スキージャンプ混合団体でスーツ違反となったのは誰でどこの国?

スキージャンプ混合団体でスーツ違反となったのは誰でどこの国?スポーツ

2022年2月7日、北京オリンピックのスキージャンプ混合団体が開催されました。

 

しかしかなりの大波乱が起きました。

なんと何名もスーツ違反となり、失格者が相次いだのです。

 

そこで気になるのがスーツ違反となった選手は誰で、どこの国だったのでしょうか?

 

今回は「スキージャンプ混合団体でスーツ違反となったのは誰でどこの国?」と題してまとめていきます。

 

スポンサーリンク

スキージャンプ混合団体でスーツ違反となったのは誰でどこの国?

 

スキージャンプ混合団体でスーツ違反となってしまった選手と国はこちらです。

 

  • 高梨沙羅(日本)
  • ダニエラ・イラシュコ=シュトルツ(オーストリア)
  • カタリナ・アルトハウス(ドイツ)
  • アンナ・オーディン・ストロム(ノルウェー)
  • シリエ・オプセト(ノルウェー)

 

以上5名・4カ国です。

それぞれ詳しく紹介していきます。

 

高梨沙羅(日本)

 

スキージャンプ混合団体でスーツ違反となってしまった1人目が、日本の高梨沙羅選手です。

 

日本の1人目として予選1回目の挑戦、103メートルもの大ジャンプとなり、124.5点を獲得しました。

女子が飛ぶグループ1が終了時、暫定2位という高順位につきました。

 

しかしその後、抜き打ち検査でスーツ規定違反の判定となってしまい、記録なしとなりました。

 

高梨沙羅選手が泣いていたのがとても印象的でしたね・・・

 

ダニエラ・イラシュコ=シュトルツ(オーストリア)

 

スキージャンプ混合団体でスーツ違反となってしまった2人目が、オーストリアのダニエラ・イラシュコ=シュトルツ選手です。

 

グループ1で最後の10番目に飛び、83.0mを記録しました。

しかし高梨沙羅選手同様、抜き打ち検査でスーツ規定違反の判定となってしまい、記録なしとなりました。

 

カタリナ・アルトハウス(ドイツ)

 

スキージャンプ混合団体でスーツ違反となってしまった3人目が、ドイツのカタリナ・アルトハウス選手です。

 

ノーマルヒルで銀メダルを獲得していたカタリナ・アルトハウス選手でしたが、グループ3での1回目の挑戦にてスーツ規定違反の判定となってしまい、記録なしとなりました。

 

アンナ・オーディン・ストロム(ノルウェー)

 

スキージャンプ混合団体でスーツ違反となってしまった4人目が、ノルウェーのアンナ・オーディン・ストロム選手です。

 

この選手は1回目は違反となっておらず、2回目の挑戦でスーツ規定違反の判定となってしまいました。

 

 

シリエ・オプセト(ノルウェー)

 

スキージャンプ混合団体でスーツ違反となってしまった5人目が、ノルウェーのシリエ・オプセト選手です。

 

なんとノルウェーからは2人もスーツ違反者が出ているのです。

この選手も1回目は違反となっておらず、2回目の挑戦でスーツ規定違反の判定となってしまいました。

 

 

まとめ

 

 

以上、「スキージャンプ混合団体でスーツ違反となったのは誰でどこの国?」と題してまとめましたがいかがだったでしょうか。

 

スキージャンプ混合団体でスーツ違反となってしまった選手と国はこちらです。

 

  • 高梨沙羅(日本)
  • ダニエラ・イラシュコ=シュトルツ(オーストリア)
  • カタリナ・アルトハウス(ドイツ)
  • アンナ・オーディン・ストロム(ノルウェー)
  • シリエ・オプセト(ノルウェー)

 

 

以上5名・4カ国でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ
気まぐれまとめサイト