タワーオブテラーハイタワー3世の行方は?ストーリーの詳細も!

タワーオブテラーハイタワー3世の行方は?ストーリーの詳細も! タワーオブテラー

東京ディズニーシーのアメリカンウォーターフロントにあるアトラクション、タワーオブテラー。

 

東京ディズニーリゾートでただ一つの、フリーフォールタイプのアトラクションで、パークを訪れる人たちから、日々根強い人気を得ています。

 

さて、そんなタワーオブテラーに欠かせない一人の人物について、あなたはご存じでしょうか?

その名前は「ハイタワー3世」。

タワーオブテラーの前身である「ホテルハイタワー」のオーナーだった人です。

ですが、1899年に、彼は行方不明になってしまいました。

 

しかし、ハイタワー3世は、彼自身にまつわる奥深いストーリーを残しています。

それを知れば、彼は一体どこへ行ってしまったのか?その後どうなったのか?という事をみちびく手がかりになるかもしれません。

 

というわけで今回は、

 

タワーオブテラーハイタワー3世の行方

ハイタワー3世のストーリー

 

について解説いたします。

 

タワーオブテラーハイタワー3世の行方は?その後について

 

ハイタワー3世の行方については、

 

  • 誰も知らない

 

とされています。

 

ハイタワー3世は、1899年の12月31日、ホテルハイタワーにて会見を行いました。

そしてその夜、自身のオフィスに行くためにエレベーターに乗り込みました。

が、その直後、エレベーターが故障し、彼の悲鳴とともに1回まで落下してしまいました。

 

落下したエレベーターは見るも無残な姿になっていました……。

しかし、いくら探してもハイタワー3世の姿はどこにもありません。

エレベーターの中には、彼が所持していた「呪いの偶像シリキ・ウトゥンドゥ」と、彼がかぶっていた帽子だけが残されていました。

 

ハイタワー3世はどこへ行ってしまったのでしょうか??

 

そして現在、ホテルハイタワーでは見学ツアーが行われています。

噂によると、「ツアーの最中にハイタワー3世の亡霊のようなものを見た」という人が続出しているようですが……。

 

タワーオブテラーハイタワー3世のストーリー

 

本名は

 

「ハリソン・ハイタワー3世 (Harrison Hightower III)」

 

という名前です。

 

ハイタワー3世は、タワーオブテラーの前身であるホテルハイタワーの創設者、ということで有名です。

が、それだけではなく、様々な経緯をへて、彼の運命が「タワーオブテラー」と結びついています。

 

今回はかいつまんで、

 

  • ニューヨークで一番の大富豪、ホテルハイタワーを建てる

 

  • シリキ・ウトゥンドゥを手に入れる

 

  • 謎の失踪をとげる

 

の、3つのポイントとともに解説したいと思います。

 

ニューヨークで一番の大富豪、ホテルハイタワーを建てる

 

1835年、ハイタワー3世はニューヨークにて誕生しました。

 

のちに大富豪となり、1892年に、豪華なホテル「ホテルハイタワー」を開業させます。

 

また、ハイタワー3世は、行動力のある冒険家でもありました。

ホテルの開業までに、彼は世界中から珍しいお宝や、貴重なものを山のように集めており、それらはホテルの庭やロビーなど、あらゆるところに惜しみなく飾っています。

 

しかし、ハイタワー3世はとても強欲な人物でした。

「集めた」といっても、そのほとんどが、無理やり奪い取ったり、盗んだりしたものだったのです。

世界中を旅する冒険家、と聞くと格好いいですが、やっていることはまるで盗賊のようですね……。

 

ちなみに、タワーオブテラーの近くに停泊している豪華客船、「S.S.コロンビア号」。

この船を作ったのが、エンディコット三世という人物で、ハイタワー3世とはライバル関係にありました。

エンディコット三世は強欲ではありませんでしたが、ハイタワー3世にいろいろと邪魔されてかなり腹が立っていたようです。

同じニューヨークで、ビジネスで競い合う二人は、お互いバチバチと火花を散らす関係であったことがうかがえます。

 

