渡嘉敷来夢のバッシュのメーカーは?歴代のモデルなどをご紹介!

渡嘉敷来夢のバッシュのメーカーは?歴代のモデルなどをご紹介! 渡嘉敷来夢

若干16歳という史上最年少で日本代表に選ばれたり、日本人史上3人目となるWNBAへの挑戦など、数々の歴史を塗り替えてきた渡嘉敷来夢。

 

そんな渡嘉敷来夢を支えるバッシュはどんなものなのでしょうか。

どこのメーカーなのか、歴代モデルなどについても気になるところです。

 

そこで今回は、渡嘉敷来夢のバッシュについてご紹介していきます。

 

メーカーはもちろんのこと、歴代モデルについても詳しく調べてみましたので、最後までお楽しみください!

 

渡嘉敷来夢のバッシュのメーカーは?

 

渡嘉敷来夢のバッシュのメーカーは、アシックスです。

 

渡嘉敷来夢は、アシックスとアドバイザリースタッフ契約をJX-ENEOS入団当初から結んでいるため、歴代バッシュも全てアシックスを使用しています。

 

バスケットシューズではアシックスは有名メーカーですよね。

 

渡嘉敷来夢のバッシュ歴代モデル

渡嘉敷来夢のバッシュのメーカーは?歴代のモデルなどをご紹介!

 

渡嘉敷来夢のバッシュの歴代モデルは以下の通り。

 

  • GELTRIFORCE(〜2016年)
  • GELTRIFORCE3(2017年〜)
  • GLIDE NOVA FF(2020年〜)

 

 

渡嘉敷来夢の場合は自身のシグネイチャーモデルではなく、アシックスのGELTRIFORCEというシリーズを使用しています。

 

それをアシックスの”バスケットボール スペシャルオーダーシステム”によって、オリジナルカラーにしたり、自分に合わせたオーダーメイドのバッシュを製作しています。

 

 

2020年からは、アシックスとballaholicが初めてコラボしたシューズである”GLIDE  NOVA  FF”も使用しています。

 

 

それでは、これまで渡嘉敷来夢が使用してきたバッシュをご紹介していきましょう!

 

2013年

2013年の渡嘉敷来夢のバッシュは、GELTRIFORCEです。

 

GELTRIFORCEは、ダッシュやジャンプなどの多い脚力が強いトッププレーヤー向きのバッシュです。

 

詳しい特徴は以下の通り。

 

  • ミッドソールは2層構造により、足の衝撃を和らげながらも安定を保つ
  • コート競技専用の靴型を使用
  • それによりバスケットボール特有の多方向への激しい動きにも対応
  • 高いグリップ力

 

 

実際に渡嘉敷来夢が使用していたモデルをいくつかご紹介します。

 

GELTRIFORCE 2013年オリジナルカラー(写真左)

 

ゴールドカラーでとても目立つデザインとなっています。

 

GELTRIFORCE 2013年クリスマス限定仕様

 

落ち着いたベースカラーにレッドのラインが映える1足ですね。

さりげなく書かれた”MERRY X-MAS”のメッセージが素敵です。

 

2014年

2014年の渡嘉敷来夢も引き続きGELTRIFORCEを使用しています。

 

GELTRIFORCE 2014年オリジナルカラー

 

真っ白で統一されたデザインがかっこいい1足となっています。

 

2015年

2015年の渡嘉敷来夢も引き続きGELTRIFORCEを使用しています。

 

GELTRIFORCE オールジャパン仕様

 

まるで金メダルを意識したかのようなゴールドに輝くデザインの1足です。

 

GELTRIFORCE 2015年ハロウィン仕様

https://twitter.com/tokashiki_10/status/660279741182689280?s=21

 

ハロウィンカラーのオレンジ×ブラックのカラーリング。

さりげなく書かれた”HALLOWEEN”の文字が素敵です。

 

GELTRIFORCE 2015年オリジナルカラー

 

渡嘉敷来夢のチームメイトで、高校時代からの同級生でもある岡本彩也花がデザインしたという1足。

ホワイトにブルーが映える爽やかなデザインとなっています。

 

GELTRIFORCE 2015年クリスマス仕様

 

2015年のクリスマス仕様はレッドベースにグリーンをあしらったデザインと、グリーンベースにレッドをあしらったデザインで対照的な色使いとなっています。

クリスマス仕様には、”MERRY X-MAS”の文字が書かれています。

 

2016年

2016年の渡嘉敷来夢も引き続きGELTRIFORCEを使用しています。

 

GELTRIFORCE 2016年クリスマス仕様

https://twitter.com/tokashiki_10/status/809007281702457344?s=21

 

2016年のクリスマス仕様はレッド×ブラックにラインはゴールドのデザインと、ブルーベースでラインはゴールドのデザインでした。

いずれのモデルも真っ赤なシューレースがアクセントとなっていて、かっこいいですね!

