OMEGA(オメガ)の東京オリンピックのCMのロケ地はどこ?

OMEGA(オメガ)の東京オリンピックのCMのロケ地はどこ?オリンピック

オメガの東京オリンピックのCMが公開され、話題になっています。

 

日本の各地が使用されているようですが、ロケ地はどこなのでしょうか?

気になりますよね。

 

今回はオメガの東京オリンピック2020のCMのロケ地はどこなのか、調査しました。

 

オメガの東京オリンピック2020のCMのロケ地はどこ?

 

こちらがオメガの東京オリンピック2020のCMになります。

オメガ・オリンピック・日本が上手く掛け合わせられており、素晴らしいCMですよね。

 

そしてロケ地が気になります。

多くのシーンがあるので、ロケ地が関わるシーンを1つずつ見ていきましょう。

 

0:02〜塔と飛び込み台

 

特徴的な塔と飛び込み台が映っているシーンです。

 

この塔は五重塔だと思われます。

五重塔がある場所がロケ地だと考えられますが、なんと五重塔は日本各地に存在し、22ヶ所もあるのです。

 

有名な場所を挙げるとするならば

  • 京都
  • 奈良
  • 東京

などが挙げられます。

このCMだけでは断定は厳しいですね。

 

ちなみに奈良県の法隆寺にある五重塔は、世界最古の木造建築です。

そのため、法隆寺の五重塔が使われた可能性がありますね。

しかし一方で、オリンピックの開催地・東京にある五重塔の可能性も考えられます。

 

0:04〜富士山と競泳

 

富士山と競泳のシーンです。

 

こちらのロケ地は、静岡県の大淵笹場であると思われます。

 

 

富士山を背景に、広大な茶畑が広がっているのが大淵笹場です。

CMのアングルとは少し異なりますが、ほとんど同じなので間違いないのではないでしょうか?

 

0:07〜文字盤の凹凸と枯山水

 

時計の文字盤の凹凸と枯山水のシーンです。

 

こちらのシーンのロケ地は、京都府の東福寺庭園”八相の庭”の南庭であると思われます。

 

 

木が一本植えてあり、特徴的な築山があるところから、ここで間違いないと思います。

 

ちなみに、時計の文字盤の凹凸はスネイルと言います。

 

0:08〜竹林と時計

 

竹林で舞妓さんが傘を回しているシーンです。

 

こちらは竹林×舞妓さんということから、ロケ地は京都だと考えられます。

このシーンだけでは詳しい場所は特定できませんが、恐らく嵐山の竹林のどこかなのではないでしょうか?

 

 

竹林はかなり広い範囲に渡っているので、詳しい場所は分からなそうですね。

 

0:12〜田んぼと100m走

 

田んぼと100m走のスタート前のシーンです。

 

こちらのロケ地の特定はほぼ不可能ですね。

田んぼのアップシーンなので、風景は全く見えません。

全国各地に田んぼはあるので、このシーンのロケ地は分かりませんね。

 

0:15〜競泳と富士山

 

競泳のスタート直前と富士山のシーンです。

 

こちらのロケ地は、河口湖の長崎トンネル横の側道です。

 

 

富士山と河口湖、そして桜を同時に撮影できるスポットで有名です。

こちらの絶景サイトでも取り上げられています。

ZEKKEI Japan

 

竹林と棒高跳び

以下調査中です。

 

秒針とゴルフ

 

ゴルフボールと提灯

 

競泳の飛び込みと新幹線

 

鳥居と平均台

 

棒高跳びと花火

 

風景(舞妓さん)とゴルフ

 

競泳と提灯

 

新体操のリボンと鳥居

 

時計と竹林

 

まとめ

 

 

以上、オメガの東京オリンピック2020のCMのロケ地はどこなのか、調査しましたがいかがだったでしょうか?

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
オリンピック
気まぐれまとめサイト