ブラックパンサーのキルモンガーがかわいそうと言われる理由5選!

ブラックパンサーのキルモンガーがかわいそうと言われる理由5選!映画

2018年公開の映画『ブラックパンサー』で、ヴィランとして登場したキルモンガー。

 

キルモンガーはワカンダの政権転覆を画策しますが、ブラックパンサーことティ・チャラに企みを阻まれて敗北します。

 

ブラックパンサーの敵役でもあるキルモンガーがかわいそうと話題になっているんです。

 

MCU作品のヴィランの中でも最もストーリーが深くて泣けるとも言われるキルモンガー。

そんなキルモンガーがかわいそうと言われる理由を探ります。

 

ブラックパンサーのキルモンガーがかわいそうと言われる理由5選!

 

ヴィランであるはずのキルモンガーがなぜかわいそうと言われるのか?

その理由は5つあります。

 

  • 理由①:ワカンダによって父を殺されたから
  • 理由②:同胞のために戦いたいだけだったから
  • 理由③:ティ・チャラと近い境遇なのに悪役にされるから
  • 理由④:2つのルーツを持ったことで苦しむから
  • 理由⑤:最後には自ら死を選ぶから

 

ブラックパンサーのキルモンガーがかわいそうと言われる理由とその根拠を詳しく見ていきましょう。

 

理由①:ワカンダによって父を殺されたから

 

ブラックパンサーのキルモンガーがかわいそうと言われる理由1つ目が、 ワカンダによって父を殺されたからです。

 

キルモンガーは、ワカンダ人の父・ウンジョブとアメリカ人の母との間に生まれたハーフ。

 

父・ウンジョブはワカンダ人であるにもかかわらず、世界中で差別を受ける黒人たちに助けの手を差し伸べないワカンダに対して反感を抱いています。

 

最終的に父・ウンジョブはワカンダから「裏切り者」とみなされ、兄であるティ・チャカに殺されてしまいました。

そして幼いキルモンガーは父の死を目の当たりにしてしまうのです。

 

父を殺され、祖国であるはずのワカンダにも見放されたキルモンガー

キルモンガーの生い立ちはあまりにもかわいそうですよね。

 

理由②:同胞のために戦いたいだけだったから

 

ブラックパンサーのキルモンガーがかわいそうと言われる理由2つ目が、 同胞のために戦いたいだけだったからです。

 

キルモンガーがブラックパンサーの座を奪おうとした真の目的は、同胞である黒人たちのためでした

 

キルモンガーは父の意志を継ぎ、「新たな黒人国家」を築くためにワカンダの軍事力を利用しようと考えたのです。

 

同胞のために戦いたいという己の正義を貫いたキルモンガー。

手法は過激でしたが、全ては同胞のため、そして父の無念を晴らすためだったと考えるとかわいそうですよね

 

孤独に戦い続けるキルモンガーの姿に涙した方も多いのではないでしょうか?

 

理由③:ティ・チャラと近い境遇なのに悪役にされるから

 

ブラックパンサーのキルモンガーがかわいそうと言われる理由3つ目が、ティ・チャラと近い境遇なのに悪役にされるからです。

 

キルモンガーの父・ウンジョブはワカンダの先代王であるティ・チャカの弟。

つまり、キルモンガーとティ・チャラは従兄弟にあたる存在です。

 

そんなティ・チャラも実はキルモンガーと似た境遇を持っています。

父を殺され、ワカンダの王座を巡って争うという点においては、どちらも同じような境遇なのです

 

しかし、キルモンガーは考え方が過激であるがゆえに、ワカンダの人々から一切受け入れてもらえませんでした。

 

キルモンガーにも彼なりの正義があったのに、ティ・チャラとの扱いがあまりにも違いすぎてかわいそうという意見が多いようです

 

理由④:2つのルーツを持ったことで苦しむから

 

ブラックパンサーのキルモンガーがかわいそうと言われる理由4つ目が、 2つのルーツを持ったことで苦しむからです。

 

キルモンガーはワカンダ人とアメリカ人のハーフ

ワカンダに父を殺されて以来、ワカンダから見捨てられアメリカで孤独に暮らすことを余儀なくされます。

 

幼い頃より父からワカンダの話を聞かされていたキルモンガー。

彼はワカンダこそ自分の祖国でありアイデンティティであると感じていたはずです。

 

それがわかるのが、ロンドンの大英美術館でのシーン。

キルモンガーは美術館のキュレーターに対し、展示されている工芸品はワカンダのものであり「盗品だ」と言い放ちます。

 

白人国家に暮らしながら、祖国のアフリカ国家に憧れを抱き続けていることがわかりますよね

 

2つのルーツの間で苦しむキルモンガーをかわいそうと言わずしてなんと言えるでしょうか。

 

理由⑤:最後には自ら死を選ぶから

 

ブラックパンサーのキルモンガーがかわいそうと言われる理由5つ目が、 最後には自ら死を選ぶからです。

 

一度はブラックパンサーの座を奪ったキルモンガーですが、そのやり方はワカンダに受け入れられませんでした。

 

最終的にはティ・チャラとの激しい戦いによって致命傷を負います。

傷を治療するよう勧めるティ・チャラでしたが、キルモンガーはこれを断り、自ら死を選ぶのです

 

そして死の間際にキルモンガーは、祖国であるワカンダの夕日を一目見たいと言うのでした。

自らの正義を誰にも認められず、最後は死を選ぶという展開はあまりにもかわいそうでしたね

 

キルモンガーとティ・チャラが肩を並べて夕日を眺めるシーンは号泣必須です。

 

まとめ

 

以上、今回はブラックパンサーのキルモンガーがかわいそうと言われる理由についてまとめてみました。

 

最後にもう一度、ブラックパンサーのキルモンガーがかわいそうと言われる理由5つをおさらいしましょう。

 

  • 理由①:ワカンダによって父を殺されたから
  • 理由②:同胞のために戦いたいだけだったから
  • 理由③:ティ・チャラと近い境遇なのに悪役にされるから
  • 理由④:2つのルーツを持ったことで苦しむから
  • 理由⑤:最後には自ら死を選ぶから

 

キルモンガーは「ブラックパンサーの敵」ではなく、自らの正義のために戦う影のヒーローだったのかもしれません

 

たしかにキルモンガーはかわいそうと言えますが、キルモンガーとの戦いをとおしてティ・チャラはワカンダを開かれた国家にすることを決意するのです。

その意味では、キルモンガーは祖国であるワカンダを救ったとも言えますよね。

 

またキルモンガーは、黒人差別というアメリカ情勢に疑問を投げかけるようなキャラクターでもありました。

 

ブラックパンサーのキルモンガーはただかわいそうなキャラクターではなく、MCU作品の中でも最高のヴィランと言っていいでしょう

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
映画
気まぐれまとめサイト