有吉の壁ロケ地のサバゲー場はどこのフィールド?1月27日放送回!

有吉の壁ロケ地のサバゲー場はどこのフィールド?1月27日放送回! 有吉の壁

人気お笑いバラエティー番組『有吉の壁』ですが、1月27日放送回では、『一般人の壁』がサバゲー場を舞台に行われます!

 

普段とは異なるシュチュエーションですが、ロケ地のサバゲー場はどこなのか、どんなフィールドか、詳しい場所なども気になります。

 

そこで今回は、『有吉の壁』ロケ地となったサバゲー場はどこなのか、詳しい場所や、どのようなフィールドなのかなど、予想しながらまとめていきたいと思います!

 

有吉の壁ロケ地のサバゲー場はどこのフィールド?1月27日

 

今回1月27日放送の『有吉の壁』ロケで使用されたのは、サバイバルゲームフィールドです。

 

サバゲーフィールドはその名の通り、サバイバルゲームをプレイできる施設です。

実際にエアガンを用いての攻撃や、それから身を隠したりと、非日常的な空間の中でゲームが体験できます。

 

その種類は屋外型や屋内型、そしてさらに森林や市街をモチーフにしたものなど、様々なようです。

今回の『有吉の壁』ロケ地となったのは、予告をみる限り屋外型の施設なのではないでしょうか?

 

1月27日水曜よる7時~【有吉の壁】▼サバゲー場に潜んで有吉を笑わせろ&パフォーマーの壁を越えろ!カーベーイーツ選手権

 

有吉の壁ロケ地のサバゲー場はどこのフィールド?予想!

 

各地にあるサバゲー場ですが、今回は予告編をもとに屋外施設であること、さらに野戦がイメージされているようなタイプであること、アクセスを考え関東近郊にある場所ということなどから絞って予想してみたいと思います。

 

予想したのは、この3箇所です。

 

  • CAMP DEVGRU(キャンプデブグル)(千葉県)
  • サバイバルゲームフィールド バレット(埼玉県)
  • TENGUYAMA TOKYO(東京都)

 

それぞれ詳しく紹介していきます。

 

CAMP DEVGRU

 

1箇所目に予想したのは、千葉県のCAMP DEVGRUです。

〒264-0007

千葉県千葉市若葉区小倉町1458

 

CAMP DEVGRU
★★★★☆ · スポーツ複合施設 · 小倉町1458

 

ホームページはこちらです。

 

Camp DEVGRU|サバイバルゲームフィールドキャンプデブグル 千葉県
千葉市ににあるサバイバルゲームフィールドCAMP DEVGRU 初心者から参加できる定例会や、日曜日の貸切も可能なフィールド。ナイトゲームは非常に人気のフィールドです。サバゲー、サバゲ、サバイバルゲーム、エアガン、BB弾、フラッグ戦、定例会、人気、ナイトゲーム、コスプレ、コスプレイベント、撮影スポット、ゲーム、コールオ...

 

こちらの施設はサバイバルゲームのほか、グランピングも行われており、そちらの人気も高いようです。

 

 

施設のSNSを調べてみると、施設には『有吉の壁』番組予告に映っていたドラム缶や、墓地のようなものがありました。

 

 

これはかなり、ロケ地として使用されていた可能性が高いのではないでしょうか?

 

サバイバルゲームフィールド バレット

 

2箇所目に予想したのは、埼玉県のサバイバルゲームフィールド BULLETです。

 

〒355-0005

埼玉県東松山市松山2688

 

サバイバルゲームフィールド バレット
★★★★☆ · スポーツジム · 松山2688

 

ホームページはこちらです。

 

BULLETサバイバルゲーム場 埼玉、東京、千葉 実戦型フィールド
サバイバルゲームフィールドBULLET(バレット)&#...

 

こちらは東松山遊園地跡が使用されており、野戦をイメージした本格的なプレイが楽しめるようです。

また、フィールドの高低差は県内No.1とのことです。

さらには、本格的なエアガンの販売も行われているようです。

 

 

こちらの施設はかなり規模が大きく人気もありそうなので、ロケが行われた可能性は十分ありそうです。

 

 

また、『有吉の壁』に登場したフィールドともかなり似た雰囲気なのではないでしょうか?

 

TENGUYAMA TOKYO

 

3箇所目に紹介するのは、東京都のTENGUYAMA TOKYOです。

 

〒192–0001

東京都八王子市戸吹町580

 

サバゲーアウトドアフィールド天狗山
★★★★☆ · スポーツジム · 戸吹町580

 

ホームページはこちらです。

 

TENGUYAMA TOKYO |

 

こちらの施設は八王子に位置していますが、その規模はなんと都内最大級の面責だそうです。

野戦モチーフなのはもちろん森林エリアには塹壕があったり、山林エリアでは傾斜を利用したプレイもでき、かなり本格的なフィールドです。

隠れ場所の多さから、初心者にも人気があるようです。

 

 

こちらの施設は東京都内で、これまで紹介したのかでも一番のアクセスの良さです。

さらに大規模なフィールドとなると、ロケにも使われやすいのではないでしょうか?

 

まとめ

 

以上、『有吉の壁』でロケ地として使用されたサバゲー場はどこのフィールドなのか、詳しい場所などをまとめてみましたがいかがだったでしょうか?

 

予想をまとめますと

 

  • CAMP DEVGRU(キャンプデブグル)(千葉県)
  • サバイバルゲームフィールド バレット(埼玉県)
  • TENGUYAMA TOKYO(東京都)

 

こちらの3箇所がロケ地であったと予想されます!

 

屋外の自然の中ということもあり、なかなかロケ地がわかりにくいところではありますが、ぜひ一度訪れて、実際にどんな場所でどんなプレイができるのか、体感もしてみたいですね!