アラジンの実写は歌詞が違うのはなぜ?その理由について解説!

アラジンの実写は歌詞が違うのはなぜ?その理由について解説! 映画

ディズニー人気アニメ、アラジン。

 

実写化されて話題になりましたね。

 

実写を見た方なら疑問に思ったかもしれませんが、実は実写の日本語の歌詞が、オリジナルアニメと違うのです。

なぜでしょうか?

理由を知りたいですよね。

 

今回は「アラジンの実写は歌詞が違うのはなぜ?その理由について解説!」と題して、まとめていきます。

 

アラジンの実写は歌詞が違うのはなぜ?その理由について解説!

 

アラジン実写版の日本語歌詞ですが、オリジナルと違うのはなぜなのでしょうか?

 

調査したところ・・・

 

なぜ違うのか理由は明かされていないことが分かりました。

残念です。

 

しかし、諸説はいくつかあるようで、それがこちらです。

 

  • 理由①俳優の口の動きに歌詞を合わせるため
  • 理由②アニメと差別化するため
  • 理由③監督の考え

 

それぞれ詳しく紹介していきます。

 

①俳優の口の動きに歌詞を合わせたかったため

 

アラジン実写版の歌詞が違う理由として、1つ目に挙げられるのが

 

俳優の口の動きに歌詞を合わせたかった

 

という理由です。

 

しかし、この理由はあまり信憑性がないように思えます。

そもそも英語の歌詞も違うため、日本語訳もそれに合わせて変えるのが自然な流れだと思います。

 

もし英語の歌詞はオリジナルアニメと同じで、日本語訳の時だけ歌詞が違うならば、この理由は当てはまるかと考えられます。

しかし、今回は原作となる英語の歌詞から違うということで、俳優の口の動きに歌詞を合わせたかったという理由は、あまり考えられないのではないでしょうか?

 

②アニメと差別化するため

 

続いて、アラジン実写版の歌詞が違う理由として、2つ目に挙げられるのが

 

アニメと差別化するため

 

という理由です。

 

オリジナルアニメが公開されたのが1992年であり、実写版が公開されたのが2019年です。

およそ30年近く経ってからの実写化ということで、あえて実写のオリジナル性を出したかったのだと考えられます。

 

たしかに、原作のアニメ通りそのまま実写化したとしても面白いですが、実写ならではのオリジナル性を出した方が、更に面白いと考えたのかもしれません。

 

③監督の考え

 

最後に、アラジン実写版の歌詞が違う理由として、3つ目に挙げられるのが

 

監督の考え

 

という理由です。

 

理由②と少し被ってしまいますが、監督が実写版にオリジナルの色を付け加えたいと考えたためだと思われます。

 

楽曲制作には、あのアラン・メンケンが携わっています。

どうやら彼は、監督からアレンジを加えて欲しいとリクエストされたようです。

 

このことからもアラジンの実写では、監督の考えがかなり全面に押し出されたような映画となったと考えられます。

 

まとめ

 

以上、「アラジンの実写は歌詞が違うのはなぜ?その理由について解説!」と題してまとめましたが、いかがでしょうか?

 

最後におさらいしますと、アラジンの実写は歌詞が違う理由は公表されておりません!

 

その理由についていくつか諸説があり、この3つの理由が挙げられます。

 

  • 理由①俳優の口の動きに歌詞を合わせるため
  • 理由②アニメと差別化するため
  • 理由③監督の考え

 

私は理由②と③が、歌詞が違う理由として濃厚ではないかと考えます。

 

あなたはどう思いますか?