美女と野獣のアトラクションの待機列にある鍵や爪痕について徹底解説!

美女と野獣のアトラクションの待機列にある鍵は何?詳しくご紹介!美女と野獣

ディズニーランドのアトラクションにはバックグラウンドストーリー(設定)があり、待機列もアトラクションの一部としてゲストを楽しませてくれるのが魅力ですよね。

 

ディズニーランドの最新アトラクションである美女と野獣”魔法のものがたり”は、美女と野獣の映画が元になっているため、多くの方が待機列からアトラクションを楽しめるかと思います。

 

そこでぜひ注目していただきたいのが、待機列にある鍵置き場!

爪痕あもあったりと印象的な鍵置き場ですよね。

 

お城の全ての部屋の鍵がまとめてあるのですが、ここの作り込みが映画ファンには悶絶ものなんです!

しかし、フランス語のためなんと書いてあるのかわからない方も多いかと思います。

 

そこで今回は、美女と野獣のアトラクションの待機列にある鍵は何なのか、爪痕についても詳しくご紹介いたします!

 

スポンサーリンク

美女と野獣のアトラクションの待機列にある鍵や爪痕について

 

待機列の鍵は全部で16個あるのですが、全てお城で使われている鍵になります。

上の段から順番に、日本語訳とともに一覧でご紹介します。

 

  • Porte d’entrée:正面玄関
  • Entrée:玄関
  • Salon:サロン(大広間、応接室)
  • Chambre d’armure:鎧部屋
  • Bureau:事務所、オフィス
  • Bibliotheque:図書室
  • Parloir:談話室
  • Chambre des maîtres:使用人頭たちの寝室
  • Cuisine:厨房
  • Salle à manger:ダイニングルーム
  • Buffet:簡易的な食堂
  • Salle de bal:ボールルーム
  • Aile Nord:北の塔
  • Aile ouest:西の塔(爪痕が残って鍵がない)
  • Aile est:東の塔
  • Aile Sud:南の塔

 

あのシーンの、あの部屋の鍵かな?と、想像がつく方もいるかもしれませんね。

 

それでは、それぞれの鍵の詳細について、紹介していきましょう。

 

Porte d’entrée:正面玄関

 

正面玄関の鍵、ということはお城の門の鍵でしょうか。

鍵置き場の鍵の中で、正面玄関の鍵だけ一回り大きくなっています。

 

映画ではモーリスが迷い込んだ際や、ベルが初めてお城に来た際に出てきます。

雪が積もり草花は枯れ、魔法がかかったお城の薄気味悪い様子がわかりますよね。

 

Entrée:玄関

 

映画では幾度と登場する大階段が、お城の玄関です。

 

アトラクションでは、こちらで搭乗前に映画と同様なプロローグや、ベルと野獣の出会いのシーンを見ることができます。

 

Salon:サロン(大広間、応接室)

 

こちらは物語の鍵となる、野獣とベルが初めて心を交わすシーンの場所です。

 

アトラクションの待機列でも、この場所が再現されています。

キャラクターたちも隠れているので、ぜひ探してみてくださいね!

 

Chambre d’armure:鎧部屋

 

この鎧たちは、映画内ではベルがルミエールとコグスワーズに城内の案内をしてもらっているシーンで登場します。

 

アトラクションでは待機列で登場しますが、耳を澄ませると鎧同士でひそひそと会話をしているのが聞こえますよ!

 

Bureau:事務所、オフィス

 

こちらは映画内では詳細に語られていません。

お城の事務所とは、いったいどんな感じなんでしょうか!?

 

Bibliotheque:図書室

 

ベルに惹かれ始めた野獣が、ベルが喜びそうなプレゼントをあげたいと考えた際に、登場するのがこの図書室です。

本が好きなベルのために、野獣は図書室の本をすべてプレゼントすると言います。

 

相手が喜ぶものは何かなと考える、初々しい野獣の恋心にキュンとしますよね!

 

Parloir:談話室

 

談話室も映画内では詳細に出てきません。

ベルと野獣が一緒に本を読むシーンがありますが、それは暖炉がある応接間のようです。

 

Chambre des maîtres:使用人頭たちの寝室

 

映画内では詳細に出てきませんが、使用人と言うとルミエールやコグスワーズたちの寝室なのでしょう。

 

ベルが通された部屋がそうかと思い浮かびましたが、ルミエールの「彼女にはもっと居心地のいい部屋を与えては?」というセリフから、ベルの部屋は使用人の寝室ではなく客室であることが推測できますね。

 

Cuisine:厨房

 

厨房は、ベルが野獣から招待された晩餐を断った後、こっそり食べるものをもらうために訪れ、「Be Our Guest」のシーンにつながります。

また、ガストンら街の住人がお城を襲ってきた際も、コンロの炎や包丁で応戦していますよね。

 

アトラクションでは、乗り場が厨房になっています。

待機列で野獣とベルの出会いを再現し、乗り場までの列の途中でベルに晩餐を断られた野獣が怒っている場面をみることができます。

 

つまり、アトラクションの待機列は映画で言うと「Be Our Guest」までのシーンを再現しているんですね!

