HLBバスタブレットの使い方!効果的な使用方法や赤ちゃんも使える?

HLBバスタブレットの使い方!効果的な使用方法や赤ちゃんも使える?HLB

最近話題になっているHLBバスタブレット。

体を温める成分や美容成分が含まれており、いつものバスタイムが美容タイムになると評判です。

 

そんなHLBバスタブレットについて、

 

  • 正しい使い方
  • 効果的な使い方
  • 赤ちゃんにも使えるのか
  • 追い焚きしてもOKなのか

 

について見ていきます。

 

その他にも、洗髪や洗濯に使えるのかなどのよくある質問も掲載しています。

HLBバスタブレットの正しい使い方と効果的な使い方をマスターして、しっかりと効果を実感してくださいね!

 

HLBバスタブレットの正しい使い方

HLBバスタブレットの正しい使い方を見ていきましょう!

使い方は3ステップで簡単です!

 

  1. 37-40℃、200Lのお湯に4錠ほどを溶かします
  2. ゆったり15分以上入浴しましょう
  3. 入浴中の数分間は体や頭を優しくもみほぐしてくださいね

 

37-40℃ということで、いつもよりぬるま湯だという方もいるかもしれません。

この入浴剤に体を温める成分が入っているので、15分かけてじっくり温まることができます。

いつものリラックス時間にプラスして、体中をほぐしてあげましょう。

 

HLBバスタブレットを効果的に使用する方法

HLBバスタブレットの正しい使い方は簡単でした。

ここでは、HLBバスタブレットを使用したリラックスタイムを効果的に過ごせる方法についてみていきますね。

 

  1. 週に1回以上使用してください
  2. 追い焚き機能があれば、翌日も楽しめます
  3. アロマと一緒に使えます
  4. 赤ちゃんにも使えます

 

それぞれ詳しく紹介します♪

 

1.週に1回以上使用する

HLBは週に1回の以上の使用を推奨しています。

週に1回であれば、忙しい方も、湯船につかるのが苦手な方も使いやすいですね。

 

追い焚き機能があれば、翌日も楽しめる

追い焚き機能があれば、翌日も効果を感じることができます

1日分の使用量で2日楽しめるのはお得感がありますね。

 

アロマと一緒に使えます

HLBバスタブレットは無香料なので、お気に入りのアロマと一緒に使うことができます

自分の好きな香りとともに楽しめるのはうれしいポイントですよね。

 

赤ちゃんにも使えます

赤ちゃんにも使えるので、忙しいママ、パパでも安心して使えますね。

リラックスタイムで家族で楽しむ時間にするのもいいかもしれません。

 

HLBバスタブレットのQ&A

ここでは、バスタブレットを使用するうえで、よくある疑問についてみていきます。

 

HLBバスタブレットが溶けにくい時は?

入れてから10分ほどたっても溶けない場合は、しっかりとお湯をかき混ぜてください。

 

HLBバスタブレットは洗顔や洗髪はできる?

白濁していますので、おすすめはできません。

 

HLBバスタブレットは追い焚きできる?

お使いの浴槽によっては、使用できない場合があります。

ご使用前に、給湯器メーカーへ確認してみてください。

 

HLBバスタブレットは赤ちゃんも入浴できる?

生後3か月以上たっていればご使用いただけます。

お子様とのリラックスタイムを楽しんでくださいね。

 

HLBバスタブレットを使用できない人はいる?

体調や皮膚に異常や不安がある方はかかりつけのお医者さんにご相談ください。

 

HLBバスタブレットを使用した残り湯で洗濯はできる?

白濁していますので、おすすめはできません。

 

 

HLBバスタブレットの使い方!効果的な使用方法や赤ちゃんも使える?

今回はHLBバスタブレットの正しい使い方、効果的な使い方を見てきました。

 

正しい使い方は簡単3ステップ、効果的な使い方は4つのポイントがありました。

■使い方
  1. 37-40℃、200Lのお湯に4錠ほどを溶かす
  2. ゆったり15分以上入浴
  3. 入浴中の数分間は体や頭を優しくもみほぐす

■効果的な使い方

  1. 週に1回以上使用
  2. 追い焚き機能があれば、翌日も楽しめる
  3. アロマと一緒に使える
  4. 赤ちゃんにも使える

 

特別な使い方があるわけではないので、気軽に使えそうですね♪

ご自身のライフスタイルに合わせていただけると思います。
今話題のHLBバスタブレットの正しい使い方と効果的な使い方を見てきました。
いつものバスタイムを、よりリラックスできる時間にしてみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
HLB
気まぐれまとめサイト