宮澤夕貴の年俸(年収)はいくら?スポンサー収入はどのぐらい?

宮澤夕貴の年俸(年収)はいくら?スポンサー収入はどのぐらい?Wリーグ

東京オリンピックのベルギー戦にて3ポイントシュートを7本も決めるなど、得意の3ポイントシュートでチームを勝利へと導いた宮澤夕貴。

 

女性では珍しいワンハンドで、非常に精度の高い3ポイントシュートを打つことができるのが特徴的なプレーヤーです。

 

 

そこで気になるのが、宮澤夕貴の年棒(年収)やスポンサー収入はいくらなのでしょうか。

 

一体いくらぐらいの年棒(年収)を貰っているのか、スポンサーの数や収入はどのくらいなのか気になりますよね。

 

 

ということで、今回は宮澤夕貴の年棒(年収)と、スポンサー収入について詳しく調べてみました!

 

宮澤夕貴の年俸(年収)はいくら?

 

宮澤夕貴の給料は、年棒(年収)約600〜900万円ほどだと思われます。

※年棒(年収)については公表はされていないため、この金額はあくまで予想となります。

 

 

 

この内訳について詳しくみていきましょう。

 

まず、宮澤夕貴は富士通の実業団のバスケチームである富士通レッドウェーブに所属しています。

 

そのため、年棒(年収)は親会社の富士通から支払われる形でしょう。

富士通はIT提供企業としては国内1位、世界4位の売上高を誇る上場企業。

 

 

実業団はサラリーマンと同じ扱いであるため、宮澤夕貴に富士通から支払われている年棒(年収)は、同年代の富士通の正社員の年棒(年収)約600万円と同じくらいだと思われます。

 

 

 

しかし、ここで気になるのが移籍前のENEOSサンフラワーズと、富士通レッドウェーブでは年棒(年収)の差が開いていること。

 

2021-22シーズン、宮澤夕貴はENEOSサンフラワーズから富士通レッドウェーブに移籍してきました。

 

ENEOSを親会社に持つENEOSサンフラワーズの宮澤夕貴と同年代の正社員の平均年棒(年収)が約840万円なのに対し、富士通レッドウェーブの同年代の正社員の平均年棒(年収)は約600万円です。

 

その差は240万円にも上り、決して小さな差とは言えません。

 

 

 

移籍は宮澤夕貴の意志で決めているものの、日本代表でも重宝される3ポイントシューターである宮澤夕貴ならば引く手数多なのは間違いありません。

 

チームにとって即戦力かつ強力な底上げになる宮澤夕貴に対し、いくら本人が移籍を希望したからといって200万円以上も年棒(年収)を下げるとは考えにくいです。

 

したがって、富士通レッドウェーブは宮澤夕貴のENEOSサンフラワーズの年棒(年収)と同等か、それ以上の年棒(年収)を支払っているでしょう。

 

 

 

これらのことから宮澤夕貴の年収(年棒)は、同年代の富士通の正社員の年棒(年収)からENEOSの正社員の年棒(年収)の間である、約600万円〜900万円ほどだと憶測することができます。

 

 

ちなみに、この金額はオリンピックの報奨金額を含めない年収(年棒)であり、オリンピック報酬金額を含めた年棒(年収)は約1300万円〜1600万円となります。

 

オリンピック報酬金額については、次項で詳しくご紹介していきます。

 

宮澤夕貴のオリンピック報酬金額がすごい?

 

宮澤夕貴のオリンピック報奨金額は、700万円です。

 

 

内訳は、以下の通りです。

 

  • 日本オリンピック委員会:銀メダル報酬金200万円
  • 日本バスケットボール協会:銀メダル分300万円+特別報酬金200万円

 

 

 

本来であれば、日本バスケットボール協会からの報酬金は銀メダル分の300万円のみでした。

 

ところが、女子バスケの歴史的快挙が認められ、”金メダル級”に値するとの理由で特別報酬金の200万円が追加されたのです。

 

その結果、金メダルの報酬金と同額となる500万円が授与されました。

 

日本オリンピック委員会からの報酬金は所得税と住民税が非課税で、日本バスケットボール協会の報酬金も日本オリンピック協会と同額までは非課税となる。

 

宮澤夕貴のスポンサー収入

宮澤夕貴の年俸(年収)はいくら?スポンサー収入はどのぐらい?

 

2021年12月現在、宮澤夕貴がスポンサー契約している企業はありません。

 

 

2021年からナイキが日本バスケットボール協会(JBA)とパートナーシップを締結していますが、これは宮澤夕貴個人との契約ではないため、スポンサー収入は発生しません。

 

 

ですので、2021年12月現在の宮澤夕貴のスポンサー収入は0円だと予想します。

 

まとめ

 

さて、今回は宮澤夕貴の年棒(年収)はいくらなのかに加え、スポンサー収入についてまとめてみました。

 

 

  • 宮澤夕貴の年棒(年収)は、約600〜900万円
  • 2021年の宮澤夕貴の年棒(年収)は、約1300万円〜1600万円(東京オリンピックの報酬金700万円含む)
  • スポンサーはなし
  • スポンサー収入の内訳は0円

これらは2021年12月現在のものであり、公表されていないものについては様々な情報から予想しました。

 

 

宮澤夕貴の年棒(年収)がいくらなのかについては、移籍前のENEOSと同等か、それ以上の年棒(年収)を貰っている可能性が高いでしょう。

 

また、今のところ宮澤夕貴には個人のスポンサーはついていないことがわかりました。

 

 

新天地となる富士通レッドウェーブでは一体どんなプレーを見せてくれるのか、宮澤夕貴の今後の活躍が楽しみです!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Wリーグ
気まぐれまとめサイト