有吉の壁がつまらないし面白くないと言われる5つの理由!

有吉の壁がつまらないと言われる5つの理由! 有吉の壁

お笑いバラエティ番組『有吉の壁』。

 

特番放送から2020年4月よりのレギュラー化へと、大人気となったこの番組ですが、一部では

 

「つまらない」

「面白くない」

 

との声が上がっているようです。

その理由は一体何なのかも、気になりますよね。

 

そこで今回は、『有吉の壁』がつまらないし面白くないと言われる理由は何なのか、5つの理由としてまとめました!

 

有吉の壁がつまらないし面白くないと言われる5つの理由

 

『有吉の壁』が「つまらない」「面白くない」と言われるのは、主にこの5つの理由からのようです。

 

  1. ネタが練られていない
  2. ベテランに気を遣っている
  3. 内Pのパクリ
  4. つまらない芸人が多い
  5. 現場だけで盛り上がってる感

 

ではそれぞれについて詳しく説明していきます。

 

有吉の壁がつまらないし面白くない理由①ネタが練られていない

 

『有吉の壁』がつまらないし面白くない、とされる1つ目の理由は、「ネタが練られていない」です。

 

Twitterでは、このようなツイートが見つかりました。

 

 

『有吉の壁』は、『一般人の壁』がメインの番組になります。

このコーナーはネタだけでなく、有吉さんや周囲の反応に合わせて、さらにその続きを即興でやる必要があったりしますよね。

 

個人的はそのような場合のワチャワチャ感も番組の面白さのように思いますが、確かにこのような点が、視聴者の方にはネタが練られていないと感じられるのかもしれません。

 

他のお笑い番組に比べて屋外、さらにロケごとに特殊なシチェーションでネタを考えなければならない『有吉の壁』は、芸人さん達の実力が顕著に出てしまうのかもしれませんね。

 

有吉の壁がつまらないし面白くない理由②ベテランに気を遣っている

 

2つ目の理由は、「ベテランに気を遣っている」です。

 

Twitterでは、このようなツイートが見つかりました。

 

 

『有吉の壁』には、毎週様々な芸人さんが登場しますが、確かにベテラン芸人さんの尺が長かったり、他の芸人さんと比較してもバツが出にくい印象はあります。

 

また、お笑いブームで“第七世代”などが人気を集める中、ベテラン芸人さんのネタの趣旨や元ネタが理解できない若い世代の視聴者の方も多いのではないでしょうか?

 

そんな中での、ベテラン芸人さんのネタの雰囲気や壁クリアの多さは

 

「気を遣ってる感」

 

という声もわかるような気がします。

 

有吉の壁がつまらないし面白くない理由③内Pのパクリ

 

3つ目の理由は、「内Pのパクリ」です。

 

Twitterでは、このようなツイートが見つかりました。

 

 

“内P”とは、以前テレビ朝日で放送されていた、ウッチャンナンチャンの内村さんがメイン司会を務めるお笑い番組、『内村プロデュース』です。

 

この番組の内容は、出演芸人さんが即興で笑いに挑むスタイルで、それに対して内村さんの独断で点数がつけられていました。

またフリップ大喜利のコーナーや、ルール説明をする助手の出演者がいたりと、確かに『有吉の壁』と類似している点は多そうです。

 

実は有吉さん、この番組に出演しており、当時は低迷期にいたものの、内P出演をきっかけに再ブレイクしたなどのエピソードもあるようです。

 

 

2020年4月8日、『有吉の壁』がレギュラー放送開始となりましたが、内Pのレギュラー放送が開始したのがちょうど20年前だったそうです。

その日有吉さんはご自身のTwitterで、当時内Pから人気となった、“猫男爵”の写真を番組の宣伝とともにツイートされていました。

 

 

「内Pのパクリ」との声が多い『有吉の壁』ですが、これに関してはパクリということではなく、大きなリスペクトを込めたオマージュなのではないでしょうか?

 

有吉の壁がつまらないし面白くない理由④つまらない芸人が多い

 

4つ目の理由は、「つまらない芸人が多い」です。

 

Twitterでは、このようなツイートが見つかりました。

 

 

出演芸人さんに関して、「つまらない人が多い」とのツイートが多いようです。

 

『有吉の壁』は出演芸人さんが本当に多様で、ベテランからまだあまり名の知れていない若手芸人まで、幅広く登場しています。

バラエティ番組のひな壇での活躍などはなく、いわば“無名”の芸人さんでも、ネタ一本で笑いをとろうとチャレンジするのがこの番組のスタイルなので、確かに芸人さんの実力にはムラがあるのかも知れません。

>>有吉の壁でつまらない芸人は誰?評判や口コミを調査!

 

しかしあまりウケなかった芸人さんのネタも、有吉さんの判定時の何気無いコメントやイジリ、時にはバツ判定で、きちんと笑いに消化されるのがこの番組の魅力などではないでしょうか?

 

個人的にはあまりウケずとも芸人さん同士切磋琢磨し、何度もチャレンジする姿が素敵に思える番組です。

 

有吉の壁がつまらないし面白くない理由⑤現場だけで盛り上がってる感

 

5つ目の理由は、『現場だけで盛り上がってる感』です。

 

Twitterでは、このようなツイートが見つかりました。

 

 

さらには「Youtuberと同じ」との意見もありました。

 

 

このような声には、おそらくメインの『一般人の壁』が大きく影響しているのではないでしょうか?

 

『一般人の壁』は、芸人さんたちが即興に近い状態でネタに挑むものですが、そのワチャワチャ感は確かに内輪で盛り上がっているというような印象をもたれる方も多そうです。

 

番組冒頭の芸人さんが集合してのスタートも、内輪ノリ感は否めませんよね。

 

さらに「Youtuberと同じ」という意見も、同コーナーの、

 

“ロケでそのシュチュエーションであるものを使って、バカなことをする”

 

芸人さんが多いことからくる印象なのではないでしょうか?

 

個人的にはギスギスした雰囲気よりは、内輪ノリでも明るく面白い番組のほうがいいと思いますが、確かにこのような印象は理解できます。

 

まとめ

 

以上、『有吉の壁』がつまらないし面白くない、とされる理由についてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?

 

つまらないとされる理由は、こちらの5つでした。

 

  1. ネタが練られていない
  2. ベテランに気を遣っている
  3. 内Pのパクリ
  4. つまらない芸人が多い
  5. 現場だけで盛り上がってる感

 

私は『有吉の壁』をよく視聴していますが、確かにこのような印象にも共感できる部分は多いかも知れません。

 

これからの『有吉の壁』の放送にも注目です。

 

 

🔺🔺 『有吉の壁』過去の放送全話が見れる! 🔺🔺