【スラムダンク】アニメで安西先生が倒れるのは何話?

【スラムダンク】アニメで安西先生が倒れるのは何話? スラムダンク

連載終了から24年経った今もなお根強い人気を誇る【スラムダンク】。

 

今年の初めには作者の井上雄彦から映画化が発表されて、さらなる盛り上がりを見せています。

 

 

そんな【スラムダンク】では数々の有名なシーンが存在しますが、”安西先生が倒れる”シーンは何話だったのかご存知でしょうか?

 

アニメだと何話で観られるのかも気になるところ。

 

 

ということで、今回は【スラムダンク】アニメで安西先生が倒れるのは何話なのかについて徹底調査してみました。

 

また、安西先生が倒れるシーンのあらすじもまとめました。

 

【スラムダンク】アニメで安西先生が倒れるのは何話?

https://twitter.com/game_waver/status/1375414599906779137?s=21

 

【スラムダンク】アニメで安西先生が倒れるのは、第65話〜第66話です。

 

 

 

陵南VS海南の試合を観戦していた桜木花道でしたが、それよりも練習すべきだと安西先生に特訓をつけてもらっていたところ、安西先生が倒れてしまうのでした。

 

 

 

ちなみに、原作漫画の安西先生が倒れるシーンが観られるのは種類によって巻数が異なるので注意が必要です。

 

  • 単行本は17巻
  • 完全版は13巻
  • 新装再編版は10巻

 

【スラムダンク】の漫画は、ジャンプで掲載されていたままをまとめたのが単行本唯一のA5版で細かい部分をリメイクして再編集されたのが完全版表紙が大きく改変されストーリーごとに巻が区切られているのが新装再編版であり、全3種類が展開されている。

 

【スラムダンク】アニメで安西先生が倒れるシーンのあらすじ

湘北バスケ部は全員で、陵南VS海南の試合を観戦していました。

 

神奈川の王者・海南を相手に、仙道彰と福田吉兆の活躍により前半はリードを奪った陵南でしたが、後半に入ると海南の底力に苦しめられます。

 

次第に点差を詰められ、5ファールで魚住純が退場になるなど、厳しい戦いを余儀なくされるのでした。

 

 

 

陵南VS海南の試合も残り5分を切った頃、会場にいるゴリ(赤木剛憲)の元へ緊急の連絡が入ります。

 

それは晴子からの電話で、安西先生が倒れたとのこと。

 

ゴリは木暮公延と彩子を連れて、安西先生の運ばれた病院へと急行します。

 

すると、そこには大粒の涙を浮かべる花道の姿がありました。

 

ゴリは花道に状況を尋ねますが、花道は何も答えずに逃げ出してしまったのです。

 

 

 

実は、安西先生が倒れた時に救急車を呼んだのは花道でした。

 

一足先に湘北に戻った花道がシュート練習を安西先生に見てもらっていたところ、安西先生が突然倒れたのです。

 

すぐさま起点を利かせた花道が救急車を呼び、病院に着くとゴリと安西先生の家族に電話をかけました。

 

花道の冷静な対処により、安西先生は大事に至らずに済みました。

 

 

 

この一連の花道の行動の裏には、彼の抱える辛い過去が関係していました。

 

それは、花道が中学生だった頃のこと。

 

喧嘩に明け暮れていた花道は、高校生4人を相手にしても動じないどころか、最も簡単に4人を倒してしまいます。

 

 

花道が家に帰ると、玄関前に倒れて苦しそうにする父の姿がありました。

 

慌てて家を飛び出た花道は、医者を呼ぶため近所にある病院へと急ぎます。

 

すると、目の前にさっき花道が倒した高校生が仲間を連れて現れ、あっという間に取り囲まれてしまいます。

 

花道が父親が倒れて一刻も争う事態だと必死に伝えても聞き入れてくれるわけもなく、思わぬ形で足止めを食らうことになってしまいました。

 

 

花道は今回の安西先生の件でそんな過去を思い出し、そっと涙を拭うのでした。

 

まとめ

 

さて今回は、【スラムダンク】アニメで安西先生が倒れるのは何話なのかについて詳しくまとめてみました。

 

 

  • 【スラムダンク】アニメで安西先生が倒れるのは何話なのかは、第65話〜第66話
  • 原作漫画で観られるのは、単行本は17巻完全版は13巻新装再編版は10巻

 

 

突然倒れた安西先生の命を救ったのは桜木花道でしたが、彼の辛い過去についても明らかになりました。

 

安西先生の病室の前で花道が涙を流していたのも、父の辛い記憶を思い出してのことだったと思うと胸が締め付けられます。

 

しかし、安西先生のことを救うことになった花道の咄嗟の判断力は素晴らしいですよね。

 

 

映画化が発表され、ますます盛り上がりを見せる【スラムダンク】から目が離せません!