリニティ原価マスクが怪しい、胡散臭いという評価の理由だと考えられます。

 

それぞれ詳しく紹介していきましょう。

トリニティ原価マスクが怪しい?胡散臭いという評価の理由①

 

トリニティ原価マスクが怪しい、胡散臭いという評価の理由1つ目として、中国産という事が挙げられます。

 

先日話題になったシャープのマスクが販売された事で、比較されてしまうのだと考えられます。

 

  • シャープのマスク:国産
  • トリニティ原価マスク:中国産

 

どうしてもシャープのマスクが比較対象となってしまいますよね。

 

さらに、中国産のマスクは品質が悪いというニュースも出ています。

マスクの中にハエの死骸が混入していたり、フィルターが機能していなかったりと、良くない評価を聞きます。

 

こういった事を聞いてしまうと、中国産であるトリニティ原価マスクは怪しいと思ってしまうのも仕方がありませんよね。

トリニティ原価マスクが怪しい?胡散臭いという評価の理由②

 

トリニティ原価マスクが怪しい、胡散臭いという評価の理由2つ目として、値段が高いという事が挙げられます。

 

そもそも国内で販売されているマスクは

 

  • 国内生産:約2割
  • 輸入:約8割

 

という割合であり、輸入のほとんどが中国産となっています。

 

以前は

 

  • 50枚500~700円前後:1枚当たり10円~15円

 

というように、かなり安く売られていました。

 

このほとんどが中国産という事になります。

 

これらを考えると、トリニティ原価マスクは

 

  • 50枚2176円:1枚当たり39円

 

というようにかなり割高に感じてしまい、トリニティ原価マスクは怪しいと思われてしまうのでしょう。

トリニティ原価マスクが怪しい?胡散臭いという評価の理由③

 

トリニティ原価マスクが怪しい、胡散臭いという評価の理由3つ目として、ネーミングが怪しいという事が挙げられます。

 

確かに、「原価マスク」というネーミングはインパクトがある分、少し怪しいと思われてしまうかもしれません。

 

本当に「原価」なのか、という事に関して疑問を持たれる人もいるようです。

トリニティ原価マスクが怪しい?胡散臭いという評価の理由④

 

トリニティ原価マスクが怪しい、胡散臭いという評価の理由4つ目として、箱が怪しいという事が挙げられます。

 

原価マスクは転売防止策として、箱には原価=販売価格の値段が記載されています。

これもネーミング同様インパクトがある分、少し怪しいと思われてしまうのでしょう。

 

結局は、この記載されている原価が本当なのかどうか、疑問視されているようです。

まとめ

 

トリニティ原価マスクが怪しい、胡散臭いという評価の理由についてまとめてみました。

 

やはり中国産で値段が意外と高いということから、怪しい・胡散臭いとう評価に繋がったと思われます。

 

マスクの生産が追いつき、今まで通りの値段でマスクが買える日が早く来るといいですね。

 

 

また、マスクがネット上で買えるようになってきているそうですよ!

楽天で購入