イッツアスモールワールドの国と順番は?何カ国あるのか一覧で!

イッツアスモールワールドの国の順番は?何カ国あるのか一覧で!イッツアスモールワールド

ファンタジーランドを代表するアトラクションである、イッツアスモールワールド。

開園当時からあるアトラクションで、さまざまな国の文化や言語に触れられる、ディズニーランドを象徴するアトラクションの一つですよね。

 

2018年にリニューアルし、ディズニーキャラクターもたくさん登場するようになり、どこの国にどんなキャラクターがいるのか、またどんな順番で出てくるのか詳しく知りたい方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、イッツアスモールワールドに出てくる国を順番にご紹介していきます!

また、何カ国出てくるのか、一覧でもご紹介しますよ!

 

イッツアスモールワールドの国と順番は?

イッツアスモールワールドは5つのエリアに分かれ、そのエリアごとにさまざまな国が登場します。

 

進行順にエリアをご紹介していくと、

 

  1. ヨーロッパ
  2. アジア
  3. アフリカ、中東
  4. 中南米
  5. 南太平洋

 

このように分かれており、一番最後のフィナーレエリアでは世界各国の子供たちが集合しています。

 

それでは各エリアに登場する国を詳しくご紹介していきましょう。

 

①ヨーロッパ

ヨーロッパのエリアで出てくる国は、

 

  • スカンジナビア
  • オランダ
  • フランス
  • スペイン
  • イギリス
  • スイス

 

こちらの6カ国です。

 

一番最初のスカンジナビアからは『アナと雪の女王』のエルサやアナ、オラフが登場し、そのあともシンデレラピーターパンなど、誰もが知っているキャラクターが登場します。

 

ヨーロッパのエリアが一番キャラクターが多く、次々に登場しますのであちらこちらに目を配ってみてください。

 

②アジア

 

アジアのエリアで出てくる国は

 

  • インド
  • 韓国
  • 中国
  • 日本

 

こちらの4カ国です。

 

このエリアでは、ヘラクレスやムーランなどちょっとマイナーなキャラクターが登場します。

よく見ていないと見落としてしまうので、注意が必要です!

 

ちなみにアジアエリアの最後にアラジンが登場しますが、アラジンは中東じゃないの?と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。

アラジンは原作であるアラビアンナイトの舞台が中国のため、このアジアエリアに登場するようですよ。

 

③アフリカ、中東

 

アフリカ、中東のエリアに出てくる国は

 

  • 南アフリカ
  • ペルシャ
  • エジプト

 

こちらの3カ国です。

 

このエリアにはライオンキングより、シンバやプンバ、ティモンが登場します。

ハクナマタタの歌が聞こえてきそうですね。

 

④中南米

 

中南米エリアに出てくる国は

 

  • アルゼンチン
  • ブラジル
  • メキシコ

 

こちらの3カ国です。

 

このエリアには、スモールワールドに登場する唯一のディズニーBIG5キャラクター、ドナルドが登場します。

メキシコが舞台である『3人の騎士』より、ドナルド、ホセ・キャリオカ、パンチートが登場しますよ。

 

⑤南太平洋

 

南太平洋エリアに登場する国は

 

  • オーストラリア
  • タヒチ
  • ニュージーランド
  • パプアニューギニア
  • フィリピン

 

こちらの4カ国です。

 

このエリアには、リロ&スティッチやモアナなど海が舞台となる映画のキャラクターが次々に登場します。

ニモやアリエルも登場しますが、ディズニーランドでニモやアリエルに会えるのは、イッツアスモールワールドでだけですよ!

 

イッツアスモールワールドは何カ国あるのか一覧で

イッツアスモールワールドの国の順番は?何カ国あるのか一覧で!

詳しくご紹介してきましたが、最後にイッツアスモールワールドに出てくる国を一覧でご紹介します。

 

【エリア】【国】
ヨーロッパスカンジナビア、オランダ、フランス、スペイン、イギリス、スイス
アジアインド、韓国、中国、日本
アフリカ、中東南アフリカ、ペルシャ、エジプト
中南米アルゼンチン、ブラジル、メキシコ
南太平洋オーストラリア、タヒチ、ニュージーランド、パプアニューギニア、フィリピン

 

 

合計21カ国もの国が出てくるのですね!

 

まとめ

 

さて、今回はイッツアスモールワールドに出てくる国をエリアごとに順番にご紹介しました。

 

エリアは大きく5つに分かれており、合計21カ国の国が登場することがわかりました。

改めて国の一覧を見てみると、映画やキャラクターの舞台となる国はどこなのか、という新しい発見にも繋がりますよね。

 

ぜひイッツアスモールワールドに乗る際には、キャラクターを見つけるだけでなく、ここはどの国を表現しているのかな?ということにも注目してみてください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
イッツアスモールワールド
気まぐれまとめサイト