KOUGU(工具)維新の元ネタは刀剣乱舞か戦国鍋TVなのか比較調査!

KOUGU(工具)維新の元ネタは刀剣乱舞か戦国鍋TVなのか比較調査! 芸能

お笑いバラエティ番組『有吉の壁』の人気コーナー、『ブレイク芸人選手権2020』に登場したお笑いコンビ『きつね』のネタ、『KOUGU維新』。

 

その元ネタは『刀剣乱舞』なのか、『戦国鍋TV』なのか、SNS上で話題になっています。

 

今回は、そんな『KOUGU維新』の元ネタが『刀剣乱舞』か、『戦国鍋TV』か、比較をしていきたいと思います!

 

KOUGU(工具)維新の元ネタは刀剣乱舞?戦国鍋TV?

 

このようにtwitterでは、『KOUGU維新』の発想は『刀剣乱舞』から得たのではないかとする方々や、『戦国鍋TV』の雰囲気を感じているユーザーの方々が多くいるようです。

 

では一体、実際に元ネタとなったのはどちらなのでしょうか?

 

KOUGU(工具)維新の元ネタは刀剣乱舞?比較してみた!

 

『KOUGU維新』の元ネタとして多くの方から挙げられた、『刀剣乱舞』。

確かに『KOUGU維新』には、『刀剣乱舞』からのオマージュではないかと見受けられる部分がいくつもありました。

 

まず、『刀剣乱舞』には、“日本刀の名刀を男性に擬人化”したキャラクターが登場しますが、『きつね』が演じた『KOUGU維新』のキャラクター二人は、“プラスドライバー”と“平やっこ”と、“工具を男性に擬人化”したものです。

 

さらに、『KOUGU維新』では、ネタ中に「親方さま〜!」というキメが何度もありますが、『刀剣乱舞』でも作中、「お館様〜!」というセリフが多く登場していました。

 

また、オマージュはネタだけに留まりません。

『刀剣乱舞』では、登場キャラクターたちを総称して『刀剣男士』と呼ばれていますが『KOUGU維新』は『有吉の壁』番組公式twitterで、番組内でのシリーズ化によって増えた新キャラクターを総称し、『KOUGU男士』と名乗っています。

 

考えてみれば、そもそも、“2.7次元アイドル”とネタに題していることからも、『KOUGU維新』は『刀剣乱舞』から着想を経ていることは間違いないのではないでしょうか?

 

KOUGU(工具)維新の元ネタは戦国鍋TV?比較してみた!

『刀剣乱舞』の他に、『KOUGU維新』の元ネタでは無いか、と挙げられたものに、『戦国鍋TV』があります。

 

『戦国鍋TV』は、“戦国時代”を舞台とし、現代の要素を足しながらバラエティーテイストにし、楽しみながら歴史を学ぶことをコンセプトとした番組です。

ではなぜ、多くの方々は、『KOUGU維新』に『戦国鍋TV』と通ずるものを感じられずにはいられなかったのでしょう?

 

そのポイントは、『戦国鍋TV』番組内コーナー、『MUSIC TONIGHT』にあると私は感じています。

『MUSIC TONIGHT』は、番組の歌謡コーナーで、歴史上の人物をモデルとしたアイドルが登場していました。

 

そのコーナーに、アイドルとして登場していた、『源氏兄弟』に『KOUGU維新』の衣装や様子が似ていることから、“元ネタは『戦国鍋TV』では無いか”との見方もある様です。

 

そしてさらには、『KOUGU維新』はおそらく“明治維新”のもじりであるでしょうから、そのネーミングから、『MUSIC TONIGHT』のコーナーや、『戦国鍋TV』の雰囲気を感じる方も少なく無いでしょう。

 

さらに『MUSIC TONIGHT』に登場するアイドル達はダンス中、振り付けとして槍や刀を振り回す部分があり、『KOUGU維新』で工具を振り回す様子が、『戦国鍋TV』を彷彿させています。

 

これらの特徴を考えると、確かに『KOUGU維新』のネタは、『戦国鍋TV』からも何かしらアイデアを経ているのではないか、とも考えられます。

 

まとめ

 

以上、『KOUGU維新』の元ネタは、『刀剣乱舞』なのか、『戦国鍋TV』なのか比較をしてきましたが、いかがだったでしょうか?

 

『KOUGU維新』には確かに『戦国鍋TV』の様な雰囲気を感じる要素も多くありましたが、

キャラクター設定や、決めゼリフ、『工具男士』と名乗っていたりする様子は、かなり『刀剣乱舞』に寄せてネタ作りをしている様に感じられるのでは無いでしょうか?

 

いずれにしても、お笑い第七世代のコンビ『きつね』の二人が織りなすネタ、『KOUGU維新』からは目が離せません!