美女と野獣のアトラクションの楽しみ方5選!乗る前にチェック!

美女と野獣のアトラクションの楽しみ方5選!乗る前にチェック! 美女と野獣

東京ディズニーランドの最新エリア、美女と野獣エリアがオープンし半年が過ぎました!

SNSやネット上では、新エリアやアトラクションを体験した人たちのさまざまな感想を目にするようになりましたよね。

 

しかし、まだまだ体験できていない!という方のほうが多いかもしれません。

行ける機会があったら体験したいので、事前に楽しみ方をチェックしておきたい!と考えている方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、美女と野獣のアトラクションの楽しみ方を5つご紹介します!

ぜひ乗る前にチェックしてみてくださいね!

 

美女と野獣のアトラクションの楽しみ方5選

 

今回、美女と野獣のアトラクションの楽しみ方として、以下の5つのポイントをご紹介したいと思います。

 

  1. 体験前に映画を鑑賞しよう!
  2. 待機列に注目!
  3. 細かい演出に注目!
  4. ダンスシーンでは天井に注目!
  5. 体験前後のお城の印象に注目!

 

それでは詳しくご紹介していきましょう!

 

1.体験前に映画を鑑賞しよう!

 

こちらはぜひ!押さえておきたいポイントです。

 

美女と野獣のアトラクションは、美女と野獣の映画のストーリーに沿って進行していきます。

映画の世界に飛び込んだような気持ちになれるのが、このアトラクションの醍醐味

 

そのため、映画を見ていなかったりお話を知らなかったりすると、「もったいない!」この一言に尽きるんです!

アニメ版がおすすめではありますが、アニメはなぁ…と思われる場合は実写版をおすすめします!

 

2.待機列に注目!

 

ディズニーランドのアトラクションは、すべてバッググラウンドストーリー(設定)があり、待機列から楽しめるようになっています。

 

美女と野獣のアトラクションももちろんそのように作られており、映画のキャラクターたちがひっそりと佇んでいたり、映画のシーンそのものが再現されていたりと、見どころが盛りだくさん!

美女と野獣のアトラクションは待機列から物語が始まっていると言っても過言ではないくらい、細部にわたって作りこまれています。

 

ぜひ、並んでいる間から、さまざまなところを観察してみてくださいね!

 

3.最新技術と演出に注目!

 

待機列から物語が始まっていると前述しましたが、ライドに乗ってからも映画ファンにはたまらない、細かい演出がたくさんあります。

 

アトラクション冒頭の『Be Our Guest』のシーンでは、コグスワーズがゼリーに埋もれているなど、こんなに細かい部分にも!と驚くほどです。

 

また、最新の技術は素晴らしく、アトラクションに出てくるベルや野獣の動きには目を見張るものがあります。

魔法が解けて野獣が人間に戻るシーンや、お城の様子が変わっていくシーンは非常に見ものです!

 

4.ダンスシーンでは天井に注目!

 

美女と野獣の映画公開当時、ダンスシーンのCG技術の高さが話題になりました。

まだセル画を使用した手書きアニメが主流だった頃ですので、背景にCGが使われた映像は非常に美しく、このダンスシーンに憧れた女の子はたくさんいたようです。

 

このアトラクションでもダンスシーンが再現されていますが、その際少し上を見上げてみてください。

ライドの動きが合わさると、映画のシーンそのもののように見えて、とても感動的なんです!

 

しかし、乗り物に酔いやすい方はあまり見続けると酔ってしまう可能性があるので、ご注意を!

 

5.体験前後のお城の印象に注目!

 

アトラクションを並び始めた時から物語が始まっていると前述しましたが、退出するときもまだ物語の中なんです。

 

乗る前は魔法がかかった状態なので、城内は薄暗く少しおどろおどろしい空気が漂っています。

しかし、魔法が解けた後はバラが咲き明るい雰囲気になっているんです。

 

乗り終わった後もすぐに出て行ってしまわずに、お城のディテールに注目してみてくださいね!

 

まとめ

 

さて、今回は美女と野獣のアトラクションの楽しみ方をまとめました!

 

今回ご紹介したポイントは、以下の5つです。

 

  • 体験前に映画を鑑賞しよう!
  • 待機列に注目!
  • 細かい演出に注目!
  • ダンスシーンでは天井に注目!
  • 体験前後のお城の印象に注目!

 

5つにまとめましたが、端的に言えば映画の再現度が素晴らしいのです。

 

もちろん、映画を知らなくても楽しめるアトラクションではありますが、知っていた方が断然楽しめますし、感動も大きくなります!

ぜひ、体験前には映画を見直してから体験してみてくださいね!