シリキ・ウトゥンドゥを手に入れる

 

1899年、ハイタワー3世は執事の「スメルディング」という男と、仲間たちとともに、アフリカ探検をしていました。

 

コンゴ川流域に住む「ムトゥンドゥ族」という部族のもとへたまたま訪れた一行は、そこで祀られていた偶像を目にします。

その偶像こそが、タワーオブテラーに深く結びつく「シリキ・ウトゥンドゥ」でした。

 

その不気味さに魅せられ、ハイタワー3世は、シリキ・ウトゥンドゥを譲ってくれるようムトゥンドゥ族に頼みますが、彼らは断りました。

が、自分の欲しいものは奪ったり、盗んだりして手に入れてきたハイタワー3世のことです。

ムトゥンドゥ族を脅して、シリキ・ウトゥンドゥを奪い、そのまま逃げてしまいました。

しかし不思議なことに、元の持ち主たちは追いかけてこなかったのだそうです。

 

ムトゥンドゥ族たちは偶像をとても大切にしていたそうです。

なのになぜ、取り戻そうとしなかったのでしょうか……?

 

謎の失踪をとげる

 

そして、シリキ・ウトゥンドゥを手に入れた同年の1899年12月31日。

ホテルハイタワーではパーティーが行われており、そこでハイタワー3世は、シリキ・ウトゥンドゥのお披露目をしました。

 

ハイタワー3世は、かねがね、執事のスメルディングや、ムトゥンドゥ族から

火に近づけてはいけない

恐れなければいけない

などという掟とともに、

シリキ・ウトゥンドゥの扱いには気を付けるように

と、忠告を受けていました。

 

シリキ・ウトゥンドゥは元々「崇拝」されていたもので、ないがしろにすると呪われる、という言い伝えがあったからです。

 

しかしハイタワー3世は、公の場で、呪いなど恐れていないそぶりで、シリキ・ウトゥンドゥのことを嘲笑いました。

 

そして、シリキ・ウトゥンドゥを自身のオフィスに飾るために、ハイタワー3世はエレベーターに乗り込みます。

そこで、ハイタワー3世を追っていた記者がとんでもない光景を目にします。

ハイタワー3世はエレベーターに乗り込みながら、なんと葉巻タバコの火をシリキ・ウトゥンドゥに押し付けたのでした……。

 

その直後、ちょうど日付が1900年1月1日に変わる瞬間のこと。

ホテルハイタワーが突如停電に見舞われました。

それと同時に緑色の光が出現!

緑色の雷が轟いたという人もいました。

 

そして、上記で解説したとおりの、謎の失踪事件へと繋がるのでした。

 

人々はみな、掟を破ったハイタワー3世はシリキ・ウトゥンドゥに呪われた

と今も囁いています。

 

果たして、彼はどこへ行ってしまったのでしょうか……?

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

タワーオブテラーハイタワー3世の行方と、そのストーリーの詳細について解説いたしました。

 

タワーオブテラーハイタワー3世の行方、その後

については、

 

  • 誰も知らない

 

ということ。

そして、

タワーオブテラーハイタワー3世のストーリー」を、

 

  • ニューヨークで一番の大富豪、ホテルハイタワーを建てる

 

  • シリキ・ウトゥンドゥを手に入れる

 

  • 謎の失踪をとげる

 

の、3つのキーワードとともに解説させていただきました。

 

奥が深すぎるほどの、タワーオブテラー・ハイタワー3世にまつわる話は、知れば知るほど興味が湧きますね。

 

タワーオブテラーに乗って絶叫!するのも十分楽しい思い出になります。

が、アトラクションを待っている時間などに一つでも「謎」を見つけるのも楽しいかと思います。

 

もし、タワーオブテラーでハイタワー3世に会うことができたら、彼の運命がどうなったのか、教えてくれるかもしれません……!

ぜひ、ご自身の目で確かめてみてください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。