宮崎早織の出身中学や高校に大学はどこ?学歴や所属チームを紹介!

宮崎早織の出身中学や高校に大学はどこ?学歴や所属チームを紹介!Wリーグ

東京オリンピック後のアジアカップではチームを牽引し、司令塔としてチームを優勝へと導いた宮崎早織。

 

スピードを武器に、緩急を上手く使ったプレーを得意とするプレーヤーです。

 

 

そんな宮崎早織ですが、一体いつからそんなに強かったのでしょうか。

 

学歴(出身小学校・中学・高校・大学)から、学生時代のエピソードも気になります。

 

また、宮崎早織の現在の所属チームはどこなのでしょうか。

 

 

ということで、今回は宮崎早織の学歴(出身小学校・中学・高校・大学)から、現在の所属チームに関しても詳しく調べてみました!

 

宮崎早織の出身小学校や中学に高校はどこ?大学の学部や学科は?

https://twitter.com/rarara0512/status/620564138809397248?s=21

 

宮崎早織の出身校(学歴)は、以下の通りです。

 

 

  • 出身小学校:川越市立南古谷小学校
  • 出身中学校:さいたま市立与野東中学校
  • 出身高校:聖カタリナ学園高等学校
  • 出身大学:進学せず

 

 

それでは、それぞれ詳しくご紹介していきましょう。

 

宮崎早織の出身小学校:川越市立南古谷小学校

宮崎早織の出身小学校は、川越市立南古谷小学校です。

 

埼玉県川越市にある公立校で、創立148年と歴史のある小学校です。

 

 

宮崎早織は小学2年生の時から姉と同じミニバスチームに入団し、バスケを始めます。

 

バスケを始めた理由は、5歳上の姉がやっていて楽しそうだったからとのこと。

 

 

入団早々から「試合に出たい」とコーチに直談判するほど、バスケに意欲的だった宮崎早織。

 

ところが、いざ試合に出ると極度のあがり症から頭が真っ白になり、コート内で泣いていたと言います。

 

その後も中々あがり症を克服することができなかった宮崎早織でしたが、同学年には実力者も多く、関東大会に出場という成績を残しています。

 

宮崎早織の出身中学校:さいたま市立与野東中学校

宮崎早織の出身中学校は、さいたま市立与野東中学校です。

 

埼玉県さいたま市にある公立校で、県内ではバスケの強豪としても名高く知られています。

 

 

小学校で関東大会への出場などの成績を残した宮崎早織は、地元の中学校ではなく、県内で強豪の与野東中学校へと進学します。

 

与野東中学校を選んだ理由は、練習時間に限りのある地元の中学とは違って部活動に力を入れており、毎日練習ができるからでした。

 

 

中学時代の宮崎早織は、スピードを武器にした1on1が好きな点取屋スタイルだったと当時を振り返っています。

 

与野東中学校は県大会での優勝経験もある中学校でしたが、宮崎早織の学年では一歩及ばず関東大会には行けませんでした。

 

宮崎早織の出身高校:聖カタリナ学園高等学校

宮崎早織の出身高校は、聖カタリナ学園高等学校です。

 

愛媛県松山市にある私立高校で、女子バスケの強豪校でもあります。

 

 

宮崎早織が聖カタリナへの進学を決めた理由は、姉の試合で見た聖カタリナのプレーに感銘を受け、自身も聖カタリナでバスケを教わりたいと思ったからでした。

 

最初のうちは全国レベルの強豪校の”考えるバスケ”についていけず、戸惑うことも多かったものの、すぐに楽しさを見出し結果を残していきました。

 

 

宮崎早織の高校時代の成績は、以下の通りです。

 

  • 高校1年時:U-16アジア選手権で優勝
  • 高校2年時:インターハイ・ウィンターカップ共に優勝、U-17世界選手権4位
  • 高校3年時:ウィンターカップ3位(大会ベスト5に選出)、U-18アジア選手権で準優勝

 

宮崎早織は高校2年生からスターターを務めてチームを牽引していたうえ、日本代表としても活躍しており、この頃から既に実力派プレーヤーだったことがわかりますね!

 

ちなみに、高校時代の宮崎早織は現在のようなPG(ポイントガード)ではなく、SG(シューティングガード)としてスコアラーの役割を果たしていました。

 

宮崎早織の出身大学:進学せず

宮崎早織は、大学には進学していません

 

2014年、高校卒業した宮崎早織は大学進学ではなく、WリーグのENEOSサンフラワーズへ入団を決めました

宮崎早織の現在の所属チーム

 

宮崎早織の現在の所属チームは、ENEOSサンフラワーズです。

 

 

高校卒業後の2014年から現在もENEOSサンフラワーズに所属しています。

 

宮崎早織がENEOSサンフラワーズへの入団を決めたを選んだ理由は、「オリンピックよりもENEOSサンフラワーズに憧れていた」と明かしています。

 

 

2018-19シーズンから、2年連続でWリーグオールスターに選出されています。

Wリーグオールスターとは、ファン投票により選ばれた選手たちで行う試合のこと。

 

まとめ

 

さて、今回は宮崎早織の学歴(出身小学校・中学・高校・大学)から、現在の所属チームについてまとめてみました。

 

宮崎早織の出身校(学歴)は、以下の通りです。

 

 

  • 出身小学校:川越市立南古谷小学校
  • 出身中学校:さいたま市立与野東中学校
  • 出身高校:聖カタリナ学園高等学校
  • 出身大学:進学せず

 

 

宮崎早織は小学2年生からバスケを始め、バスケの強豪校の聖カタリナ高校ではインターハイ・ウィンターカップ共に優勝、日本代表戦でも優勝するなど数々の成績を残しています。

 

そして、宮崎早織の現在の所属チームはENEOSサンフラワーズです。

 

東京オリンピックやFIBAアジアカップでも優勝に貢献するなど、活躍を見せる宮崎早織の今後に注目したいですね!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Wリーグ
気まぐれまとめサイト