ウエスタンリバー鉄道に赤ちゃん連れは乗れる?抱っこ紐や膝の上はOK?

ウエスタンリバー鉄道に赤ちゃん連れは乗れる?抱っこ紐や膝の上はOK?ウエスタンリバー鉄道

ディズニーランドのアトラクションのなかでも、乗り物大好きキッズたちに特に人気のウエスタンリバー鉄道。

アドベンチャーランドを象徴するアトラクションの一つですよね。

 

ウエスタンリバー鉄道は、どちらかと言うと子供向け、家族みんなで乗れるイメージの強いアトラクションですが、赤ちゃんは乗れるのでしょうか。

赤ちゃん連れのパパやママは、抱っこ紐が使えるのか膝の上抱っこで乗れるのかどうかが気になると思います。

 

そこで今回は、ウエスタンリバー鉄道に赤ちゃん連れは乗れる?抱っこ紐の使用や膝の上抱っこでも乗れるのかどうかを紹介します!

 

ウエスタンリバー鉄道に赤ちゃん連れは乗れる?

 

結論から言うと、ウエスタンリバー鉄道は赤ちゃんも乗れます!

 

ディズニーランドの公式HPにも、特別な注意事項の記載がありません。

赤ちゃんと一緒に体験できるアトラクションとして掲載されているため、赤ちゃん連れでも安心して乗ることができます!

 

ただ、安全バーがないアトラクションですので、抱っこ紐のまま乗れるのか、膝の上抱っこでも乗れるのかどうか気になりますよね。

そこで、抱っこ紐の使用や膝の上に抱っこについて、以下にて詳しくご紹介していきます!

 

ウエスタンリバー鉄道に赤ちゃんの抱っこ紐は?

 

ジャングルクルーズでは、抱っこ紐を使用して乗車することができます。

 

公式HPにも、抱っこ紐を外さずに体験できるアトラクションとして明記されています

そのため、首がすわってない赤ちゃんでも、抱っこ紐で乗ることができます!

 

ウエスタンリバー鉄道は座るスペースに余裕があるように見えますが、乗り場が階段上にあるためベビーカーのまま乗ることはできません。

階段下にベビーカーを置いていかなくてはいけないので、歩けない赤ちゃんや階段を上るのが大変な赤ちゃんは抱っこ紐で抱っこしてあげるとパパやママも楽ですよ。

 

景色がいいアトラクションですので、前向き抱っこができる抱っこ紐の場合はぜひ前向きにしていろんな景色を見せてあげましょう!

 

ウエスタンリバー鉄道に赤ちゃんを膝の上に乗せるのは?

 

ウエスタンリバー鉄道は、膝の上抱っこでも乗ることができます。

 

ウエスタンリバー鉄道は、安全バーがないアトラクションです。

そのため、抱っこ紐まではいらないけど最後まで座っていられるか不安な場合は、安全のためにも膝の上に抱っこしてあげると安心ですね。

 

また、座席に一人で座ると景色が見えにくくなってしまう場合も、膝の上抱っこがおすすめです。

ウエスタンリバー鉄道は途中で暗くなったり恐竜が出てきたりする場面があるため、赤ちゃんや小さなお子さんは膝の上抱っこの方が安心安全に楽しめると思います!

 

ウエスタンリバー鉄道は何歳から乗れるの?

 

ウエスタンリバー鉄道は年齢制限はないアトラクションですので、0歳の赤ちゃんから乗ることができます。

抱っこ紐でも乗れるので、低月齢の赤ちゃんもOKです。

 

ただ、先ほども少し触れましたが途中で暗くなったり恐竜が出てきたりする場面があります。

また、汽笛が鳴ることもあるので、前方の席だと汽笛の音に驚いてしまうかもしれません。

 

そのため、暗いところや恐竜を怖がってしまうお子さんや、音に敏感な赤ちゃんは少々注意が必要です。

状況が理解できない低年齢のうちは平気でも、成長につれ周囲の状況がわかってくるようになると怖がることもあります。

 

以上のことから、0歳から乗ることはできますが、楽しんで乗ることができるかどうかはお子さんの性格によると言えるでしょう。

 

まとめ

 

さて、今回はウエスタンリバー鉄道に赤ちゃん連れは乗れる?抱っこ紐の使用や膝の上抱っこは可能なのかをまとめました。

 

公式サイトの記載を元に、今回の内容を簡単にまとめてみましょう。

  • 身長、年齢制限なし
  • 抱っこ紐をしたままでの乗車OK
  • 膝の上抱っこでの乗車OK
  • 暗い場面や恐竜が出てくるので怖がりなお子さんは注意が必要
  • 音に敏感な赤ちゃんは汽笛の音に注意が必要

 

ウエスタンリバー鉄道は、赤ちゃんの五感を刺激するおすすめのアトラクションです。

ぜひ、家族みんなで蒸気機関車からの景色を楽しんでくださいね!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ウエスタンリバー鉄道
気まぐれまとめサイト