もう中学生の大喜利は凄い!有吉の壁でエヴァのアフレコが天才的!

【有吉の壁】もう中学生の大喜利は凄い!エヴァのアフレコで大笑い!有吉の壁

人気お笑いバラエティー番組『有吉の壁』。

 

こちらの番組に出演のお笑い芸人、もう中学生さんは、その独特な世界観から度々話題となっています。

 

中でも注目を集めたのが、大喜利のコーナー、エヴァンゲリオンでアフレコ企画が放送された回ですが、一体これがどのような内容だったのか、みなさんはご存知ですか?

 

今回は、『有吉の壁』でもう中学生さんが話題となった大喜利企画、エヴァンゲリオンのアフレコネタについて詳しくまとめていきたいと思います!

 

 

\Huluで独占配信中/

有吉の壁を無料で視聴する

▲2週間以内の解約で0円

もう中学生の大喜利は凄い!有吉の壁でエヴァのアフレコが天才的!

 

話題となったのは、『新旧対抗寿司ネタ大喜利』のコーナーで、壁芸人が第七世代チームと旧世代チームに分けられ、大喜利に挑む企画です。

 

こちらがオンエアされたのは、2020年12月9日の放送回です。

 

この企画中、様々なお題が出されていましたが、そのどれに対しても、もう中学生さんの回答は、爆笑モノでした!

お題に沿っているのかいないのか、絶妙で、独特の世界観が癖になります。

もはや意味がわからないレベルのものも多くありました。

 

次の項目では、もう中学生さんの回答で、特に面白かったものと、エヴァンゲリオンアフレコネタについてまとめていきたいと思います!

 

もう中学生の大喜利① サンタのコードピーン

 

まず印象的だったのが、『サンタクロースが「今年はプレゼントを配らない」一体なぜ?』というお題に対しての回答です。

 

このお題に対し、もう中さんの回答は、「サンタのコードピーン」でした。

イラストとともに出されたこの回答でしたが、ほかの芸人さんが、理由をつけた回答の中、もう中さんは世界観が異色すぎますよね!

 

この回答をいつもにこやかな様子で出すもう中さんと、それを目にした時の衝撃が忘れられません!

 

もう中学生の大喜利②  ハシゴ支えといて〜

 

次にご紹介するのは、『J.Y.Parkがあなたに言いそうな事とは?』に対する回答です。

これに対して、もう中さんの回答は、「ハシゴ支えといて〜」でした。

 

なんの脈略もない中でのこの回答、もはや意味不明です!

これを見たときは衝撃すぎて、息が止まるレベルで爆笑してしまいました。

 

ほかの芸人さんは、自分の芸風などを鑑みた上で回答を出していたようですが、もう中さんは、どのお題にも非常に自由に取り組んでいて、愛らしさすら感じます。

 

もう中学生の大喜利③ ろ過

 

もう一つ、印象的だったのが、『「やられたらやり返す、倍返しだ!」みたいな、当たり前のことを言ってください』のお題に対する回答です。

これに対して、もう中さんは、イラストとともに、「こちらをご覧ください、ろ過だ!」と回答しています。

 

もはや、何一つ当たり前の事ではなく、お題も関係なしのレベルですが、意味がわからなすぎて、大爆笑でした。

 

そしてさすがはもう中さん、普段からネタにイラストを描いたダンボールも用いているだけあって、絵もお上手です。

 

もう中学生のエヴァンゲリオンのアフレコ

 

今回の大喜利のコーナーで、特に話題となったのが、エヴァンゲリオンでアフレコのお題です。

 

このお題で、もう中さんは、エヴァンゲリオンのワンシーンをだるまさんがころんだに見立ててアフレコしています。

 

 

こちらもありえなすぎて、ミスマッチすぎることに笑えてきますよね!

 

まとめ

 

以上、『有吉の壁』で話題となった、もう中学生さんの大喜利と、エヴァンゲリオンアフレコについてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?

 

2020年12月9日に放送されたこちらの回は、もう中さんが特に話題となりましたが、個人的には一番面白かったと言っても過言ではないほど、ほかの方々も面白いネタが満載です!

 

これからも『有吉の壁』、そしてもう中学生さんの活躍が楽しみです!

 

また、もう中学生さんが面白いと言われている理由について、こちらの記事でまとめています!

>>【有吉の壁】もう中学生が面白い理由5選!本当は実力派芸人?

 

>>もう中学生が有吉の壁に初登場したのはいつ?どんなネタを披露した?

 

>>もう中学生が再ブレイクしたのはいつ?全盛期時代は何年前?

 

 

 

▼Hulu公式サイトはこちら▼

今すぐ無料トライアル

🔺🔺 『有吉の壁』過去の放送話が見れる! 🔺🔺

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
有吉の壁
気まぐれまとめサイト