笑う大晦日が面白くない?グダグダでつまらないと言われる理由5選!

笑う大晦日がつまらないし微妙?面白くないと言われる理由5選!TV番組

2021年の大晦日、笑ってはいけないの代わりに「笑う大晦日」が放送されました。

 

そもそも前評判から、つまらない、微妙、面白くない、と噂されていました。

その理由は何なのでしょうか?

 

また、実際に放送された後にも同じようなことが言われていました。

グダグダだったの声も多かったですね。

 

今回は「笑う大晦日が面白くない?グダグダでつまらないと言われる理由5選!」と題してまとめていきます。

 

笑う大晦日が面白くない?グダグダでつまらないと言われる理由5選!

 

 

笑う大晦日がつまらないし微妙、面白くないと言われてしまう理由として、以下の5つが挙げられます。

 

  • 放送時間が6時間と長すぎる
  • 豪華キャストに力を入れすぎている
  • 生放送の進行が上手くいかずにグダグダになりそう
  • 若手芸人が少ない
  • 他にもお笑い番組はいくらでも放送される

 

それぞれ詳しく紹介していきますね。

 

①放送時間が6時間と長すぎる

 

 

笑う大晦日がつまらないし微妙、面白くないと言われてしまう理由1つ目が、放送時間が6時間と長すぎるためです。

 

これまで毎年放送しており、人気も出ていて視聴率が取れているのであれば、6時間という枠を使って放送するのもいいかと思います。

しかし笑う大晦日は2021年の新番組です。

新番組でいきなり6時間の枠はさすがに長すぎると言われています。

 

番組内容もあまり明かされておらず、少しでも面白くないと感じたら他の番組に変えてしまう人が続出するのではないでしょうか?

新番組であれば、2時間程度で上手くまとめた方が良かったと思います。

 

②豪華キャストに力を入れすぎている

 

 

笑う大晦日がつまらないし微妙、面白くないと言われてしまう理由2つ目が、豪華キャストに力を入れすぎているからです。

 

すでに公開されているキャストには

  • 芳根京子さん
  • デヴィ夫人

などが挙げられます。

 

しかしこういった豪華キャストが、確実に笑いを生み出せるのかは誰にも分かりません。

笑ってはいけないでも毎回豪華キャストが登場していましたが、中には大コケしてしまった時もありましたし、番組サイドがどれだけ面白い企画を持ってくるかでかなり変わってくるでしょう。

 

もちろん豪華キャストの実力もありますが、番組サイドそのキャストを活かすか活かさないかが変わってくるので、なんとか頑張ってほしいですね!

 

③生放送の進行が上手くいかずにグダグダになりそう

 

 

笑う大晦日がつまらないし微妙、面白くないと言われてしまう理由3つ目が、生放送の進行が上手くいかずにグダグダになりそうだからです。

 

上記でも説明したように、笑う大晦日は2021年の新番組です。

前例がない番組でかつ生放送ということは、少なからず何回かはグダグダな進行になってしまうと考えられます。

 

毎年恒例の24時間テレビでさえ、グダグダになってしまう場面がありますよね。

生放送にはつきものかもしれません。

 

ということは、新番組で6時間の生放送となったら必ずグダグダになってしまう場面が出てきてしまうと考えられます。

実力のある方々がMCということですが、なんとか上手く進行して新番組を成功させてほしいものですね!

 

④若手芸人が少ない

 

 

笑う大晦日がつまらないし微妙、面白くないと言われてしまう理由4つ目が、若手芸人が少ないからです。

 

新番組ということで、番組を成功させたいという思いから実力のある芸人さんをキャスティングしています。

もちろん若手の実力派芸人さんも出演しますが、明らかにベテラン勢が多い印象です。

 

ベテラン勢が多いことから、ある程度笑いの方向性が決まってしまい、一部からはマンネリ化と捉えられてしまう可能性があるのです。

若手芸人さんをもっと出演させてあげれば、

 

「この若手芸人は誰だ?」

「こんな発想で笑わせるにくるのか!?」

「若手とベテランの絡みが面白い!」

「今はこんな実力若手芸人がいるのか!」

 

など、新しい見方で番組を見ることができます。

確かに若手芸人さんを起用することは少しリスキーな気もしますが、視聴者側からするとマンネリ化した番組内容よりは、若手芸人による斬新な笑いを欲しているのではないでしょうか?

 

⑤他にもお笑い番組はいくらでも放送される

 

 

笑う大晦日がつまらないし微妙、面白くないと言われてしまう理由5つ目が、他にもお笑い番組はいくらでも放送されるためです。

 

これまでは”笑ってはいけない”という真逆の発想で、他のお笑い番組との差別化を図っていました。

しかし”笑う大晦日”ということで、他のお笑い番組と同じ方向性になってしまっています。

 

もちろん番組内容は異なりますが、大きい枠で捉えるとお笑い番組に変わりはありません。

年末年始はお笑い番組がいくつも放送されるため、わざわざ大晦日に6時間の生放送を見ることはないと感じてしまう人がいるようです。

 

”笑ってはいけない”のように、他のお笑い番組とは異なる趣旨の番組であれば、他のお笑い番組と差別化ができて人気が出たかもしれませんね。

 

笑う大晦日の最新の口コミや評判は?

 

笑う大晦日が放送開始されました。

前評判はかなり厳しい声が多かったのですが、実際はどうなのでしょう?

Twitterの声を拾ってみます。

 

笑う大晦日がつまらないという声

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際の口コミをまとめますと

 

  • 芸人同士が楽しんでいる
  • 何年か前の笑ってはいけないの再放送の方がよかった
  • ガキ使と比べちゃうと普通につまらない
  • ナレーションの音声が小さいし喋りが大きい
  • 何をしているのか分からない
  • ネタも見たことあるやつばっかり
  • ネタはおもしろいのに番組構成がおもしろくない

 

 

このように言われています。

 

 

随時更新していきます。

 

笑う大晦日が面白いという声

 

 

 

 

 

 

 

 

実際の面白いという口コミをまとめますと

 

  • 芸人と役者のコラボが面白い
  • 内容が中々面白い
  • 面白いとかっこいいが大渋滞
  • バイきんぐコラボが面白い
  • 竹中直人がおもしろい

 

 

このように言われています。

 

 

随時更新していきます。

 

まとめ

 

 

以上、「笑う大晦日が面白くない?グダグダでつまらないと言われる理由5選!」と題してまとめましたがいかがだったでしょうか。

 

笑う大晦日がつまらないしグダグダ、面白くないと言われてしまう理由として、以下の5つが挙げられました。

 

  • 放送時間が6時間と長すぎる
  • 豪華キャストに力を入れすぎている
  • 生放送の進行が上手くいかずにグダグダになりそう
  • 若手芸人が少ない
  • 他にもお笑い番組はいくらでも放送される

 

実際に放送され、どんな評判となるのか楽しみですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
TV番組
気まぐれまとめサイト