加納虹輝の年収はいくら?フェンシング界の相場はどのくらい?

加納虹輝の年収はいくら?フェンシング界の相場はどのくらい?フェンシング

フェンシング日本代表の加納虹輝(かのう こうき)選手が話題ですが、年収はいくらぐらいなのでしょうか?

 

またフェンシング界の相場はどのくらいなのでしょう?

 

今回は「加納虹輝(かのう こうき)の年収はいくら?フェンシング界の相場はどのくらい?」と題してまとめていきます。

 

スポンサーリンク

加納虹輝(かのう こうき)の年収はいくら?

 

加納虹輝(かのう こうき)選手の年収はいくらなのでしょうか?

調査したところ・・・

 

詳しい情報がありませんでした。

 

そこで予想をしてみましょう。

 

加納虹輝(かのう こうき)の年収はいくらなのか予想

 

加納虹輝(かのう こうき)選手の年収は公表されていないので、予想してみましょう。

まず予想の結論としては

 

約500万円と予想します!

 

予想理由について詳しく説明していきます。

 

加納虹輝(かのう こうき)の年収はいくらなのか予想①

 

まず加納虹輝(かのう こうき)選手はプロ選手ではなく、JALのアスリート社員になります。

スポンサーではなく社員なので、JALからお給料をもらっている形になります。

 

加納虹輝(かのう こうき)選手は2020年4月1日に、JALに入社しています。

つまり2021年現在は2年目ということですね。

そして年齢は23歳であり、12月で24歳になります。

 

また、JALの20歳〜24歳の平均年収が322万円と言われています。

 

加納虹輝(かのう こうき)選手は24歳の年なので、350万円程度はもらえていると考えられます。

 

加納虹輝(かのう こうき)の年収はいくらなのか予想②

 

加納虹輝(かのう こうき)選手は通常の社員と異なり、アスリート社員としてJALに入社しています。

 

アスリート社員はアスリート手当という手当がもらえます。

しかしこの手当がどのくらいもらえるのかは、企業によって全く異なります。

 

加納虹輝(かのう こうき)選手は大学時代から世界で活躍していたことから、アスリート手当はしっかりもらえているのではないでしょうか?

少なく見積もって、月に5万円くらいはもらえていると予想します。

 

つまり5万円×12ヶ月=年間60万円

 

アスリート手当は年間約60万円と予想しました。

 

加納虹輝(かのう こうき)の年収はいくらなのか予想③

 

フェンシングの大会は賞金があまり出ないスポーツです。

優勝しても50万円前後だそうです。

 

そのような中、加納虹輝(かのう こうき)選手は大学時代から世界で活躍しており、2019年のワールドカップでは優勝しています。

 

他にも色んな大会があるため、年間でおよそ100万円はフェンシングの賞金を獲得しているのではないでしょうか?

 

加納虹輝(かのう こうき)の年収はいくらなのか予想まとめ

 

予想①〜③により、加納虹輝選手の年収は

 

約500万円

 

と予想します。

しかしこれはあくまでも予想であり、全く異なるかもしれません。

 

また、東京オリンピックの活躍により、さらに年収がアップする可能性もありますしね!

 

フェンシングのプロの年収は?

 

現在、フェンシングのプロはそもそも国内に1名しかいません。

 

江村美咲選手という選手なのですが、プロに転向したのも2021年4月でありつい最近です。

したがって、まだフェンシングのプロの年収は全くの未知数ということになります。

 

しかしまだまだスポンサーが少なく、大金を稼ぐのは大変だと考えられますね。

 

 

まとめ

 

以上、「加納虹輝(かのう こうき)の年収はいくら?フェンシング界の相場はどのくらい?」と題してまとめましたがいかがだったでしょうか?

 

年収はいくらなのか公表されていませんでしたが、予想としては

 

約500万円

 

と予想しました。

 

また、フェンシングのプロの年収は全くの未知数であることが分かりましたね。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
フェンシング
気まぐれまとめサイト