東京パラリンピック開会式がつまらないしくだらないと言われる理由!

東京パラリンピック開会式がつまらないしくだらないと言われる理由!東京パラリンピック

2021年開催となった東京パラリンピック2020ですが、ついに開会式が開催されました。

 

しかし一部では、つまらない・くだらない、などと残念な声が挙がっているのも事実です。

なぜそのように言われているのか、理由が気になりますね。

 

今回は「東京パラリンピック開会式がつまらないしくだらないと言われる理由!評判や口コミ調査」と題してまとめていきます。

 

スポンサーリンク

東京パラリンピック開会式がつまらないしくだらないと言われる理由

 

東京パラリンピック開会式について、つまらないしくだらないと言われてしまっているのですが、その理由について考えられるのは以下の通りです。

 

  • 理由①演出がつまらない
  • 理由②パフォーマーをたくさん出してごまかしている
  • 理由③芝居のセンスがなくて学芸会レベル

 

それぞれ詳しく解説します。

 

理由①演出がつまらない

 

東京パラリンピック開会式について、つまらないしくだらないと言われてしまっている理由1つ目として、演出がつまらない、ということが挙げられます。

 

また、片翼の飛行機という演出に対して、

 

  • 欠陥品だと言わんばかり
  • 構造上飛ぶことは不可能
  • 喩えが悪すぎる

 

このような声が挙がっています。

 

 

理由②パフォーマーをたくさん出してごまかしている

 

東京パラリンピック開会式について、つまらないしくだらないと言われてしまっている理由2つ目として、パフォーマーをたくさん出してごまかしている、ということが挙げられます。

 

たしかにオリンピックの開会式と比べて、パフォーマーの人数が多かったような気がします。

広い競技場に対して数名でパフォーマンスを行うよりも、人を多くした方が豪華で華やかだという考えなのでしょうか?

 

その結果、ただ人数を増やしているだけでごまかしているレベル、というような印象を与えてしまっているようです。

 

理由③芝居のセンスがなくて学芸会レベル

 

東京パラリンピック開会式について、つまらないしくだらないと言われてしまっている理由3つ目として、芝居のセンスがなくて学芸会レベル、ということが挙げられます。

 

オリンピックの開会式同様、芝居のセンスがないと言われているようです。

アナウンサーの解説がないと分からないような表現があったり、やや幼稚な演出があったりしたことで、そのような印象を与えてしまっているみたいですね。

 

まとめ

 

以上、「東京パラリンピック開会式がつまらないしくだらないと言われる理由!評判や口コミ調査」と題してまとめましたがいかがだったでしょうか?

 

最後にまとめます。

 

  • 理由①演出がつまらない
  • 理由②パフォーマーをたくさん出してごまかしている
  • 理由③芝居のセンスがなくて学芸会レベル

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
東京パラリンピック
気まぐれまとめサイト