【有吉の壁】コナンの吹き替えは何話?一体どこのシーン?

【有吉の壁】コナンの吹き替えは何話?一体どこのシーン? 有吉の壁

人気バラエティ番組”有吉の壁”ですが、以前アフレコの大喜利選手権にて、コナンの吹き替えが行われました。

 

そこで気になるのが、このコナンの吹き替えは何話なのでしょうか?

一体どこのシーンなのか気になりますよね。

 

今回は「【有吉の壁】コナンの吹き替えは何話?一体どこのシーン?」と題してまとめていきます。

 

【有吉の壁】コナンの吹き替えは何話?

 

有吉の壁にて、コナンの吹き替えとなったのは何話だったのでしょうか?

 

調査したところ・・・

 

映画『瞳の中の暗殺者

 

であることが分かりました!

アニメの話ではなく、映画のシーンだったんですね。

 

【有吉の壁】コナンの吹き替えのシーンはどこ?

 

続いてコナンの吹き替えのシーンについてですが、

 

欄が意識を失って病院に運ばれ、記憶喪失が発覚したシーン

 

になります!

 

結構重い話のシーンだったようです。

このシーンを笑いに変えた芸人さんたちは、やっぱりお笑いのプロですよね♪

 

まとめ

 

以上、「【有吉の壁】コナンの吹き替えは何話?一体どこのシーン?」と題してまとめましたがいかがだったでしょうか?

 

おさらいしますと、有吉の壁で放送されたコナンの吹き替えは

 

映画『瞳の中の暗殺者

 

のシーンであり、具体的には

 

欄が意識を失って病院に運ばれ、記憶喪失が発覚したシーン

 

ということが分かりましたね!