オリンピックのスケボーは服装指定なし?パンツなど規定はある?

東京オリンピックのスケートボードの服装は指定なし?規定はあるの?東京オリンピック

東京オリンピックで新競技となった、スケートボード。

 

そこで気になるのがスケートボード選手の服装です。

色んな服装で出場しているので、

「スケボーの服装は指定なし?」

との声が多くあります。

 

規定はあるのでしょうか?

 

今回は「東京オリンピックのスケートボードの服装は指定なし?規定はあるの?」と題してまとめていきます。

 

スポンサーリンク

オリンピックのスケボーは服装指定なし?パンツなど規定はある?

 

東京オリンピックの新競技であるスケートボード、服装は指定なしなのでしょうか?

規定はあるのでしょうか?

 

調査したところ・・・

 

明確な表記がありませんでした。

 

ということは、服装の指定はなしで自由ということなのでしょうかね?

 

詳しい情報が入り次第追記します。

 

オリンピックのスケボーは服装指定なし?パンツなど規定はあるのか考察

 

確かに選手それぞれかなり異なった服装で出場していますので、服装は自由なのかなと思います。

 

しかしよく見ると、国によってトップスが揃っているのが伺えます。

ということはトップスは国で決まっているのではないでしょうか?

 

ただ日本選手を見てみると、西村選手はボタンのシャツで、西矢選手と中山選手はTシャツでしたね。

 

国によって服装は決まっているが、いくつがデザインがあるのではないかと考えられます。

 

また、パンツは個人で異なるように見えます。

 

  • 短パン
  • 長ズボン
  • レギンス

 

など、パンツは各々色んな服装です。

 

これらのことから

 

  • 服装の指定はないが、国によってトップスが決まっている
    →デザインがいくつかある
  • パンツは各々自由

 

これらのことが考えられます。

 

 

まとめ

 

以上、「東京オリンピックのスケートボードの服装は指定なし?規定はあるの?」と題してまとめましたがいかがだったでしょうか?

 

調査した結果、公式的に服装の明記はありませんでした。

 

しかし、実際に選手たちの服装を見る限り、このようなことが考えられます。

 

  • 服装の指定はないが、国によってトップスが決まっている
    →デザインがいくつかある
  • パンツは各々自由

 

スケートボードはファッションも含めて、”スケートボード”です。

 

そのためオリンピックという場ではありますが、他の競技と比べたら比較的自由な服装に近いのだと考えられます。

男子スケートボードではイヤホンをしている選手が沢山いましたし、自由な感じが逆に見ていて気持ちいいですよね!

 

 

また、ヘルメットの着用義務についてはこちらでまとめています!

>>【東京オリンピック】スケートボードのヘルメットのありなしについて!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
東京オリンピック
気まぐれまとめサイト