ゴン攻めが流行語大賞に?一体どういう意味なのか徹底解説!

ゴン攻めとはどういう意味?2021年の流行語大賞にノミネートか?東京オリンピック

東京オリンピック新競技であるスケートボードの解説にて、

 

「ゴン攻め」

 

という解説が入り、トレンドになっていますね。

一体「ゴン攻め」とはどういった意味なのでしょうか?

 

一部では2021年の流行語大賞にノミネートされるのでは、という声もあります笑

 

今回は「ゴン攻めが流行語大賞に?一体どういう意味なのか徹底解説!」と題してまとめていきます。

 

スポンサーリンク

ゴン攻めとはどういう意味?

 

東京オリンピックの新競技であるスケートボードが開催され、その時の解説中に

 

「ゴン攻め」

 

という言葉使われましたが、「ゴン攻め」とはどういう意味なのでしょうか?

 

その意味について、解説者の瀬尻凌さんがインタビューに答えています。

 

「ゴン攻め」は、でかいハンドレール(手すり)やステア(階段)とか、トライするのも怖いようなセクション(障害物)でがんがん攻めてるって意味です。

引用元:Yahooニュース

 

簡単に言うと、

 

かなり積極的に攻めている

 

という事ですね。

すこしアバウトな意味になってしまいますが、おそらくそういった意味だと考えられますね。

 

ゴン攻めが使用された時

 

この「ゴン攻め」が使用された時、どのように使われたのか紹介します。

 

2021年7月26日、女子スケートボードの解説中に使用されました。

実況アナウンサーと、スケートボードの解説者の2人で解説を行っていました。

 

ロース・シェウェツルート選手が綺麗な技を決めている最中に

 

スケボ解説者:「練習も1人だけゴン攻めしてて〜」

実況アナ:「ゴン攻めとは?」

スケボ解説者:「攻めてるってことです」

 

このようなやりとりが行われました。

スケボ解説者である瀬尻さんが「ゴン攻め」を使い、実況アナがそれに対して「ゴン攻め」の意味を聞くというシーンです。

 

瀬尻さんが答えたように、「ゴン攻め」の意味は「攻めてる」ということであり、特別な意味はないようですね。

 

まとめ

 

以上、「ゴン攻めが流行語大賞に?一体どういう意味なのか徹底解説!」と題してまとめましたがいかがだったでしょうか?

 

「ゴン攻め」の意味は

 

かなり積極的に攻めている

 

とうい意味だと考えられることが分かりましたね。

 

スケートボード解説者である瀬尻さんはユニークな解説なので、今後も新しいワードが出てくるかもしれませんね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
東京オリンピック
気まぐれまとめサイト