【スラムダンク】の映画の時系列について!どの順番で観ればいい?

【スラムダンク】の映画の時系列について!どの順番で観ればいい? スラムダンク

2021年現在、新作映画の製作が行われている【スラムダンク】ですが、これまでにも複数の映画が公開されています。

 

主に、原作漫画やアニメでは紹介しきれなかった部分が映画化されているうえ、40分前後と短いので気軽に観れるのも魅力的です。

 

しかし、タイトルだけで映画の時系列を判断するのは難しく、一体どんな順番で観ればいいのか分からないですよね。

 

 

ということで、今回は【スラムダンク】の映画の時系列について、どの順番で観ればいいのか徹底解説していきます。

 

スラムダンクの映画の時系列について

https://twitter.com/w00040/status/1348965254202490889?s=21

 

【スラムダンク】の映画は、全4作品あります。

 

 

これまでに公開された映画は、以下の通りです。

 

  • 1作目:【スラムダンク 劇場版】(1994年)
  • 2作目:【スラムダンク 全国制覇だ!桜木花道】(1994年)
  • 3作目:【スラムダンク 湘北最大の危機!燃えろ桜木花道】(1995年)
  • 4作目:【スラムダンク 吠えろバスケット魂!!花道と流川の熱き夏】(1995年)

 

 

では、それぞれ詳しくご紹介していきましょう。

 

1作目:スラムダンク 劇場版

【スラムダンク 劇場版】の時系列は、アニメ第19話以降となっています。

 

アニメ第13話〜第19話で、湘北VS陵南の練習試合が描かれており、その直後に行われた湘北VS武園学園の練習試合を描いたのが、【スラムダンク 劇場版】です。

 

 

武園学園との練習試合にやって来た湘北の桜木花道は、中学校の同級生で告白して振られた相手でもある島村葉子との再会を果たします。

 

2人は久々の再会から会話に花を咲かせていると、島村葉子の恋人の小田竜政が話を割って入ってきました。

 

不良だった花道がバスケをやっていることが気に食わないようで、花道をバカにした発言を繰り返します。

 

ところが、いざ試合が始まると真摯にバスケに取り組む花道の姿を見た小田竜政は、自身が忘れかけていたものを思い出すのでした。

 

 

【スラムダンク 劇場版】では、武園学園戦の勝敗については明らかとなっていないものの、原作漫画とアニメでは湘北の勝利が判明している。

 

2作目:スラムダンク 全国制覇だ!桜木花道

【スラムダンク 全国制覇だ!桜木花道】の時系列は、アニメ第36話途中からとなっています。

 

原作漫画やアニメでは書ききれなかった試合である、インターハイ地区予選4戦目の湘北VS津久武高校を描いたのが【スラムダンク 全国制覇だ!桜木花道】です。

 

 

桜木花道たち湘北高校は、インターハイ予選でベスト16に進出を果たします。

 

次の対戦相手は、ゴリ(赤木剛憲)の中学校時代のバスケ部のチームメイトだった伍代友和と、安西先生の大学監督時代の教え子である川崎一美が属する津久武高校。

 

3試合連続無得点で退場となっている桜木花道は、津久武高校戦こそは活躍してみせると意気込んでいました。

 

そんな中、花道の前に津久武高校のルーキー南郷洸一郎が現れます。

 

赤木晴子に一目惚れした南郷洸一郎と花道は、彼女との交際を賭けて争うことになり……。

 

3作目:スラムダンク 湘北最大の危機!燃えろ桜木花道!

【スラムダンク 湘北最大の危機!燃えろ桜木花道!】の時系列は、アニメ第60話〜第62話以降となっています。

 

アニメ第59話で、海南大附属高校に敗れた湘北が緑風高校との練習試合を行うストーリーを描いたのが、【スラムダンク 湘北最大の危機!燃えろ桜木花道!】です。

 

 

安西監督は、海南戦での出来事を引きずる湘北バスケ部のメンバーの様子を受けて、新たな刺激を与えるべく緑風高校からの練習試合を快諾しました。

 

緑風高校のバスケ部は、お金を使って全国からトップ選手を集めた新設チーム。

 

一方、湘北は海南戦での負傷からゴリ(赤木剛憲)は欠場、木暮公延がキャプテンを務めます。

 

チームの大黒柱を欠いた湘北は、バスケ留学生や中学の全国大会出場者などが集まる緑風高校に序盤から点差をつけられてしまいます。

 

