カントリーベアシアターの最後の曲は何?季節によって違うの?

カントリーベアシアターの最後の曲は何?季節によって違うの? カントリーベアシアター

東京ディズニーランドのウエスタンランドにあるアトラクション「カントリーベアシアター」。

 

ここでは、愉快なクマたによる素敵な歌やパフォーマンスのショーが行われています。

ゆったりと座って鑑賞することも出来ますが、陽気な音楽に合わせて手拍子や足拍子をせずにはいられなくなること間違いなしです!

 

さて、このカントリーベアシアターでのショーの締めくくりとして歌われる、最後の曲についてご存じでしょうか?

 

ショーも最高潮に達するクライマックスでの曲は、歌う側はもちろん見る側にも、とても心に残る曲になるはずです。

 

今回は、そのカントリーベアシアターでの最後の曲についてまとめました。

 

カントリーベアシアターの最後の曲は何?

 

カントリーベアシアターの最後の曲について、実は季節ごとに違うということを知っていますか?

 

名曲ぞろいの通常のバージョンのショーはとても有名ですが、夏や冬には期間限定で、それぞれまたテーマを変えたバージョンのショーを行っているのです。

最期の曲を含めた曲目はもちろん、衣装などもその季節に合わせたものとなっていて、クマたちと一緒にシーズンを楽しんでいる気分に浸れます。

 

クマたちがどんな風に過ごしているのか、バージョンが変わるごとに見に行きたくなってしまいますね!

 

季節ごとのバージョンは、

 

  • 通常公演としての『カントリーベア・ジャンボリー
  • 夏休みを満喫する『バケーション・ジャンボリー
  • 冬のホリデーシーズンを楽しむ『ジングルベル・ジャンボリー

 

の3種類があります。

 

そして、それぞれの公演の最後の曲は、

 

  • 通常:Ole Slew Foot Come Again
  • 夏期:Camptown Races She’ll Be Coming ‘Round the Mountain Vacation
  • 冬期:Santa Claus Is Coming to Town Rudolph the Red-Nosed Reindeer Winter Wonderland

 

となっています。

それぞれ詳しく紹介していきます。

通常公演:Ole Slew Foot / Come Again

 

通常公演のフィナーレは、アメリカのカントリーソングがメインのショーにふさわしい『Ole Slew Foot』(オレ・スルーフット)という曲から始まります。

カントリーらしくバンジョーやフィドル(バイオリン)の伴奏に乗せて歌われる、軽快なリズムの曲です。

 

ショーの出演者のクマたちが、ステージ上に勢ぞろいで最後の曲を歌うのですが、その途中で大きな体のクマ『ビッグ・アル』が自分の持ち歌でジャマをしてきます。

が、それに負けずにほかのクマたちは最後まで『Ole Slew Foot』を歌い切り、バタバタとショーは幕を閉じるのでした。

 

これで歌はおしまい、かと思いきや、帰り際には『Come Again』(また来てね)という曲を、

 

  • 司会進行役のクマ『ヘンリー』
  • 彼の帽子の上に乗っているアライグマの『サミー』
  • 壁に剥製のようにくっついている
    シカの『マックス』、バッファローの『バフ』、ヘラジカの『メルビン』

 

が、歌ってくれます。

なおこの曲は、ショーが終わって見に来た皆さんがドアから出ていくのを見送る時に歌う曲ですので、皆さんもぜひ彼らに手を振りながら聴いてみてください!

 

夏季公演:Camptown Races / She’ll Be Coming ‘Round the Mountain / Vacation

 

楽しい夏休みを過ごすクマたちによるバケーション・ジャンボリーの最後には

 

  • アメリカの作曲家フォスターの『Camptown Races』(草競馬)
  • アメリカのフォークソング『She’ll Be Coming ‘Round the Mountain』(あの子が山にやってくる)
  • 夏を代表するヒット曲『Vacation』(ヴァケイション)

 

これらの3曲が、ミックスされたメドレーで歌われます。

クマたちの夏の思い出の替え歌となっているのにも注目です!

 

また、バケーション・ジャンボリーに登場するクマたちはみんな、通常公演とは違った衣装で登場します。

みんなそれぞれ水着や夏のアウトドアを楽しむ装いで、見ているこちらも旅行気分になれますね!

 

冬公演:Santa Claus Is Coming to Town / Rudolph the Red-Nosed Reindeer / Winter Wonderland

 

カントリーベアシアターのクマたちは、冬でも元気いっぱいです!

パークでクリスマスイベントが行われている期間、このシアターでもジングルベル・ジャンボリーが上演されます。

出演者たちは皆さんへのプレゼントとして、たくさんのクリスマスソングを用意しています。

 

そんな特別なショーの最後には、

 

  • Santa Claus Is Coming to Town』(サンタが街にやってくる)
  • Rudolph the Red-Nosed Reindeer』(赤鼻のトナカイ)
  • Winter Wonderland』(すてきな雪景色)

 

これらの3曲が、メドレーで歌われます。

 

誰でも知っている歌で盛り上がるフィナーレは、大人も子どもも楽しめること間違いなしです!

 

ジングルベル・ジャンボリーのクマたちは通常公演とはまた違って、冬ならではの衣装で登場します。

暖かそうなセーターや帽子などがとても可愛いので、こちらも注目ポイントですね!

 

まとめ

 

以上、カントリーベアシアターの最後の曲と季節によっての違いをまとめてみました。

参考になりましたでしょうか?

 

通常公演での最後の曲は、

 

  • Ole Slew Foot
  • Come Again

 

夏期公演での最後の曲は、

 

  • Camptown Races
  •  She’ll Be Coming ‘Round the Mountain
  •  Vacation

 

クリスマス公演での最後の曲は、

 

  • Santa Claus Is Coming to Town 
  • Rudolph the Red-Nosed Reindeer 
  • Winter Wonderland

 

ということが判りましたね!

 

一年中楽しい音楽に触れられるこのカントリーベアシアターに訪れた際には、クマたちのおもてなしでカントリー気分を味わってみてください!