 

2017年

2017年の渡嘉敷来夢はGELTRIFORCEから、GELTRIFORCE3へとモデルチェンジしました。

 

GELTRIFORCE3は、これまで通り脚力が強いトッププレーヤーに対応しながらも、従来よりも軽量化を実現したモデルとなっています。

 

詳しい特徴は以下の通り。

  • 広い設置面によりあらゆる動きに対応する高いグリップ力を発揮
  • 柔らかなクッション性
  • 高さのあるカッティングにより高められた足首のホールド性
  • 従来のモデルより軽量化を実現

 

GELTRIFORCE 3

 

シアトル・ストームのチームカラーであるグリーンで統一されたデザインの1足です。

 

2018年

2018年の渡嘉敷来夢も引き続きGELTRIFORCE3を使用しています。

 

GELTRIFORCE 3

https://twitter.com/tokashiki_10/status/1056114628155953152?s=21

 

真っ白で統一されたデザインで、爽やかな印象を受ける1足です。

 

2019年

2019年の渡嘉敷来夢も引き続きGELTRIFORCE3を使用しています。

 

GELTRIFORCE 3

https://twitter.com/tokashiki_10/status/1102176056771919873?s=21

 

真っ白で統一されたデザインでかっこいい1足となっています。

 

GELTRIFORCE3 2019年オールジャパン仕様

https://twitter.com/fiba/status/1176879563747418114?s=21

 

ユニフォームの赤と同じ色の真っ赤に統一されたデザインの1足です。

 

2020年

2020年の渡嘉敷来夢も引き続きGELTRIFORCE3を使用しています。

さらに、この年からはGLIDE NOVA FFも使用しています。

 

GELTRIFORCE 3 オリンピックシンボルカラー(写真上)

https://twitter.com/tokashiki_10/status/1255728240057970690?s=21

 

2020年のオリンピックイヤーに合わせて作られた、オリンピックシンボルカラーを使ったデザインの1足です。

とてもカラフルでエネルギッシュなデザインとなっています。

 

GLIDE NOVA FF(写真左)

 

アシックスとballaholicの初のコラボレーションとなったモデル”GLIDE NOVA FF”。

 

ballaholicのコンセプトでもある”ALLDAY ALLNIGHT EVERYWHERE ANYWHERE”をコンセプトに開発されました。

 

GLIDE NOVA FFは、軽量性フィット性を重視して開発されたモデルとなっています。

 

詳しい特徴は以下の通り。

  • 広い可動域を実現したローカットデザイン
  • 大型トラフィット搭載でシューズのねじれを防ぎ、安定性を向上
  • 高いグリップ力とクッション性
  • アウトソールに設けられた通気口により高い通気性を実現
  • モノコック構造により足に吸い付くようなフィット感

 

ちなみに、このasics×ballaholicの限定モデルのGLIDE NOVA FFは、Bリーグの河村勇輝も使用しています。

 

 

 

まとめ

渡嘉敷来夢のバッシュのメーカーは?歴代のモデルなどをご紹介!

 

さて今回は、渡嘉敷来夢のバッシュのメーカーや歴代のモデルについてまとめました。

 

渡嘉敷来夢のバッシュのメーカーは、歴代モデルも全てアシックスだとわかりました。

 

 

さらに、GELTRIFORCEシリーズをベースにした”バスケットボール スペシャルオーダーシステム”でオーダーメイドのバッシュを作成しています。

 

それに加えて2020年からは、asics×ballaholicの限定モデル”GLIDE NOVA FF”を使用しています。

 

 

ハロウィンやクリスマスなどのイベントのみで見られるオリジナルカラーもあるので、今年はどんなデザインが披露されるのか楽しみです。

 

これからはその辺りに注目してみると、また新しい楽しみ方ができるかもしれません!