キャッスルカルーセルに赤ちゃん連れは乗れる?抱っこ紐や膝の上はOK?

キャッスルカルーセルに赤ちゃん連れは乗れる?抱っこ紐や膝の上はOK?東京ディズニーランド

遊園地の定番である、メリーゴーランド。

ディズニーランドにはシンボルであるシンデレラ城の裏に、シンデレラをモチーフとしたメリーゴーランド、キャッスルカルーセルがあります。

 

子供向けの定番アトラクションなので、赤ちゃん連れでも乗れるのか気になっている方も多いのではないでしょうか。

抱っこ紐でも乗れるのか、膝の上抱っこでも乗れるのかが気になりますよね。

 

そこで今回は、キャッスルカルーセルに赤ちゃん連れは乗れる?抱っこ紐の使用や膝の上抱っこでも乗れるのかどうかを紹介します!

 

キャッスルカルーセルに赤ちゃん連れは乗れる?

 

結論から言うと、腰がすわっている赤ちゃんならキャッスルカルーセルに乗ることができます!

 

ディズニーランドの公式HPには以下のような記載があります。

 

  • 補助なしで座れることが必要、身長制限なし
  • 乗り物に1人で座って安定した姿勢を保てない方はご利用になれません。
  • お子様をひざに乗せた状態ではご利用になれません。

 

上記のような記載があることから、首がすわっていないくらいの低月齢の赤ちゃんは乗ることができません。

 

膝に乗せた状態では乗れないという記載がありますが、膝の上ではなく後ろから支えてあげる形でなら乗車が可能です。

キャッスルカルーセルに赤ちゃんが乗る場合、他のアトラクションと異なる点がいくつかあるので、以下より詳しく解説していきます!

 

キャッスルカルーセルに赤ちゃんの抱っこ紐は?

 

キャッスルカルーセルは、抱っこ紐での乗車はできません。

 

キャッスルカルーセルは、自分で木馬に乗り降りしなくてはいけません。

上下に動くアトラクションなので、乗降時の高さが異なることもあります。

状況によっては大人一人でも「よっこいしょ」と声が出るくらいの高さになることも。

 

以上のことから、抱っこ紐をしたまま乗車することは大変危険です。

並ぶ際に利用することはできますが、乗車の際には外しましょう。

 

ただ、抱っこ紐を腰に巻いたままだと乗降時にひっかかり危険が伴うので、できれば抱っこ紐は収納したうえで並んだり乗車することをおすすめします!

 

キャッスルカルーセルで赤ちゃんを膝の上に乗せるのは?

 

キャッスルカルーセルは、膝の上に赤ちゃんを乗せて乗車することはできません。

正確に言うと、木馬にまたがって乗るため、膝の上に乗せることはできません。

 

ただし、前述の通り1人座りができる赤ちゃんなら、後ろから支えてあげることでパパやママと一緒に乗ることが可能です!

パパやママと一緒に乗る場合は、一番大きい木馬にしか乗れないので注意しましょう。

 

赤ちゃんと一緒に乗る場合は赤ちゃんを乗せてから、大人が後ろに乗ります。

赤ちゃんを乗せたら、シートベルトをしっかり巻いてあげてくださいね!

 

高くて赤ちゃんと一緒の乗降が難しい場合はキャストが手伝ってくれるので、無理せずキャストに声をかけてみてくださいね!

 

キャッスルカルーセルは何歳から乗れるの?

 

キャッスルカルーセルは、年齢制限はないので0歳の赤ちゃんから乗ることができます

全体が回転はしますが、乗っている木馬自体はゆっくり上下に動くだけなので、赤ちゃんも安全に楽しむことができますよ。

 

ただ、前述の通り大人と2人乗りできるのが一番大きな木馬のみで、他の木馬は赤ちゃんでも1人乗りしかできません。

大きい木馬が埋まってしまうと赤ちゃんと一緒に乗ることができず、次の回になってしまうことがあります!

 

とはいえ、シートベルトを巻いて大人が横でしっかりと支えてあげれば1人でも安全に乗れます。

小さめの木馬を選べば、腰が完全にすわっている赤ちゃんなら1人でも乗ることができるでしょう。

 

まとめ

 

さて、今回はキャッスルカルーセルに赤ちゃん連れは乗れる?抱っこ紐の使用や膝の上抱っこは可能なのかをまとめました。

 

公式サイトの記載を元に、今回の内容を簡単にまとめてみましょう。

 

  • 身長、年齢制限なし
  • 抱っこ紐、膝の上での乗車NG
  • 後ろから支える形で2人乗りは可能
  • 2人乗りは一番大きな木馬のみ
  • その他の木馬は赤ちゃんも1人乗り

 

キャッスルカルーセルは、ライトの光や音楽、上下の動きや風を感じることができ、赤ちゃんには程よい刺激を与えてくれるアトラクションです。

赤ちゃんが座れるようになったら、ぜひ体験してみてくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
東京ディズニーランド
気まぐれまとめサイト