東京オリンピック閉会式2021のパフォーマンスがつまらないし微妙?

東京オリンピック閉会式2021のパフォーマンスがつまらないし微妙?東京オリンピック

2021年開催となった東京オリンピック2020ですが、ついに閉会式となりました。

 

素晴らしいパフォーマンスが行われましたが、残念ながらつまらないし微妙と言われてしまっているのも事実です。

その理由は何でしょうか?

 

今回は2021年開催となった東京オリンピック2020の閉会式のパフォーマンスが、つまらないし微妙と言われてしまっている理由についてまとめました。

 

スポンサーリンク

東京オリンピック閉会式2021のパフォーマンスがつまらないし微妙?その理由は?

 

2021年開催となった東京オリンピック2020の閉会式のパフォーマンスが、つまらないし微妙と言われてしまっている理由は、こちらの理由だと考えられます。

 

  • 理由①日本らしさがない
  • 理由②コンセプトがよくわからない
  • 理由③ダンスばかり

 

理由①日本らしさがない

 

東京オリンピックの閉会式がつまらないし微妙と言われる理由1つ目として、日本らしさがないことが挙げられます。

 

後半はかなり日本らしさを出した演出でしたが、前半は確かに日本的なパフォーマンスはなかったように思えます。

最初から日本的な魅力を全面に押し出したパフォーマンスだったらよかったかもしれませんね!

 

理由②コンセプトがよくわからない

 

東京オリンピックの閉会式がつまらないし微妙と言われる理由2つ目として、コンセプトがよく分からないことが挙げられます。

 

特に前半のパフォーマンスで、そのような印象を抱く人が多かったように思われます。

特にこれと言った主軸となるコンセプトが存在せず、とりあえず色んなパフォーマンスを見せる、といった感じになってしまっていたように感じますね。

 

理由③ダンスばかり

 

東京オリンピックの閉会式がつまらないし微妙と言われる理由3つ目として、ダンスばかりであることが挙げられます。

 

ダンスはもちろん魅力的なのですが、あまり長い尺を使ってダンスを披露してしまうとどうしても慣れてしまい、飽きられてしまうことが多いですね。

 

 

まとめ

 

以上、2021年開催となった東京オリンピック2020の閉会式のパフォーマンスが、つまらないし微妙と言われてしまっている理由についてまとめましたがいかがだったでしょうか?

 

 

  • 理由①日本らしさがない
  • 理由②コンセプトがよくわからない
  • 理由③ダンスばかり

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
東京オリンピック
気まぐれまとめサイト