髙田真希は社長でどんな会社なの?設立理由とは一体?

髙田真希は社長でどんな会社なの?設立理由とは一体? 髙田真希

過去にはワールドカップ3大会連続出場、デンソーアイリスの柱として活躍する髙田真希。

 

東京オリンピックの日本代表には若手選手が名を連ねる中、髙田真希はベテラン選手として2度目のオリンピック代表入りを果たしています。

 

 

そんな髙田真希が昨年、自身の会社を設立して社長になったのはご存知でしょうか?

 

現役バスケットプレーヤーながら自ら会社を設立して社長となった理由についても気になるところ。

 

 

ということで今回は、髙田真希が社長を務める会社とはどんなものなのか、その設立理由についても調べてみました!

 

髙田真希は社長でどんな会社?

 

髙田真希が社長を務めている会社は、”株式会社TRUE HOPE”です。

 

 

2020年4月6日に会社の設立を公表し、メディアのインタビューなどにも社長として応じました。

 

一体どんな会社なのか、詳しくご紹介していきます。

 

株式会社TRUE HOPEはイベント会社

株式会社TRUE HOPEの主な事業内容は、イベント業です。

 

具体的には、3つの目標を掲げています。

  1. 子供たちに夢や希望を与える
  2. スポーツの魅力を伝える
  3. アスリートのセカンドキャリア

 

子供たちにスポーツを通じて競技力の向上から、人として成長するきっかけになるような場を提供していきたいとのこと。

 

さらに、全国各地でバスケ教室やスポーツの力を身近に感じられるイベントなどを開催し、スポーツ業界を盛り上げて競技の活性化に繋げたいそうです。

 

決して対象は子供たちのみではなく、大人のファンも楽しめるファンミーティングの開催も視野に入れていると言います。

 

 

現在は、バスケ教室に先駆けてSNSの会員制オンラインサロンをスタートさせています。

 

月額980円から入会できるオンラインサロン”髙田真希女子アスリート社長室”では、会員からのバスケットボールについてなどの質問にアドバイスを送っています。

 

 

現役選手に質問できるだけでなく、直接アドバイスを送ってもらえるなんて素敵ですよね!

 

アスリートのセカンドライフもサポート

今は現役選手として活躍する髙田真希ですが、自身が引退した後には他の現役選手にこの活動を引き継いでもらうためのサポートもしていきたいと考えています。

 

これはバスケに限らず他競技の選手に対しても同様のサポートを考えており、その競技の魅力を伝えたりファンミーティングも行いたいと髙田真希は言います。

 

セカンドキャリアで引退した後にも競技に関われる環境を作るのに引退後では遅いため、現役のうちから動き始めたそう。

 

このように髙田真希は、現役アスリートならではの経験や知識を生かした活動をしていきたいと考えているようです。

 

髙田真希が会社を設立した理由とは?

https://twitter.com/takada08/status/1247819329300643840?s=21

 

髙田真希が会社を設立した理由は、現役のバスケットボール選手として培ってきた経験や知識を次世代の子供たちに伝えていきたいとの想いが強くなったからだそうです。

 

しかし、現状では子供たちやファンの方と触れ合える機会が少ないことから、その機会を増やすためすぐに動ける自分の会社を作ったと起業への経緯をインタビューにて語っています。

 

会社設立でバスケを盛り上げたい

髙田真希には日本のバスケ界を盛り上げたいとの想いも強く、様々なイベントを開催してバスケの楽しさや魅力を伝えたいと考えています。

 

現在の日本ではバスケが盛り上がってきているものの男子への注目が高く、女子バスケへの注目はそこまでではありません。

 

ところが実際には、国際大会に出場して結果を出し続けている女子バスケ。

 

そんな女子バスケの活躍を知ってもらいたい、バスケ自体をもっと広めていきたいとの思いも会社設立の理由のひとつになっているようです。

 

まとめ

https://twitter.com/takada08/status/1345272648700313600?s=21

 

さて今回は、髙田真希はどんな会社の社長なのか、その設立理由についてもまとめました。

 

  • 髙田真希が社長を務める会社は、”株式会社TRUE HOPE”
  • 事業内容は主にイベント業
  • 設立理由は、自身の経験などを次世代の子供たちに伝えていきたいから
  • バスケ教室やファンミーティングを通して、より世間にバスケの魅力を広める
  • バスケのみに関わらず、他競技にも同様のサポートを行う
  • アスリートのセカンドキャリアもサポート

 

こうして、会社設立を通していかに髙田真希がバスケのことを想っているかを知ると、これからの髙田真希をさらに応援したくなりますね!