ステフィンカリーの年俸(日本円)や資産推移の詳細!2020年最新版!

ステフィンカリーの年俸(日本円)や資産推移の詳細!2020年最新版! ステフィンカリー

NBAの常識までもを変えたスリーポイントの神様と称されるステフィンカリーは、3度のNBAチャンピオンに輝き、歴代一位の記録を更新し続けています。

 

そんな彼は、一体どのくらいの年俸(日本円)を貰っているのか気になりますよね。

当初は期待値の低かった選手でしたが、今や年俸(日本円)でのスポーツランキングにランクインするほど。

 

そこまでの年俸を貰っているなら、きっと資産もすごいことになっているはず!

2020年時点ではどうなっているのか、そんなステフィンカリーの資産推移も調べてみました。

 

今回は、ステフィンカリーの最新(2020年)の年俸から、資産やこれまでの推移まで深掘りしていきます!

 

ステフィンカリーの年俸(日本円)

ステフィンカリーの年俸(日本円)や資産推移の詳細!2020年最新版!

 

ステフィンカリーの2020年度の年俸はなんと

 

約45億9600万です。

 

前シーズンは約44億9948万円だったので、今期は約1億円アップとなりました。

 

とても考えられない金額ですよね。

 

ステフィンカリーの年俸(日本円)推移

ステフィンカリーの年俸(日本円)や資産推移の詳細!2020年最新版!

 

ステフィンカリーの2020年の年俸は約45億9600万円だという、一般人からは考えられない金額だとわかりました。

 

そうなると、NBA入団からこれまでの間にどのくらい稼いでいるのか気になりますよね!

 

そんなステフィンカリーの、NBA入団からの年俸推移をまとめてみました。

シーズン
年齢
年俸
2009-10
21
約2億7105万円
2010-11 22 2億9138万円
2011-12 23 約3億1171万円
2012-13 24 約3億9587万円
2013-14 25 約9億8876万円
2014-15 26 約10億6292万円
2015-16 27 約11億3707万円
2016-17 28 約12億1123万円
2017-18 29 約37億8000万円
2018-19 30 約40億円
2019-20 31 約42億9948万円
2020-21 32 約45億9600万円
2021-22 33 約48億9252万円

 

この年俸(日本円)推移を見てみると、NBA入団から比べて20倍以上にも跳ね上がっているのがわかります。

 

ステフィンカリーの期待値がめきめきと上がってきたのが、この年俸からも見て取れます。

 

ステフィンカリーの資産

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

 

続いて、ステフィンカリーの2020年時点での総資産はなんと

 

約138億5041万円です。

 

ステフィンカリーの年俸から考えると意外に少ないようにも感じますが、彼は投資などに力を入れているので、うまく資産運用をしているのでしょう。

 

ステフィンカリーの資産推移

 

ステフィンカリーの資産推移を調べたところ、資産については公にされていないため、その詳細まではわかりませんでした。

 

しかし2020年時点、ステフィンカリーがNBAで稼いだ年俸を合計しただけでも、約290億円に上ります。

 

それに加えて、アンダーアーマーなどとのスポンサー契約を複数結んでいるため、それも合わせると莫大な金額となるのは間違いありません。

 

ステフィンカリーのこれまでの年俸に加えて、スポンサーシップや資産運用など、わかっている限りをまとめたものは以下の通りです。

 

 

内容 金額
2009 GSWの基本給

GSWとの4年間契約

約2億8766万円

約13億5351万円

2010 GSWの基本給 約3億906万円
2011 GSWの基本給 約2億6643万円
2012 GSWの基本給 約4億2097万円
2013 GSWの基本給

スポンサーシップ(アンダーアーマー)

GSWとの4年間契約

約10億5371万円

約3億1972万円

約46億8933万円

2014 GSWの基本給 約11億3279万円
2015 GSWの基本給

エンジェルラウンドオブプライスへの投資から得た資金

約12億1176万円

約1億124万円

2016 GSWの基本給

スポンサーシップ(アンダーアーマー、Degree、Kaiser Permanente、JBL、Brita、Fanatics)

資産売却(ベイエリアマンション)

約12億7890万円

約12億7890万円

約3億9433万円

2017 GSWの基本給

スポンサーシップ2月(中国、PressPlay、Vivo、Brita、JPMorgan Chase)

スポンサーシップ5月(サムスン電子、コカコーラ、ナイキ、起亜自動車)

BrandlessのシリーズBへの投資から得た資金

Slyceというマーケティングのスタートアップへの投資

資産売却(ウォルナットリークの家)

約37億3054万円

約37億3054万円

約51億1617万円

約37億3054万円

約2億1315万円

約3億1333万円

2018 GSWの基本給

チームSoloMidのシリーズAおよびSnapTravelのシリーズAへの投資から得た資金

スポンサーシップ(Under Armour、Chase、Vivo、eHi、Nissan / Infiniti、Brita、Bubble、JBL)

GSWの給与とボーナス

約39億9232万円

約57億5508万円

約44億7618万円

約37億1949万円

2019 GSWの基本給 約37億1949万円

 

ステフィンカリーの年俸(日本円)はスポーツランキングで何位?

ステフィンカリーの年俸(日本円)や資産推移の詳細!2020年最新版!

 

ステフィンカリーはスポーツ選手長者番付で何位なのか調べてみました!

 

スポーツ選手長者番付とは、アメリカの経済紙”フォーブス”で毎年発表される年俸の多いスポーツ選手ランキングのこと。

 

順位 名前 スポーツ 年俸
1 ロジャー・フェデラー テニス 約114億円
2 クリスティアーノ・ロナウド サッカー 約112億円
3 リオネル・メッシ サッカー 約111億円
4 ネイマール サッカー 約102億円
5 レブロン・ジェームス バスケ 約94億円
6 ステフィン・カリー バスケ 約80億円
7 ケビン・デュラント バスケ 約68億円
8 タイガー・ウッズ ゴルフ 約67億円
9 カーク・カズンズ アメフト 約65億円
10 カーソン・ウェンツ アメフト 約63億円

こうして見てみると、サッカー選手が上位に多く名を連ねていることがわかりますが、5位から7位まではNBA選手がランクインしていますね。

 

そして、ステフィンカリーはその中でも6位にランクインしています。

年俸80億円も稼いで6位とは、すごい世界ですね!

 

まとめ

 

 

今回は、ステフィンカリーの気になる2020年度の年俸(日本円)から、資産推移までまとめてみました。

 

ステフィンカリーともなると、年俸以上のスポンサーシップが貰えるなんて、スポンサー側も余程の経済効果が得られるのでしょうね。

さすがは、歴代最高額の契約金を叩き出しただけあります。

 

そんなステフィンカリーの今後から目が離せません!