優里が紅白2022に落選したのはなぜ?理由3選を考察!

優里が紅白2022に落選したのはなぜ?理由3選を考察!TV番組

シンガーソング・ライターとしてだけではなく、YouTuberとしても活躍している優里。

ブレイクのきっかけとなった『かくれんぼ』をはじめとして、数々のヒット曲を生み出し、今最も注目されている男性アーティストの1人です。

 

当然、2022年の紅白への出場を期待されていましたが、残念ながら結果は落選。

ここまで売れているのになぜ紅白落選となったのか、理由を知りたい方も多いのではないでしょうか?

 

今回の記事では、優里が紅白2022に落選したのはなぜなのか、理由を考察していきます。

 

優里が紅白2022に落選

 

紅白2022の出場者が、11月16日に発表されました。

しかし、2022年に最も注目された男性アーティストの1人である優里は落選となり、がっかりした方が多いようです。

 

優里といえば、2020年に『ドライフラワー』が大ヒットし、2022年にはファーストアルバム『壱』を発売するなど、若者を中心に圧倒的な支持を得ているアーティスト。

当然のことながら紅白にも出場するものと思われていました。

しかし、紅白2022の出場者リストに優里の名前がなく、ファンの間に衝撃が走ったのです。

 

優里の落選理由は何だったのでしょうか?

次の項目で、優里が2022年の紅白に落選した理由を考察していきます。

 

優里が紅白2022に落選したのはなぜ?理由3選を考察!

 

優里が2022年の紅白に落選した理由は3つです。

 

  • 理由①:スキャンダル報道の影響があるから
  • 理由②:所属事務所の枠調整ができなかったから
  • 理由③:ヒットが落ち着いてしまったから

 

それぞれの理由について、詳しく考察していきます!

 

理由①:スキャンダル報道の影響があるから

優里が2022年の紅白に落選した理由1つ目は、スキャンダル報道の影響があるからです。

 

優里は2021年にスキャンダル報道をされているのをご存知でしょうか?

アイドルグループ・Juice=Juiceに所属していた高木紗友希との交際を報じられ、あろうことか同時に複数の他の女性と交際していることも発覚してしまったというものです。

 

優里は2021年の紅白にも落選しており、その当時も、スキャンダル報道が落選理由だと言われていました。

2022年現在も、当時のスキャンダル報道が紅白の選考に影響を与えている可能性はあり得ます。

 

紅白の選考基準には「世論の支持」もあるとされているので、世間を騒がせたため落選したと考えてもいいでしょう。

 

理由②:所属事務所の枠調整ができなかったから

優里が2022年の紅白に落選した理由2つ目は、所属事務所の枠調整ができなかったからです。

 

視聴率低迷が続くNHKは、紅白の出場者選出においても若者人気を意識していると言われています。

そのため、若者を中心に支持を得ている優里の出場は確実と思われていました。

 

それでも優里が落選してしまった背景には、所属するソニー・ミュージックの事情があったのかもしれません。

 

紅白2022には、ソニー・ミュージックから紅白両軍で11組も出場者が決定しています。

事務所側で11組以上の出場枠の調整ができず、他のアーティストを優先した結果、優里が落選してしまった可能性がありそうです。

 

理由③:ヒットが落ち着いてしまったから

優里が2022年の紅白に落選した理由3つ目は、ヒットが落ち着いてしまったからです。

 

優里は2022年にファーストアルバム『壱』を発売しており、勢いのあるアーティストであることは間違いありません。

しかし、2021年までに比べると2022年のヒットは落ち着いてしまったのも事実。

 

特に、2020年に発表した楽曲『ドライフラワー』は爆発的ヒットとなり、ビルボード・ジャパンの2021年度年間チャートでは年間首位を獲得しました。

AWAが発表した「2022年でよく聴かれた曲」ランキングにも優里の曲がランクインしましたが、『ベテルギウス』『ドライフラワー』と、2022年より前に発表した楽曲ばかり。

 

2022年は特筆すべき話題性がなかったことが、紅白の落選理由かもしれません。

 

まとめ

 

以上、今回は、「優里が紅白2022に落選したのはなぜ?理由3選を考察!」というテーマでまとめてみました。

最後にもう一度、優里が2022年の紅白に落選した3つの理由をおさらいしましょう。

 

  • 理由①:スキャンダル報道の影響があるから
  • 理由②:所属事務所の枠調整ができなかったから
  • 理由③:ヒットが落ち着いてしまったから

 

優里の落選理由には、「世論の支持」が大きく関わっている可能性がありそうです。

2021年のスキャンダル報道や、2022年のヒットが落ち着いてしまったことが、紅白の選考に影響しているのかもしれません。

 

また、紅白2022には優里が所属するソニー・ミュージックから11組のアーティストが出場するため、単純に事務所側で優里の枠を確保できなかったとも考えられます。

 

優里は今最も注目されている男性アーティストの1人と言っても過言ではありません。

来年こそは紅白初出場となるよう期待したいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
TV番組
気まぐれまとめサイト