スプラッシュマウンテンの元ネタや原作は?映画はディズニーで公開済み?

スプラッシュマウンテンの元ネタや原作は?映画はディズニーで公開済み?スプラッシュマウンテン

ディズニーのアトラクションには、元ネタや原作があることが多いです。

スプラッシュマウンテンにも、もちろん元ネタや原作があります。

 

スプラッシュマウンテンの映画が公開されているのかも、気になる所でしょう。

スプラッシュマウンテンが大好きな私が、元ネタ・原作についてお届けします。

 

ということで、今回はスプラッシュマウンテンの元ネタや原作は?映画はディズニーで公開済み?について考察していこうと思います。

 

スポンサーリンク

スプラッシュマウンテンの元ネタや原作は?

スプラッシュマウンテンの元ネタや原作は?映画はディズニーで公開済み?

 

スプラッシュマウンテンの元ネタや原作は、マニアの間ではとても有名。

ディズニーマニアの芸能人の話で、知っているところもあるかもしれませんね。

 

元ネタ、原作それぞれについてまとめます。

 

なかなか奥が深いことが、わかるでしょう。

 

スプラッシュマウンテンの元ネタ

 

チカピンヒルという丘がありました。

この丘のそばに、ビーバー兄弟が作ったダムも。

 

ダムのそばで、アライグマのラケッティが悪さをします。

その悪さとは、蒸留酒の密造。

 

ある日、密造で使用していた蒸留器が大爆発してしまいます。

結果として、ダムが決壊。

 

チカピンヒルの洞窟内に水が大量に流れ込み、山から滝のように水があふれてしまった。

 

水があふれ出る山の様子から、チカピンヒルは『スプラッシュマウンテン』と名付けられることになります。

 

ラケッティは反省し、密造を止め軽食のお店『ラケッティのラクーンサルーン』を始めます。

ソフトドリンクや、軽食が楽しめるお店です。

あまりお客さんがいないので、穴場スポット。

 

ダムをつくったビーバー兄弟とは、同じエリアにあるアトラクション『ビーバーブラザーズのカヌー探検』のビーバーのことです。

 

ラケッティが大爆発を起こしていなければ、アトラクション名がスプラッシュマウンテンになっていなかったかもしれませんね。

 

『チカピンヒル』だったかも?!

 

スプラッシュマウンテンの原作

 

アメリカ南部の農場を舞台にした実写映画が原作です。

その名も、南部の唄

 

南部の唄は、1881年に販売されたジョエル・チャンドラー・ハリス著の「リーマスおじさんの唄と言葉/南部農園のフォークロア」を基にして映画化されました。

 

7歳の白人の少年ジョニーと、農場の黒人奴隷の老人リーマスおじさんとの交流が描かれています。

ジョニーの父親は仕事で忙しく、顔を合わせることがほとんどありませんでした。

ジョニーは、毎日寂しい思いをして過ごすことに。

 

そんなジョニーは、リーマスおじさんと出会います。

リーマスおじさんは、ジョニーにおとぎ話を聞かせてくれました。

 

そのおかげで、ジョニーは明るさと元気を取り戻していく。

ストーリーをザックリまとめると、こんな感じ。

 

このおとぎ話は、3つのお話を組み合わせています。

その3つとは、以下の通り。

 

  • うさぎどん家出の巻
  • タール人形の巻
  • 笑いの国の巻

 

アトラクションに並んでいるとき、

「おじいちゃん、おじいちゃん。うさぎどんのお話して!」

「ねぇお願い。スプラッシュマウンテンでうさぎどんがした冒険のお話だよ。」

の2つのセリフを聞いたことがありませんか?

 

ジョニーが、おとぎ話を話してほしいと頼んでいる所が垣間見ることができます。

ジョニーとリーマスおじさんの仲の良さがわかる場面ですね。

 

スプラッシュマウンテンの原作ですが、ほとんど南部の唄を耳にしたことはありません。

それどころか、幻の作品とさえ言われているのです。

 

なぜなのか?

 

理由は、黒人奴隷制度などの歴史的背景があるからです。

 

全米黒人地位向上協会が、

「黒人奴隷と白人が仲良く対等に話すなんてありえない。事実と異なることを、本当のように描くのはやめてほしい。」

と訴えました。

 

ディズニーの自主規制によって、映画は公開されず、日本では廃盤となりました。

 

廃盤になる前は、VHSで販売されていたので、もしかしたら手にしている人がいるかもしれませんね。

 

以上の理由から、見るのも手にするのも難しいディズニー作品となっています。

 

スプラッシュマウンテンの映画はディズニーで公開されている?

 

アトラクション自体の映画は、公開されていません。

 

ジャングルクルーズや、センター・オブ・ジアースなどが映画化されていますので、映画化される日がくるかも?!

 

うさぎどん達が出てくるのか、気になります。

情報を待ちましょう。

 

公開されたら、私は見に行きます。

映画館で見ると、圧巻だと思いますので、楽しみです。

 

まとめ

スプラッシュマウンテンの元ネタや原作は?映画はディズニーで公開済み?

 

さて、今回はスプラッシュマウンテンの元ネタや原作は?映画はディズニーで公開済み?についてまとめてみました。

 

スプラッシュマウンテンの元ネタについては、以下の通りのことがわかりました。

ダムが決壊したことで、チカピンヒルから水があふれだしてしまった。

 

スプラッシュマウンテンの原作は以下のことがわかりました。

原作は、アメリカ南部の農場を舞台にした実写映画『南部の唄』

 

元ネタについては、某番組のクイズで知っていましたが、原作の南部の唄については知りませんでした。

 

南部の唄がどのような物語だったのか、私自身の目で確かめたかったです…。

 

日本でも手に入るようになったというウワサを聞きますが、かなり高額です。

購入するには、勇気のいる価格帯。

既に手元にあるあなたは、ラッキーです。

 

歴史的背景があったことを頭に入れて、スプラッシュマウンテンに乗ると、また違った側面がわかりますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スプラッシュマウンテン
気まぐれまとめサイト