ホームランダービーで背番号が44なのはなぜ?その理由が深い!

ホームランダービーで背番号が44なのはなぜ?その理由が深い!MLB

MLBでホームランダービーが行われました。

 

そこで気になったのが、出場選手が全員背番号44だということです。

大谷翔平選手の背番号は17番ですが、ホームランダービーでは44でした。

なぜ背番号が44番で統一されているのでしょうか?

その理由が気になりますよね

 

今回は「ホームランダービーで背番号が44なのはなぜ?その理由が深い!」と題してまとめていきます。

 

ホームランダービーで背番号が44なのはなぜ?その理由が深い!

 

2021年MLBで行われたホームランダービーですが、出場選手が全員背番号44でした。

一体なぜ44番なのでしょうか?

 

調査したところ・・・

 

MLBで永久欠番であるハンク・アーロン選手が今年亡くなっており、彼に敬意を表して彼の背番号である44番に合わせた

 

という理由により、背番号が44番に統一されているのです。

理由が深いですね。

 

まとめ

 

以上、「ホームランダービーで背番号が44なのはなぜ?その理由が深い!」と題してまとめましたがいかがだったでしょうか?

 

ホームランダービー出場選手が全員背番号44の理由については

 

MLBで永久欠番であるハンク・アーロン選手が今年亡くなっており、彼に敬意を表して彼の背番号である44番に合わせた

 

という理由でしたね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
MLB
気まぐれまとめサイト