東藤なな子の出身中学や高校に大学はどこ?学歴や所属チームを紹介!

東藤なな子の出身中学や高校に大学はどこ?学歴や所属チームを紹介!Wリーグ

ルーキーイヤーだった昨シーズンは新人王に輝き、東京オリンピックでは最年少で日本代表にも選出された東藤なな子。

 

非常にフィジカルが強く、激しいディフェンスやドライブを得意としたアグレッシブなプレーヤーです。

 

 

そんな東藤なな子はどんな学生生活を送ってきたのでしょうか。

 

東藤なな子の出身小学校・中学・高校・大学などの学歴が気になります。

 

また、東藤なな子の現在の所属チームはどこなのでしょうか。

 

 

ということで、今回は東藤なな子の学歴(出身小学校・中学・高校・大学)から、現在の所属チームに関しても詳しく調べてみました!

 

スポンサーリンク

東藤なな子の出身小学校に中学や高校・大学は?

東藤なな子の出身中学や高校に大学はどこ?学歴や所属チームを紹介!

 

東藤なな子の出身校(学歴)は、以下の通りです。

 

 

  • 小学校:札幌市立新川中央小学校
  • 中学校:札幌市立新川中学校
  • 高校:札幌山の手高校
  • 大学:進学せず

 

 

それでは、それぞれ詳しくご紹介していきましょう。

 

小学校:札幌市立新川中央小学校

東藤なな子の出身小学校は、札幌市立新川中央小学校です。

 

札幌市立新川中央小学校は、北海道札幌市にある公立校です。

 

 

 

東藤なな子は小学4年生からバスケを始めますが、本当は父や兄と同様にバレーボールをやりたいとの思いが強かったと言います。

東藤なな子の父は元バレーボール選手、母は元バドミントン選手というスポーツ一家。

 

しかし、新川中央小学校にはバレー部がなかったため、東藤なな子は幼馴染4人と共にバスケ部へと入部を決めました。

 

 

 

チームメイトには、幼馴染の関ななみ(日立ハイテククーガーズ)や、畠山愛花(桐蔭横浜大3年)がおり、日々切磋琢磨して腕を磨いていきました。

 

新川中央小学校では、全道ベスト8という成績を残しています。

 

中学校:札幌市立新川中学校

東藤なな子の出身中学校は、札幌市立新川中学校です。

 

札幌市立新川中学校は、北海道札幌市にある公立校です。

 

 

 

東藤なな子は、小学校時代のチームメイトで幼馴染である関ななみと畠山愛花と共に新川中学校へと進学します。

 

中学こそはバレー部に入るつもりでいた東藤なな子でしたが、またしても学校にバレー部がなく、幼馴染と共にバスケを続けることに。

 

やりたいこととは異なるバスケを続けることができたのは、幼馴染と一緒にプレーするのが楽しかったからと東藤なな子は当時を振り返っています。

 

 

 

東藤なな子は息の合った幼馴染チームで、中学3年生の時には全国中学校バスケットボール大会(全中)に出場を果たします。

 

ベスト8を目指していたものの目前で敗れ、ベスト16という成績に止まりました。

 

高校:札幌山の手高校

東藤なな子の出身高校は、札幌山の手高校です。

 

札幌山の手高校は、北海道札幌市にある私立高校であり、女子バスケの強豪校としても有名です。

札幌山の手高校は数多くのWリーグ選手を輩出している名門校で、これまでにインターハイ43回国民体育大会55回ウィンターカップ38回出場を達成している。

 

 

 

東藤なな子が札幌山の手高校への進学を決めた理由は、札幌山の手高校バスケ部のコーチからスカウトを受けたからでした。

 

情熱的なコーチや、今までの自分のプレースタイルと変わらないバスケ部のスタイルに魅力を感じたとのこと。

 

また、幼馴染の関ななみと畠山愛花とも同じ高校に行こうと話していたこともあり、3人で札幌山の手高校への進学を決めました。

 

 

 

中学時代とは桁違いのハイレベルな強豪校の練習に苦労していた東藤なな子でしたが、持ち前のガッツで1年生からメンバー入りを果たし、インターハイ予選にも出場します。

 

その後、東藤なな子は2年生でキャプテンを任されたり、U-18の日本代表に選出されるなど頭角を表していきました。

 

 

 

東藤なな子の高校時代の成績は、以下の通りです。

 

  • 高校1年時:インターハイ・ベスト4
  • 高校2年時:インターハイ・ベスト16
  • 高校3年時:インターハイ・ベスト8U-18アジア選手権・銀メダル

 

チームとして優勝などはできなかったものの、東藤なな子個人としてはU-18の日本代表に選出されるなど、この頃から既に実力をつけていたことがわかりますね!

 

 

大学:進学せず

東藤なな子は、大学には進学していません

 

2019年、高校卒業した東藤なな子は大学進学ではなく、Wリーグのトヨタ紡織サンシャインラビッツへの入団を決めました

 

東藤なな子の現在の所属チーム

https://twitter.com/tb_rabbits/status/1465144155118596101?s=21

 

東藤なな子の現在の所属チームは、トヨタ紡織サンシャインラビッツです。

 

 

 

東藤なな子は、アーリーエントリーで入団した2019年から現在もトヨタ紡織サンシャインラビッツに所属しています。

 

元々は大学に進学して教員免許の取得を考えていた東藤なな子でしたが、トヨタ紡織サンシャインラビッツから声を掛けてもらったことで入団を決意しました。

 

 

 

東藤なな子は1年目から全試合でスタメンに抜擢され、Wリーグのルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞しています。

ルーキー・オブ・ザ・イヤーとは、そのシーズンに最も活躍した新人選手に贈られる最優秀新人賞のこと。

 

ルーキーシーズンについて東藤なな子は、「自分のプレーに伸び悩んだこともあったが、それを乗り越えてからは手応えの方が大きかった。強くなったと実感した。」と振り返っています。

 

まとめ

https://twitter.com/wjbl_official/status/1469156055813095427?s=21

 

さて、今回は東藤なな子の学歴(出身小学校・中学・高校・大学)から、現在の所属チームについてまとめてみました。

 

東藤なな子の出身校(学歴)は、以下の通りです。

 

 

  • 小学校:札幌市立新川中央小学校
  • 中学校:札幌市立新川中学校
  • 高校:札幌山の手高校
  • 大学:進学せず

 

 

最初こそバレーボールをやりたかった東藤なな子でしたが、幼馴染と一緒にプレーするバスケに楽しみを見出していき、強豪・札幌山の手高校ではキャプテンを任されるほどに成長を遂げました。

 

そして、東藤なな子の現在の所属チームはトヨタ紡織サンシャインラビッツです。

 

今後、日本女子バスケの未来を担っていくであろう東藤なな子の活躍が楽しみですね!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Wリーグ
気まぐれまとめサイト