【スラムダンク】アニメがひどいしつまらないと言われている理由5選!

【スラムダンク】アニメがひどいしつまらないと言われている理由5選! スラムダンク

ジャンプ黄金時代に絶大な人気を博した【スラムダンク】。

 

その人気は凄まじく、世の子供たちにバスケットボールブームを巻き起こしたほどでした。

 

 

そんなバスケットボール漫画の金字塔を打ち立てた【スラムダンク】ですが、アニメはひどいしつまらないとの声が多く上がっています。

 

原作漫画の評価がとても高い【スラムダンク】が、何故アニメではそのような評価を受けているのか、その理由についても気になりますよね。

 

 

ということで、今回は【スラムダンク】アニメがひどいしつまらないと言われている理由を徹底調査してみました。

 

アニメがひどいしつまらないと言われている理由を、5選に厳選してご紹介していきます!

 

【スラムダンク】アニメがひどいしつまらないと言われている理由5選

【スラムダンク】アニメがひどいしつまらないと言われている理由5選!

 

バスケ漫画の歴史を作った名作【スラムダンク】ですが、アニメがひどいしつまらないと言われているのは何故なのでしょうか。

 

【スラムダンク】のアニメがひどいし、つまらないと言われている理由を5つにまとめてみました。

 

 

  • 理由①アニメは絵のクオリティが低い
  • 理由②アニメーションが古く、躍動感に欠ける
  • 理由③序盤のストーリー展開が遅い
  • 理由④試合シーンにスピード感がない
  • 理由⑤山王戦がない

 

 

では、それぞれ詳しくご紹介していきましょう。

 

理由①アニメは作画のクオリティが低い

【スラムダンク】の作者である井上雄彦は画力が高いことで有名ですが、アニメではその画力の高さを再現できていません。

 

 

原作漫画も初期の作画はそこまで良くはありませんでしたが、それにしてもアニメの作画のクオリティの低さが目立ちます。

 

特に、シュートフォームや放たれたシュートの弾道に狂いが見られます。

 

 

【スラムダンク】は井上雄彦の画力が評価されている作品なだけに、アニメのこのクオリティの低さは残念だという評価に繋がっているようです。

 

理由②アニメーションが古く、躍動感に欠ける

【スラムダンク】のアニメは、話す時や応援シーンなどで同じカットが使われており、アニメの醍醐味である躍動感が欠けてしまっています。

 

【スラムダンク】のアニメが制作されたのは1993年と、今から28年も前の作品なので、当時の技術などを考えると仕方のないことでしょう。

 

 

 

しかし【スラムダンク】はバスケ漫画ということもあり、何よりもダイナミックな躍動感が求められるため、よりアニメーション技術の乏しさが目立ってしまいました。

 

そのため、画力の高い原作漫画の方が躍動感を感じられるというアニメとしては致命的な事態となり、アニメがつまらないと言われる理由へと繋がってしまいました。

 

理由③序盤のストーリー展開が遅い

バスケ漫画の【スラムダンク】ですが、序盤は喧嘩シーンや恋愛シーンが多く、バスケットボールに関する描写はほとんどありません。

 

桜木花道や三井寿がバスケットボールを始めるまでの描写が細かく描かれているのですが、アニメだとなかなか展開が進まないため、やや焦ったさを感じさせます。

 

そんなストーリー展開の遅さがストレスを感じさせてしまい、【スラムダンク】アニメがつまらないしひどいと言われる要因となっているようです。

 

理由④試合シーンにスピード感がない

バスケ漫画【スラムダンク】の1番の醍醐味である試合シーンですが、原作漫画のように流れるような試合展開を観ることはできません。

 

 

例えば、アニメの陵南戦では18話もの話数を割いているため、1話で少しずつしかストーリーが進まないのです。

 

これは、原作漫画の細かいセリフなどまで忠実に再現していたり、登場人物の過去を明らかにする回想シーンを含んでいるから。

 

 

 

しかし漫画のままをアニメにすると、試合中のあまりのセリフの多さに違和感を感じたり、突然の回想シーンにせっかくの試合のスピード感が失速してしまいます。

 

バスケ漫画ならではの流れるような試合展開を望んでいるのに、それをアニメで感じられないのは少し悲しいですよね。

 

理由⑤山王戦がない

【スラムダンク】の中でも1番の人気を誇る”山王戦”。

 

ところがアニメでは山王戦は描かれておらず、映像で観ることができないのです。

 

 

 

【スラムダンク】のアニメは、原作漫画22巻の第197話の神奈川県予選までで終わりを迎えています。

 

そのため山王戦をアニメで観ることはできず、原作漫画で山王戦の人気が高かっただけに、このアニメの終わり方は波紋を呼びました。

 

 

アニメで山王戦が描かれなかったのは残念ですが、いつか山王戦を映像で観られる日が来るといいですね!

 

まとめ

 

さて今回は、【スラムダンク】アニメがひどいし、つまらないと言われる理由についてまとめました。

 

 

【スラムダンク】アニメがひどいし、つまらないと言われる理由5選は、以下の通りです。

 

  • 理由①アニメは絵のクオリティが低い
  • 理由②アニメーションが古く、躍動感に欠ける
  • 理由③序盤のストーリー展開が遅い
  • 理由④試合シーンにスピード感がない
  • 理由⑤山王戦がない

 

こうして見てみると、アニメが制作された時代が古いための問題だったり、原作漫画を忠実に再現したことによっての問題がアニメが低評価を受ける理由へと繋がっていることがわかります。

 

時を経て、高い技術で観られるであろう【スラムダンク】の映画化がより楽しみになりますね!