ソアリンで滝が登場したのはどこの国?詳しい場所を解説!

ソアリンで滝が登場したのはどこの国?詳しい場所を解説!ソアリン

東京ディズニーシーの、メディテレーニアンハーバーにあるアトラクション「ソアリン:ファンタスティック・フライト」

 

さて、そんなソアリンの旅では大きな滝が目下に広がり、その光景は圧巻の一言

素晴らしい音楽も相まってこのシーンに感動した人も多いのではないでしょうか?

 

しかしこの壮大な滝、どこの国なのかと、詳しい場所が知りたいですよね。

 

というわけで今回は、ソアリンで登場した滝がある国はどこなのか、詳しい場所について解説させていただきます!

 

ソアリンで滝が登場したのはどこの国?詳しい場所を解説

 

ソアリンで滝が登場した国と場所はこちらになります。

 

  • 国:アルゼンチン・ブラジル
  • 場所:イグアスの滝

 

これから詳しく紹介します!

 

ソアリンで滝が登場した国の詳細

 

ソアリンで滝が登場した国は

 

アルゼンチン・ブラジル

 

です!

アルゼンチンはサッカー、ブラジルはサンバで有名な南米大陸にある国で、一度は行ってみたい場所ですよね。

 

しかし1つの滝に対してなぜ2つの国が上がるのか疑問に思ったのではないでしょうか?

その理由を次で詳しく解説します。

 

ソアリンで滝が登場した場所の詳細

 

ソアリンの登場した滝は

 

イグアナの滝

 

と呼ばれるアルゼンチン、ブラジルの国境をまたがる世界最大の滝です。

滝幅2700m、落差最大82mであり、別名「悪魔の喉笛」と呼ばれています。

 

 

SNSではナイアガラの滝と思っている方がいましたが、滝幅、落差ともにイグアスの滝が勝っています。

その差はフランクリン・ルーズベルト大統領の妻、エレノア・ルーズベルトがイグアスの滝を訪れた際「My poor Niagara… (かわいそうなナイアガラ…)」と言った話に象徴されています。

 

ソアリンで滝が登場するのは何番目?

 

ソアリンでは、いくつもの世界の国々の名所を巡っていきます。

イグアスの滝は何番目に登場するのでしょうか?

 

ここで、ドリームフライヤーで訪れる場所を見てみましょう。

 

(1) マッターホルン(スイス・イタリア)
(2) グリーンランド(デンマーク)
(3) シドニー(オーストラリア)
(4) ノイシュヴァンシュタイン城(ドイツ)
(5) サバンナ(タンザニア)
(6) 万里の長城(中国)
(7) ピラミッド(エジプト)
(8) タージ・マハル(インド)
(9) モニュメント・バレー(アメリカ)
(10) ラウ諸島(フィジー)
(11) イグアスの滝(アルゼンチン・ブラジル)
(12) 東京(日本)
(13) 東京ディズニーシー(日本)

 

このように、13か所の名所を巡っていきます。

イグアスの滝は、

 

  • 11番目

 

となりますね。

なお、場所によっては2つの国にまたがるところもありますので、

 

  • 国で数えると12ヶ国目

 

となります。

クライマックスに向けて、ソアリンはその壮大な景色と音楽で私たちを気持ちを高ぶらせます。

 

まとめ

 

以上、ソアリンで気球が登場したのはどこの国なのか、詳しい場所について解説させていただきましたが、いかがだったでしょうか?

 

ソアリンで滝が登場した国と場所は

 

  • 国:アルゼンチン・ブラジル
  • 場所:イグアスの滝

 

であり、ソアリンで滝が登場するのは、

 

11番目(国で数えると12ヶ国目)

 

ということがわかりましたね。

 

余談ですが滝のシーンはリアルな飛行体験が売りのソアリンの中でも圧倒的な体感ができ、そのリアルさゆえに高いところな苦手は人はちょっぴりヒヤッとするかもです。

しかしスリルを超える感動がソアリンにはあり、それはドリームフライヤーでの飛行体験を終えたあとゲストから自然と拍手が起きます。

それはオープンして2年たった今も変わりません。

 

ソアリンはいつでも私たちに空飛ぶ夢を与えてくれますね。

最後までお読みいただき、誠にありがとうございます!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ソアリン
気まぐれまとめサイト