 

Salle à manger:ダイニングルーム

 

ダイニングルームは、上記の厨房のシーンからつながる「Be Our Guest」のシーンに使われます。

 

それだけでなく、野獣とベルがダンスをする前もこのダイニングルームで食事をします。

広くて美しいダイニングの様子から、とても立派なお城であることがわかりますよね!

 

Buffet:簡易的な食堂

 

食堂は、野獣とベルが初めて一緒に朝食をとるシーンで使われています。

身も心も野獣になってしまっていた野獣は、食事のマナーがひどくベルを驚かせてしまいますが、ベルの気遣いにより少しずつ人間らしさを取り戻していきます。

 

ふたりがお互いに歩み寄るようになる、重要なシーンですね。

 

Salle de bal:ボールルーム

 

美女と野獣といえば、この名シーンですよね!

アニメでは背景のみ3Dが使われている、非常に美しいシーンです。

 

アトラクション内でももちろん再現されていますが、再現度が素晴らしいです!

 

Aile ouest:西の塔(爪痕が残って鍵がない)

 

待機列の鍵置き場には、この西の塔の鍵だけありません。

鍵があるであろう場所には爪痕が残っており、野獣が荒々しく鍵を取った様子がうかがえます。

 

西の塔は魔法のバラが置かれており、とても重要な部屋です。

 

ベルがお城に来たばかりの時、バラの存在を隠すため野獣はベルが西の塔に来ることを禁じます。

ベルが内緒で西の塔に入ることで、物語は急展開し、その後野獣とベルは打ち解けることになります。

 

ふたりが打ち解け、ダンスをした後に会話をしたのはこの西の塔のバルコニー。

そして、最後に魔法が解けて人間に戻るのも西の塔です。

 

鍵置き場に鍵がないのは、魔法が解ける手掛かりがない野獣の、誰にも絶対入られたくないという意思表示なのでしょう。

しかし、そんな場所から愛の物語が始まると思うと、鍵がない、ということもディズニーからの重要なメッセージに思えます。

 

Aile Nord:北の塔

 

北の塔は映画では詳細に出てきてはいませんが、おそらくは物語の終盤、野獣とガストンが戦うシーンで出てきているのではないかと推測します。

 

また、物語冒頭にモーリスやベルがとらわれた牢屋があるのが、いずれかの塔かと思われます。

 

Aile est:東の塔

 

東の塔は、実写版の映画ではベルの部屋がある塔として紹介されています。

ルミエール曰く、お城の中で一番良い部屋だとか!

 

Aile Sud:南の塔

 

南の塔も北の塔同様に、詳細に出てきません。

もしかしたらガストンとの決闘シーンや牢屋のシーンで登場しているかもしれません。

 

まとめ

 

さて、今回は美女と野獣のアトラクションの待機列にある鍵についてまとめました。

 

待機列の鍵置き場にはお城で使われる16本の鍵が置かれていますが、映画に登場する部屋の鍵は以下の11本です。

 

  • Porte d’entrée:正面玄関(門から入り口の扉までの場所)
  • Entrée:玄関(大階段がある場所)
  • Salon:サロン(暖炉があり、ベルが野獣の傷を治療したり、一緒に本を読んだ場所)
  • Chambre d’armure:鎧部屋(鎧が並んでいる場所)
  • Bibliotheque:図書室(野獣がベルに本をプレゼントした場所)
  • Cuisine:厨房(お腹を空かせたベルが食事を求めに来た場所)
  • Salle à manger:ダイニングルーム(Be Our Guestのシーンや、ダンスの前の食事をした場所)
  • Buffet:簡易的な食堂(野獣とベルがスープを飲むシーンで使われた場所)
  • Salle de bal:ボールルーム(野獣とベルがダンスを踊った場所)
  • Aile ouest:西の塔(魔法のバラが置かれている場所)
  • Aile est:東の塔(実写版ではベルの部屋がある場所)

 

このうち、西の塔の鍵は鍵置き場になく、野獣がつけたと思われる引っかき傷が残されています。

 

いずれも、映画のシーンが目に浮かんできますよね。

美女と野獣”魔法のものがたり”に行かれた際には、ぜひこの鍵にも注目してみてくださいね!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
美女と野獣
気まぐれまとめサイト