アメリカの11番は誰?東京パラリンピック2020車椅子バスケ!

アメリカの11番は誰?東京パラリンピック2020車椅子バスケ!東京パラリンピック

2021年開催となった、東京パラリンピック2020。

 

パラリンピックの車椅子バスケにおいて、アメリカの11番の選手が凄すぎると話題です。

一体アメリカの11番の選手は誰なのでしょうか?

 

今回はパラリンピック車椅子バスケにおいて、アメリカの11番の選手は誰なのか紹介します。

 

スポンサーリンク

アメリカの11番は誰?パラリンピック2020車椅子バスケ!

 

 

東京パラリンピック2020、車椅子バスケは大盛りあがりでした。

見事金メダルを獲得したアメリカですが、そのアメリカの中心選手で最も目立っていた11番の選手は誰なのでしょうか?

 

そのアメリカの11番の選手の名前は・・・

 

セリオ・スティーブ

 

という選手です。

 

 

セリオ・スティーブのプロフィール

 

  • 名前:セリ・スティーブ
  • 生年月日:1987年9月8日
  • 年齢:33歳
  • 出身地:ニューヨーク州ニューヨーク
  • クラス:3.5
  • 背番号:11

 

上半身はガッチリ体型で、凄い体格をしています。

年齢は33歳であり、ベテラン選手ですね。

 

セリオ・スティーブのパラリンピック成績

 

パラリンピックには北京から出場しており、成績は以下の通りです。

 

  • 北京パラリンピック2008:4位
  • ロンドンパラリンピック2012:銅
  • リオデジャネイロパラリンピック2016:金
  • 東京パラリンピック2020:金

 

4大会連続出場という、アメリカはかなり有名な選手です。

 

まとめ

 

以上、パラリンピック車椅子バスケにおいて、アメリカの11番の選手は誰なのか紹介しましたがいかがだったでしょうか?

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
東京パラリンピック
気まぐれまとめサイト