宮澤夕貴のプレーの特徴は?得意なことや凄さを徹底解説!

宮澤夕貴のプレーの特徴は?得意なことや凄さを徹底解説!Wリーグ

東京オリンピックで華麗な3Pシュートを量産し、一躍注目を集めた宮澤夕貴。

 

どんなに苦しい局面でもパスを貰えば果敢に3Pシュートを狙う宮澤夕貴の姿はとても頼もしく、人々に強烈なインパクトを与えました。

 

 

そんな日本のエース宮澤夕貴ですが、一体どんなプレーの特徴があるのでしょうか。

 

宮澤夕貴の得意なことや、凄さについても詳しく知りたいですよね。

 

 

ということで、今回は宮澤夕貴のプレーの特徴から、得意なことや凄さについても徹底解説していきます!

 

スポンサーリンク

宮澤夕貴のプレーの特徴は?得意なことや凄さを解説

 

 

東京オリンピックでも1試合で7本もの3Pシュートを決めるなど、高い3Pシュート成功率でチームを勝利へと導いた宮澤夕貴。

 

そんな宮澤夕貴のプレーの特徴や得意なこと、凄さとは一体どんなところなのでしょうか。

 

宮澤夕貴のプレーの特徴、得意なことや凄さを5つにまとめてみました。

 

 

  1. 日本屈指の3Pシューター
  2. 高さと力強さを活かしたインサイドプレー
  3. リバウンド
  4. ディフェンス
  5. メンタルの強さ

 

 

では、それぞれ詳しくご紹介していきましょう。

 

1.日本屈指の3Pシューター

宮澤夕貴の最大の特徴は、何と言っても3Pシュート

 

183cmという高い打点から繰り出される宮澤夕貴の3Pシュートは、今や日本の武器にまで昇華しました。

 

 

 

宮澤夕貴の3Pシュートの凄さは、クイックシュートであること。

クイックシュートとは、ボールを持ってから素早く打つシュートのこと。

 

Wリーグでも3Pシュートが得意な選手は沢山いますが、クイックシュートで3Pシュートを打てる選手はほとんどいません。

 

ただでさえ難易度の高い3Pシュートをボールを持った瞬間に放つというのは、プロをもってしても至難の業なのです。

 

 

 

実際にNBAやWNBAでもクイックシュートを得意とする選手は数えるほどしかいないことからも、その難易度の高さが計り知れます。

 

こんなにも難易度の高いことを試合中かつ大事な局面で成功させている宮澤夕貴は、クイックシュートで放つ3Pシュートが得意なことであると言えるでしょう。

 

2.高さと力強さを活かしたインサイドプレー

3Pシュートのイメージが強い宮澤夕貴ですが、高さと力強さを活かしたインサイドプレーが得意な選手でもあります。

 

 

 

宮澤夕貴が3Pシュートを得意としていることは相手ディフェンスも分かっているため3Pシュートを警戒しますが、宮澤夕貴は状況に応じてインサイドプレーへと持ち込むことができるのです。

 

高さを活かしてオフェンスリバウンドからシュートへ繋いでいったり、力強いドライブでシュートに持ち込んだりと多彩なプレーを繰り出します。

 

 

 

また、柔らかいシュートタッチによって、無理な体勢からでも安定してシュートを決め切ることができるのも宮澤夕貴の特徴です。

 

どんな体勢からでもシュートを打てる選手は相手ディフェンスからすれば非常に厄介であり、こうしたインサイドプレーも得意だとは宮澤夕貴の凄さが垣間見えますよね!

