シャイニングウィズユーは写真・動画撮影禁止?カメラの取り扱い詳細!

シャイニングウィズユーは撮影禁止?カメラの取り扱いについて解説!東京ディズニーシー20周年

2022年4月1日、東京ディズニーシーのハンガーステージにて、東京ディズニーシー20周年”シャイニング・ウィズ・ユー”が期間限定で開催されます。

 

そこで気になるのが、撮影禁止なのかどうかですよね。

期間限定ですし、カメラで撮影したい方も多いと思います。

 

今回は「シャイニングウィズユーは写真・動画撮影禁止?カメラの取り扱い詳細!」と題してまとめていきます。

 

シャイニングウィズユーは写真・動画撮影禁止?カメラの取り扱い詳細!

 

 

シャイニング・ウィズ・ユーのカメラの取り扱いですが・・・

 

会場内での写真撮影・動画撮影ともに禁止です!

 

残念ですね。

ディズニーリゾートの屋内ショーは、基本的に写真撮影・動画撮影ともに禁止となっているため、シャイニング・ウィズ・ユーも例外ではないようです。

 

期間限定ショーですし、過去の名作ショーが見れるということで、カメラに収めたい方が大勢いるとは思いますが、我慢して目に焼き付けましょう。

 

シャッター音・フラッシュなしならOK?

 

シャッター音・フラッシュなしならいいのでは?

と思う方もいると思いますが、こちらももちろんNGです!

 

カメラを使用した行為は禁止されているので、隠れて撮影するのはやめましょう。

 

シャイニングウィズユーの音声録音は?

 

 

シャイニング・ウィズ・ユーの音声録音についてですが・・・

 

詳細不明です。

 

しかし、同じディズニーシーのビッグバンドビートでは、録音はOKとの噂もあります。

かたやディズニーランドのフォレストシアターでは、録音はNGと言われています。

 

シャイニング・ウィズ・ユーはどうなるのでしょうか?

過去の名作ショーの音楽を録音したいという方はいると思うので、かなり気になるところかと思いますが、詳細が分かり次第追記します。

 

まとめ

 

 

以上、「シャイニングウィズユーは写真・動画撮影禁止?カメラの取り扱い詳細!」と題してまとめましたがいかがだったでしょうか。

 

シャイニング・ウィズ・ユーのカメラの取り扱いについて

  • 会場内での写真撮影・ビデオ撮影ともに禁止
    →シャッター音・フラッシュなしもNG
  • 録音できるかは不明

 

ということが分かりましたね。

ちゃんとルールを守って鑑賞しましょう♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
東京ディズニーシー20周年
気まぐれまとめサイト