それでも木暮の体を張ったプレーによって勢いを取り戻した湘北でしたが、そんな矢先に木暮はあるトラブルに見舞われてしまうのでした。

 

 

桜木花道の坊主姿が見られるのは、この映画3作目である【スラムダンク 湘北最大の危機!燃えろ桜木花道】からとなっている。

 

4作目:スラムダンク 吠えろバスケットマン魂!!花道と流川の熱き夏

【スラムダンク 吠えろバスケットマン魂!!花道と流川の熱き夏】の時系列は、アニメ第86話以降となっています。

 

インターハイ予選終了後から本選の間に行われた、流川楓の後輩の水沢イチローの夢を叶えるための練習試合が描かれたのが、【スラムダンク 吠えろバスケットマン魂!!花道と流川の熱き夏】です。

 

【スラムダンク】のアニメでは、インターハイ予選は第84話で終了している。

 

 

本選を控えてさらなる練習を重ねる湘北バスケ部の元に、流川の中学時代の後輩である水沢イチローから「最後に流川先輩と試合がしたい」とのオファーがありました。

 

湘北バスケ部はインターハイ前の大事な時期であることから1度は断るものの、水沢イチローが膝の病気によってバスケを辞めることを余儀なくされていたことを知ると、彼の願いを叶えるべく紅白戦を行うことに。

 

流川はもちろんのこと、桜木花道、ゴリ(赤木剛憲)、三井寿、宮城リョータら湘北メンバーも勢揃いでの試合となりました。

 

当初は流川と同じ白組だった水沢イチローですが、試合直前に流川が「中坊とはやりたくない」と冷たく突き放したため、流川とは敵チームとして戦うことになりました。

 

それでも水沢イチローは中学生とは思えぬハイレベルなプレーで健闘しましたが、試合終盤になると膝の激痛に襲われて倒れ込んでしまいます。

 

そんな水沢イチローに対し、流川が告げた一言とは……。

 

スラムダンクの映画はどの順番で観ればいい?

 

【スラムダンク】の映画だけを観るのであれば、どの順番から観ても問題ありません。

 

それというのも、【スラムダンク】の映画はオリジナルストーリーとなっているため、どの順番で観ても特に違和感は感じないでしょう。

 

しかし、公開順で観ていくと、主人公の桜木花道の成長をより感じることができます。

 

劇場版 対戦相手 時系列
1作目:【スラムダンク 劇場版】 武園学園高校 第19話以降
2作目:【スラムダンク 全国制覇だ!桜木花道】 津久武高校 第36話の途中
3作目:【スラムダンク 湘北最大の危機!燃えろ桜木花道】 緑風高校 第60話〜62話以降
4作目:【スラムダンク 吠えろバスケットマン魂!!花道と流川の熱き夏】 水沢イチロー練習試合 第86話以降

 

 

 

そのうえで、映画の前後のアニメを観ておくとストーリーの背景がよくわかるため、さらに楽しむことができます。

 

アニメを加えた場合の【スラムダンク】を観る順番は、以下の通りです。

 

種類 タイトル 話数
アニメ 【スラムダンク】 第1話〜第19話
映画 【スラムダンク 劇場版】(1994年)
アニメ 【スラムダンク】 第20話〜第36話
映画 【スラムダンク 全国制覇だ!桜木花道】(1994年)
アニメ 【スラムダンク】 第37話〜第62話
映画 【スラムダンク 湘北最大の危機!燃えろ桜木花道】(1995年)
アニメ 【スラムダンク】 第63話〜第86話
映画 【スラムダンク 吠えろバスケットマン魂!!花道と流川の熱き夏】(1995年)
アニメ 【スラムダンク】 第87話〜第101話

 

まとめ

 

さて今回は、【スラムダンク】の映画の時系列、どの順番で観ればいいのかについて詳しくまとめてみました。

 

 

【スラムダンク】の映画の時系列は、公開順のままとなっています。

 

  • 1作目:【スラムダンク 劇場版】(1994年)
  • 2作目:【スラムダンク 全国制覇だ!桜木花道】(1994年)
  • 3作目:【スラムダンク 湘北最大の危機!燃えろ桜木花道】(1995年)
  • 4作目:【スラムダンク 吠えろバスケット魂!!花道と流川の熱き夏】(1995年)

 

【スラムダンク】の映画は全てオリジナルストーリーとなっているうえ、普段あまり描かれないキャラクターの心情なども知ることができるので、是非チェックしておきたいですね!