 

3.リバウンド

宮澤夕貴といえば、体を張ったリバウンドも特徴の1つです。

 

 

 

東京オリンピックのように世界の選手を相手にすれば、リバウンドの中心を担う選手は身長190cm超えの大柄な選手が多いです。

 

すると、身長183cmの宮澤夕貴は大きい方ではなくなります。

 

しかし、宮澤夕貴はポジション取りやタイミングなどの技術でその差を補い、大柄な選手にも負けじとボールに絡んでいきます。

 

 

 

東京オリンピックでもゴール下で果敢にボールへと絡んでいき、リバウンドを取り続ける宮澤夕貴の姿は印象的でした。

 

自分よりも大柄な選手が中心となるリバウンド争いにて、ハンデを物ともせずリバウンドを取れているということは、リバウンドは宮澤夕貴の得意なことだと言えるでしょう。

 

4.ディフェンス

オフェンスでのプレーが目立つ宮澤夕貴ですが、実はディフェンスにも定評があります。

 

 

 

宮澤夕貴のディフェンスは、シュートチェックやボックスアウトなどの基礎的なプレーを徹底しています。

シュートチェックとは、ディフェンスがシュート体制に入ったオフェンスにプレッシャーをかけること。
ボックスアウトとは、リバウンドに入ろうとするオフェンスを抑えて有利なポジションを取ること。

 

 

バスケにおいてこれらの基礎的なプレーは非常に有効であるため、リバウンドの項目でも解説したように身長差を物ともしない宮澤夕貴のリバウンド力へと繋がっています。

 

 

 

さらに、相手選手のシュートを止めるブロックショットも得意としている宮澤夕貴。

 

完璧なタイミングでシュートを弾き落とす宮澤夕貴の姿は東京オリンピックでも見られ、幾度となくチームの窮地を救いました。

 

 

 

一見すると簡単そうに見えるブロックショットですが、タイミングを間違ったり手を出す角度によってはファウルを取られてしまうので、繊細さの求められるプレーでもあります。

 

そんな繊細なプレーを試合中に何度も繰り出しているとは、宮澤夕貴のディフェンスの凄さがわかりますね!

 

5.メンタルの強さ

宮澤夕貴のどんな時でも冷静でいられるメンタルの強さは、彼女の凄さの1つに挙げられるでしょう。

 

東京オリンピックでも苦しい局面でチームメイトを鼓舞激励し、チームを勝利へと導きました。

 

 

 

宮澤夕貴は、どんな時でも冷静沈着でいられるメンタルの強さを持っています。

 

東京オリンピックのような大舞台でも臆するどころか、常に冷静で自身はもちろんのこと、周囲にまでも気を配っていました。

 

 

 

東京オリンピックの準々決勝ベルギー戦では、後半でベルギーに10点差をつけられ、チームは追い込まれていました。

 

ところが、そんな状況でも絶対に自分達の武器である3Pシュートから波が来ると信じていたと宮澤夕貴は言います。

 

そのため、宮澤夕貴はチームメイトにも「自分と仲間を信じて、大丈夫だから」と言い続け、チームのモチベーションを上げていったとのこと。

 

 

 

こうした宮澤夕貴のメンタルの強さがチームメイトを支え続けたからこそ、女子バスケ銀メダル獲得へと繋がっていったのでしょう。

 

負ければ次がない重要な試合でも動じないメンタルの強さを持つことは決して容易ではなく、そんなメンタルの強さを持っていることは宮澤夕貴の凄さであると言えるでしょう。

 

まとめ

 

さて、今回は宮澤夕貴のプレーの特徴から、得意なことや凄さについて詳しくまとめてみました。

 

 

宮澤夕貴のプレーの特徴から得意なことや凄さは、以下の通りです。

 

 

  1. 日本屈指の3Pシューター
  2. 高さと力強さを活かしたインサイドプレー
  3. リバウンド
  4. ディフェンス
  5. メンタルの強さ

 

 

こうして見てみると、宮澤夕貴は攻守共に頼れる存在であり、チームの精神的支柱にもなっていることがわかります。

 

すでに次のパリオリンピックに向けて課題点を見出し、更なるパワーアップを目指す宮澤夕貴の今度の活躍から目が離せません!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Wリーグ
気まぐれまとめサイト