白雪姫と七人のこびとに赤ちゃん連れは乗れる?抱っこ紐や膝の上はOK?

白雪姫と七人のこびとに赤ちゃん連れは乗れる?抱っこ紐や膝の上はOK?東京ディズニーランド

白雪姫と七人のこびとは、ディズニーランドの開園と同時にオープンしたアトラクションです。

白雪姫というタイトルがついていることから子供向けのイメージで、まだ乗ったことがないというパパやママもいらっしゃるかもしれませんね。

 

ファンタジーランドにあるし、プリンセスのアトラクションみたいだし赤ちゃん連れでも乗れるかな?

抱っこ紐は使えるかな?膝の上抱っこで乗れるかな?と気になっている方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は白雪姫と七人のこびとに赤ちゃん連れは乗れる?抱っこ紐や膝の上抱っこでも乗れるのかどうかを紹介します!

 

白雪姫と七人のこびとに赤ちゃん連れは乗れる?

 

結論から言うと、白雪姫と七人のこびとは腰がすわっている赤ちゃんなら乗ることができます

 

ディズニーランドの公式HPには、以下のような記載があります。

  • 補助なしで座れることが必要、身長制限なし
  • 乗り物に1人で座って安定した姿勢を保てない方はご利用になれません。

このような記載があることから、首がすわっていない赤ちゃんは乗ることができません。

 

首すわり前の低月齢の赤ちゃんは乗れませんが、支えてあげれば座れる7カ月頃の赤ちゃんでしたら乗ることができるでしょう。

 

しかし、白雪姫と七人のこびとは古いアトラクションのため、振動がとても大きいです。

さらに、知る人ぞ知る怖いアトラクションです。

 

その点を踏まえ、抱っこ紐の使用や膝の上抱っこが可能かどうかを解説していきます!

 

白雪姫と七人のこびとに赤ちゃんの抱っこ紐は?

 

白雪姫と七人のこびとでの抱っこ紐の使用は、並んでいる間は可能ですが乗車時は使えません。

 

ネット上でも、抱っこ紐を使用して乗れたという口コミは見かけません。

前述の通り振動が大きいため、抱っこ紐での乗車は危険ですので乗車の際には抱っこ紐は外しましょう。

 

並ぶ際は抱っこ紐の使用は可能ですが、ヒップシートが付いているタイプの抱っこ紐は、腰に巻いたままだと安全バーが下がらないことがあるので注意してください!

 

白雪姫と七人のこびとで赤ちゃんを膝の上に乗せるのは?

 

白雪姫と七人のこびとは、お座りができれば膝の上抱っこでの乗車は可能です。

 

振動は大きいですが、パパやママが隣に座ってしっかり支えてあげれば赤ちゃんでも1人で座って乗ることもできるでしょう。

しかし、以下の理由により、2歳頃のお子さんまでは膝の上抱っこの方が安心して乗れると思います。

 

  • アトラクション内が非常に暗い
  • 怖い演出が多い
  • 怖い魔女の登場が多い

 

アトラクションが動き始めてからのお子さんの移動は、非常に危険です。

怖がって最後まで1人で座っていられない可能性がある場合は、安全のため最初から膝の上抱っこをおすすめします!

 

白雪姫と七人のこびとは何歳から乗れるの?

 

白雪姫と七人のこびとは年齢制限はないので、利用条件を満たせば0歳から乗ることが可能です

 

しかし、公式HPやアトラクション看板に

”こわい魔法使いが登場します。小さいお子様はご注意ください”

という記載がある通り、大人でも怖いと感じるアトラクションです!

 

状況把握がまだできない赤ちゃんの時は大丈夫でも、年齢が上がるにつれて怖くて泣いてしまうお子さんがとても多いです。

 

以上のことから、0歳から乗ることはできるものの、小さなお子さんは怖がる可能性がとても高いと言えます。

 

まとめ

 

さて、今回は白雪姫と七人のこびとに赤ちゃん連れは乗れる?抱っこ紐の使用や膝の上抱っこは可能なのかをまとめました。

 

公式HPの利用条件を元に、今回の内容を簡単にまとめてみましょう。

  • 身長、年齢制限なし
  • 1人座りができれば利用可能
  • 膝の上抱っこでの利用可能
  • 抱っこ紐利用での乗車はNG
  • 怖い魔女の登場が多く内容がとにかく怖い!

 

白雪姫というタイトルがついていますが、正直白雪姫よりも魔女の登場シーンのほうが多いです。

 

赤ちゃんのうちは乗ることはできそうですが、小さなお子さんが白雪姫に会いたいという場合は白雪姫と七人のこびとに乗るよりも、パレード等で白雪姫を見せてあげる方がいいかもしれません!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
東京ディズニーランド
気まぐれまとめサイト